記事提供:女子SPA!

中高時代の4軍男子(非モテ)から這い上がった経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

今回は、バレンタインデーで他のライバル女性たちに差をつけて、本命男子の好感度を上げるためのプレゼントについて解説したいと思います。

そもそも、“バレンタインデーに愛する男性にチョコレートを贈る”という風習は、日本独自のものであるということはよく知られた話。チョコレートを売りたい製菓会社がPRして定着させたというのが通説ですよね。

別に製菓会社をディスるつもりは毛頭ないですし、日本独自の風習がナンセンスだと糾弾したいわけでもないんです。

ただ、別に他の女性と足並み揃えてチョコを贈る必要はなくないですか?意中の男性の気を惹けるもっと効果的なプレゼントがあるならば、そっちにした方がいいわけです。

ということで、今回はバレンタインデーに贈るとその恋が成就する(!?)チョコ以外のプレゼントをご紹介していきます。

◆バレンタインポンシュ(日本酒)

「お正月に実家に帰ったときに、“幻の地酒”をゲットしたんですよっ」

こんなセリフとともにプレゼント!

そもそも甘いものがあまり好きじゃない男性も多いですし、本命男性がお酒好きであればチョコレートよりよっぽど喜ばれますよ。

もしかしたら、「じゃあ、今晩、俺んちで一緒にあけようよ」なんて家デートのお誘いに発展することも…。

◆バレンタインビーフ

「○○君って肉好きだったよね?チョコの代わりにA5ランクのブランド和牛だよっ」

こんなセリフとともにプレゼント!

本命男性が自炊をあまりしないタイプであれば、なおのことこのお肉プレゼントが効果的。

「悪くならないうちに早めに食べてね!あ、でも○○君って自炊しないんだっけ?私が今から焼いてステーキにしてあげようか?」

なんて提案すれば、彼の家か自分の家に自然と誘うこともできちゃいますよ!

◆バレンタインDVD

「チョコって“消えモノ”だから、ちゃんと残るモノをプレゼントしたくて…。だから、私の一押し映画のDVD貰って!」

こんなセリフとともにプレゼント!

チョコも日本酒も和牛も、言ってしまえば所詮“消えモノ”ですが、DVDならずっとカレに持っていてもらえますよね。

あと、この場合も「とにかく面白いからすぐに観て感想聞かせてほしいな。あっ、何だったら今からうちで一緒に観る?」なんて自宅デートに誘う布石にもできちゃいます。

どんな高級チョコをあげるより、真心込めた手作りチョコをあげるより、今回紹介した3つの方がインパクトがあって印象に残るはず!他のライバル女子に差を付けたいなら、チョコ以外にしてみてくださいね!

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら