昨年、大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、第1位の“サッカー選手”、第2位の“医者”に続き、第3位に“YouTuber(ユーチューバー)”がランクインし、大きな話題となりました。最近では“子どもYoutuber”や“親子Youtuber”も増えてきています。

動画を投稿して広告収入を得るYouTuberは、動画撮影ができ、ネット環境さえあれば簡単に誰でもトライできる事から、その数は年々増加傾向にあります。中には年間で1000万円以上稼ぐ人や、世界中からコメントが溢れるような動画もあり、その存在はスポーツ選手や芸能人同様、多くの子供の憧れとなってきているのです。

カリスマ“YouTuberキッズ”も誕生

“YouTuberキッズ”とも呼ばれる子どもYouTuberは、小学校低学年以下の子どもたち。特別にすごい事をするというわけではなく、オモチャの紹介や、ゲームしながらそれを解説したり、お出かけする様子を撮影したものが公開されているのですが、人気の子供Youtuberは視聴回数も数万回を超える場合も。

子供YouTuberの中でも、絶大な人気を誇る「Kan&Aki's CHANNEL」は、登録者数150万人と国内でもトップクラス、総視聴回数は34億を超えています。また、カリスマ幼稚園児YouTuber「がっちゃん」の1つの動画の再生数は数十万以上、小学生になった今もその人気は衰えません。

しかし、多くの子どもYoutuberが活躍する中、それを問題視する声も上がっています。

子どもYoutuberはリスクが大きい

「Youtuberなんて、失敗したらニートじゃん」
「親は子供の今後の人生を考えてない」
「ネットに一度出たものは、ずっと残るから不安」
「個人情報を特定されてしまうのが怖い」

憧れの職業となっているYoutuberですが、なりたい職業としてはリスクが大きすぎるのでは?と疑問を持つ人も多くいます。また、そもそもインターネット上に子どもの動画をアップする事自体を懸念する声も聞かれます。

子供の個性や才能を生かせる場所だという声も

一方、子どもたちが自分のチャンネルを持ち、動画を投稿することに対し、好意的な意見もあります。

「やりたいことをやらせてあげられる、いい教育法だと思う」
「型にはまらない自由な発想を育成できる」
「多くの人に理解してもらおうと考えるから、表現力がつく」
「動画を作る事で、家族のコミニケーションが濃くなる」

未成年ではアカウントを持つ事ができない為、親のアカウントを使って動画を投稿することになります。もちろん、動画の撮影や投稿も親が協力して行う為「次はどんな動画にしよう」などと相談する事で、親子関係がスムーズで密なものになったという話もあります。

また、自由な発想とそれを実現する為の工夫をしてゆくことで、その子の自由な個性をより伸ばしてゆけるというメリットもあります。

稼ぐことができるのは、ほんのひとにぎり

実際に、Youtuberを職業としている人たちの現状は、どうなっているのでしょうか。

収入は動画再生の際に表示される広告の閲覧や、そのクリックによって発生する広告収入。2015年には、人気のYoutuberは数億という単位で視聴されるため、その広告収入はかなりの額となります。

また、知名度が上がれば、イベント活動やTV出演、グッズの販売、本の出版などYoutube以外の収入もバカになりません。

一方、Youtuberとして生活できるのは、ほんのひとにぎりだけ。ほとんどの人は、それだけで生活することは出来ません。脱サラしてYoutuberを目指した人が、収入がなくなってしまったり、過激なネタに走るなどして炎上し、結果、収入がなくなってしまう場合もあります。

子どもがYoutubeをやる上で気をつけたいことは?

子どもYoutuberに限った事ではなく、子ども達がYoutubeをやる上で、親のフォローは絶対に必要です。

一番気をつけなければいならないのは、動画撮影・投稿は親が行うということです。例えば、YouTubeアプリには動画撮影ボタンがデフォルトで表示されています。画面をタップするだけで、小さな子どもでも簡単に動画を撮影・アップロードできてしまいます。親が気がつかない間に、勝手に動画を投稿してしまうと、様々な問題が発生する可能性があります。

まず、個人が特定されないようにすることは必須です。顔を出してはいますが、知り合いや近所の人でない限り、どこに住む誰かはわかりません。けれど近所の建物が映っている、家の外観が映っているなどで、住んでいる地域が特定されてしまうのはリスクがあるので、注意しましょう。

また夢中になってのめり込み過ぎない為の管理も必要です。前述の「Kan&Aki's CHANNEL」のお宅では、両親が「動画の制作時間にかける時間は週3時間以内」などのルールを決め、その中で行っているそうです。

メディア露出の若年化は今後どうなるのか

「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズが印象的だったYouTubeのCM。Youtuberには学歴も資格も年齢も関係なく、ある種のアメリカン・ドリームを見ることができ、活躍している人たちはキラキラと輝いて見えます。

子どもたちが、その存在に憧れるのも当然といえるでしょう。インターネットの世界は、これから大きな可能性がある世界です。それを背負ってゆくのが、今、子どもYoutuberとして活躍している世代。けれど、まだ子どもたちはインターネットの闇の部分には目がいきません。

メディア露出の若年化に対して我々大人はどうあるべきか、これから考えていかなければならない問題であることは間違いないでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

これまでご愛読ありがとうございました。感謝です!
過去記事の一部をブログで公開予定です。
ゆっくりとした更新となると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします^ ^

権利侵害申告はこちら