記事提供:日刊大衆

ビッグダディこと林下清志氏(51)が1月30日にブログを更新し、自身が経営するジンギスカン料理店にお笑い芸人が多数訪れたことを明かした。

2014年9月に『バイキング』(フジテレビ系)を降板した後、林下氏はホストや芸人といったさまざまな職種にチャレンジ。

その後、札幌でジンギスカン料理の修行を始めた林下氏は、昨年7月に沖縄に移住してジンギスカン料理店をオープンした。

昨年10月の日刊スポーツによると「ウチは味で勝負しているから、できれば口コミで広げていきたい」ということで、“ビッグダディの店”といった宣伝文句を使っておらず、そのため客のほとんどは気づかずに来店するという。

30日のブログで林下氏は、店に「ドランクドラゴン」「東京03」「ニッチェ」「U字工事」といったお笑い芸人たちが訪れたことを報告。29日に沖縄で「爆笑お笑いフェス」が開催されており、その打ち上げが同店で行われたようだ。

林下氏といえば、1月26日に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告』(テレビ東京系)で、7度目の離婚を報告。

昨年5月に居酒屋で出会った女性とノリで結婚したものの、すでに離婚してしまったことを明かした。放送後のブログには「結婚を何だと思ってるんだ」「結婚をなめてる」といった意見が寄せられたとつづっている。

何かとバッシングを受けることが多い林下氏だが、今回のブログを見てイメージが変わった人も多いようだ。

ネットでは「思ってるほど悪い人じゃないんじゃないか」「ここまで人に好かれるってことは、いい人なんだと思う」「じゃなきゃ嫁があんなにできないだろう」といった好意的なコメントが多く見られた。

「2015年に放送された『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)で、ビッグダディは坂上忍(49)から『バイキング』であまりしゃべらないことを激しく非難されていました。

ここ数年はいろいろ世間を騒がせましたから、彼にあまりいい印象がないという人は多いでしょう。

しかしジンギスカン料理店をオープンしてからというもの、彼の店には芸人のエハラマサヒロ(34)や女子プロレスラーの尾崎魔弓選手(48)、Jリーグ・ヴィッセル神戸の選手たちなど、多くの有名人たちが足を運んでいるんですよ。

かなり愛されているようですね」(芸能誌ライター)

ブログには他にも、林下清志氏が客と笑顔で交流する写真が掲載されている。以前経営していたリラクゼーション店は閉店してしまったが、足を運んでくれる客のためにも今度こそ長続きしてくれることを期待したい。

権利侵害申告はこちら