記事提供:日刊SPA!

YouTubeでの新曲公開、新レーベルの立ち上げ、ニューアルバム『Too many people』の発表――昨年12月19日、不起訴処分が決定して以来、自身のブログで精力的に情報発信をしてきたASKA。

この度、様々な憶測を呼んできた「なぜ、尿をお茶にすりかえたのか?」の真相を含んだ告白手記『700番 第二巻/第三巻』が出版される。

本書は昨年1月に公開し、数日間で500万PVの反響を受けたブログ「700番 第一巻」を受けての続編という位置付け。

<すべてを納得して頂けるはずです。>とブログで主張するとおり、勾留中の警官、検事とのやりとりの詳細が、一字一句漏らさぬ精密な描写で書かれている。出版の意図と制作秘話。

そして現在、ASKAは何を見て、何を考えているのか。本人を直撃した。

――不起訴から今日に至るまで、芸能マスコミ、特にネットメディアが今、一番動向を追っているブログがASKAさんのブログだと聞きます。

ASKA:今日も出てましたね。(※取材日の1月23日、過去にUFOを見た体験をブログに書いたことに対して「ファンから心配の声も」という記事がニュースになっていた)

「世間が面白がればいい」という理屈だけで、僕のブログを素材に記事を構築してしまう。今、何を書けば面白いかといえば、僕を病気にするのが一番面白いんです。本当は笑って読むくらいの度量がなくてはダメなんでしょうが…。

もはや、一部メディアは締め出さないといけないのかもしれませんね。

――著しく正確性を欠いたり、著作権無視で転用を繰り返して記事を制作していた情報サイトが休止するなど、特定のメディアについて、問題視されています。

ASKA:僕が再逮捕されたとき、大半のマスコミは「クロ」と断じました。不起訴になったから言うわけではないのですが、世間の人が当たり前のように真実だと受け取っていたメディアのあり方について、一石を投じたのではないかと感じています。

大量に供給される情報について、深く探求したり考えたりすることをせず、文字面だけを眺めてイメージを持つのが世間です。もちろん、これは僕も含めた人の習性なので、いつの時代も変わりませんが…。

――間違いを正そうと声をあげると、それを面白がったメディアが記事にしたり、コメントが炎上するというケースも多いです。

ASKA:何も語らず静観するというのも一つの選択です。ただ、私を応援してくれるファンにとってはどうでしょう。

私が犯した間違いで傷ついたうえに、弱者を徹底的に叩くマスコミの間違った報道や周囲の声に萎縮し、楽曲さえ聴けなくなっているんじゃないか…と想像するんです。僕は、最終的に音楽を否定されるのが嫌なんです。

別に万人に受けようなんて思っていません。ビートルズにだってできないことですから。でも、できる限り多くの人に聴いてもらいたいというのは当たり前の気持ちです。

作品が間口に置かれたとき、振り返る人と振り返らない人の差はなんだろうと…。

――なかには作品を聞かずに受け付けない人もいます。

ASKA:その正体は心の奥底についてしまったイメージなんですよ。「この人の曲は聴きたくないや」と。「こいつ嫌な奴だな」って言葉を心の中に持った瞬間、その意味や理由は消化されて、いつの間にか印象だけが残るんです。

もうそうなると、どんな曲を作ってもその人にたどり着かない。印象というのは本当に怖いです。印象操作をできるのがメディアであって、それをされたときに発言することも一つのやり方。

雑音をすべて無視して音楽だけで勝負するというのも一つのやり方。どちらも正解だと思っています。

――ASKAさんは意志を持って、前者を選択された。出版の真意はそこにあると?

ASKA:今回に関しては両方です。本とアルバムを同時期に発売することにこだわったのはそのためです。

2/7発売の週刊SPA!では本人へのインタビューを掲載。本稿で紹介した出版意図のほか、執筆と作詞の違い、そして「なぜお茶と尿をすりかえたのか?」の真意、その一端を語ってもらった。

【ASKA】

'58年、福岡県生まれ。'79年8月、チャゲ&飛鳥(現CHAGE and ASKA)として「ひとり咲き」でデビュー。以後、多くのヒット曲を世に送り出すが、'14年5月、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕。

同年9月、懲役3年執行猶予4年の有罪判決が言い渡される。'16年11月覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されるが、12月19日、嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放される。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら