犬が好き。そして猫も好き。ということで、犬と猫と一緒に暮らしている…なんて人もいるかもしれません。

犬と猫と一緒に生活していると、なんだか大変なイメージもありますが…

なかよし(講談社)で『さばげぶっ』と、少年マガジンエッジ(講談社)で『境界のミクリナ』を連載中の漫画家・松本ひで吉さんも、犬と猫と一緒に生活しているひとり。

さぞかし大変かと思いきや、意外と「犬と猫どっちも飼ってると、毎日が楽しい」ということで、その様子を漫画にして、自身のTwitterアカウント(@hidekiccan)で公開されています。

犬の天使っぷりに対して、猫の●●っぷりが楽しいと話題になっているのですが…

犬の天使っぷりと…

猫の鬼畜っぷり!

キラキラとした瞳でいつもお菓子をねだりに来る犬と、それをはたから見て「盗み食う」ことを虎視眈々と狙っている猫…。この違いは凄いな…(笑)


これは確かに楽しそうだ!(笑)

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、38,000を越えるRT(リツイート)や、46,000を越えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・これだから犬可愛い
・かわええ
よくわかるわー!
吹いたwww犬と猫の差が激しいwww
ワロタwwwでもわかるわぁ
・犬どんだけポジティブなんw
猫の顔wwどんだけ悪い顔してるんですかw
いい顔してるなぁ猫先輩

などの声がたくさん寄せられています。

犬と猫の漫画は描いててすごく楽しかったということで、また続きも描かれる予定だそうです!

更に、なかよし(講談社)では、来月(2017年3月)から『ねこ色保健室』という最新作の連載を開始するそうなので、これはTwitterアカウントと併せて要チェックですね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら