シングル「さくらんぼ」の大ヒットで知られる歌手の大塚愛さんが2日、情報番組「スッキリ!(日本テレビ)」に出演し、まさかの

さくらんぼ嫌い

を告白しました!(笑)

番組内で

「デビュー当時、人に言っていなかった秘密がある」

と振り返り…

「さくらんぼが好きじゃない。甘いのか、甘くないのか、はっきりしろみたいな。」

と…衝撃の告白をした大塚愛さん。これには司会の加藤浩次さんもビックリ!

「これは傷ついたわぁ…」

と、終始、加藤さん。ショックの表情を浮かべていました。(笑)

では、なぜ「さくらんぼ」だったのか…。

甘酸っぱい恋愛というイメージがある…この「さくらんぼ」という曲。しかし、大塚さんは

「食べ物の話ではなく、見た目の話。見た目が対になって2人が隣にいるっていう歌なんで」

と説明。また、この曲の影響で、どこに行っても、さくらんぼ関連の食べ物や飲み物を気を使って出してくれるの!と…苦笑い。番組内では

「だからこそ、さくらんぼが好きじゃないのを早く(世の中に)浸透させたい」

と訴えていました。(笑)

ヒット曲の影響は想像以上のモノだった!

このようにヒット曲が及ぼす影響(イメージ)は凄まじく、知らない間に、アーティスト自身を苦しめることも。

では、ヒット曲の影響が大きすぎた事によって、苦悩や重圧を受けたアーティストたち。どうぞご覧下さい!

封印するほど悩んだという…川口恭吾さん。

シンガーソングライターの河口恭吾さんが、テレビ朝日系バラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」で語った…ヒット曲「桜」の呪縛。それは、2004年に遡ります。

森山直太朗さんの「さくら(独唱)」が大ヒットした直後、話題となった…ヒット曲「桜」。ちなみに、この「桜」によって、年収は25倍になったという川口恭吾さんですが、その後のプレッシャーはハンパなかったそうで、その後、会社と協議し、なんと、13曲も「桜」にちなんだ曲を出し続けたのだとか。

その結果

桜にしがみつく男

と言われたという…川口恭吾さん。なお、現在は「桜」を、ライブなどで歌っているとのことですが、数年前までは「桜」。完全に封印していたそうです。

前向きなイメージを要求されるようになった…hitomiさん。

2000年6月28日に発売された…hitomiさんの17枚目のシングル「LOVE2000」。元マラソン選手・高橋尚子さんが、練習中や試合前に聴いていたことでも話題となったこのヒット曲ですが、その影響からなのか、何かと“前向きなイメージ”がついてしまったと話す…hitomiさん。

その後、どんな状況下でも「前向きな感じでお願いします!」と言われ続けたとのこと。

なお、小室ファミリーのイメージが強いhitomiさんですが、「LOVE2000」がリリースされた時は、既に小室ファミリーから離れていたのだそうです。

※「LOVE2000」は小室さんのプロデュースではありません。

ラブソングに苦しめられた…大江千里さん。

80年代後半~90年代前半。ポップで心がキュンとする世界観を武器に…ヒット曲を連発した大江千里さん。しかし、年齢を重ねるにつれて、ラブソングを制作するのに、パワーが必要になってきたのだそうで、徐々に、歌の世界観と自分自身のギャップが埋められなくなってしまったのだとか。

また、当初は30歳で引退しようと決意していたそうですが、ちょうど30歳の1991年に「格好悪いふられ方」が大ヒット!簡単に引退することが出来なくなってしまった大江千里さんは、その後も、若いころのヒット曲に、長い間苦しめられたそうです。

一生言われる!?オバさんになっても美しい…森高千里さん。

「私がオバさんになっても」の影響で、メディアなどで毎回「“オバさん”になっても美しい」言われている…森高千里さん。

圧倒的な美貌、完全な誉め言葉ですが、これも、本人から見れば呪縛なのかもしれませんね。

知られざる苦悩や重圧!驚いた方も多いのでは!?

ヒットすればヒットするほど、のしかかる期待感やプレッシャー。アーティストがいかにギリギリの所で戦っているのか、理解して頂けたのではないでしょうか?

今では皆さん、笑って話が出来るほど(自分を苦しめた過去のヒット曲を)素直に受け入れられるようになっていますが、それは想像を絶するほどの苦悩を乗り越えたからこそ!これからも皆さんの活躍、大いに期待したいですね!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら