■りんご美味しいですよね

Licensed by gettyimages ®

林檎は栄養価が高くて、美味しいですよね。林檎を食べる時は丸かじりという方もいらっしゃいますが、皮をむいて食べるという方が多いと思います。お弁当にうさぎの林檎が入っていると嬉しかったなぁ…

しかし、今では林檎の皮むきがうさぎ以上のレベルなのです!インスタグラムで『#りんごアート』で検索するとプロ並みのものがたくさん出てきました。

①お弁当に真似したい!ミニオン

お弁当にピッタリですよね。こんな可愛いミニオンの林檎が入っていたら、お弁当開けた瞬間テンションあがります。大人も子供も嬉しいですね。

②バレンタインにおススメ♡ハートがいっぱい

林檎は赤いので、ハートにするとさらに可愛いですね。飛び出してきている立体的なハートがバレンタインにピッタリ♡

③永遠に飾っておきたい!スターバックス

インテリアとして部屋に飾っておきたいぐらい可愛い!赤と白のコントラストで赤が目立つのもいいですね。部屋に置いていたらお洒落な部屋になりそうですね。

④簡単そうで難しい!

真っ直ぐむくだけですが、ちょっとでもずれてしまったら失敗です。しかも同じ間隔でむかないといけないのもポイントですね。まずはむくのに慣れるためにもまっすぐむくのを練習するのもいいかもしれません。

⑤林檎といったら白雪姫

林檎といったら白雪姫ですよね。横顔が何だかセクシーで、林檎に吸い込まれそうです。彫る部分は少ないので挑戦してみたいですね。

⑥根気がいるけど美しい

根気がいるアートですよね。中もくりぬいていますし…でも出来上がったあとはやりきった感を満喫できますね。360度どの角度でも楽しめるりんごアートになっています。

⑦シルエットが美しい!アリエル

横顔のシルエットが美しいアリエルですね。シルエット系を彫るときは、すぐにどの人物かわかるかがポイントですね。彫る前にど憂いう風に彫るかイラストを決めるのも、りんごアートには重要ですね。

⑧写真に撮っておきたくなる!となりのトトロ

ペンで描いてもここまで綺麗にかけません、レベルが高いりんごアート!お正月バージョンになっていて、年始の挨拶にピッタリですね。年賀状のイラストにも使いたくなります。

⑨ハチミツがリアル!プーさん

プーさんといったら“ハチミツ”ですよね。そのハチミツを林檎の皮で表現していて、リアルに落ちてきそうですよね。林檎の皮をうまく使ったりんごアートです。

⑩全部むかなくても楽しめる!スヌーピー

スヌーピーも白色なのでりんごアート楽しめますね。ぜんぶむかなくてもハートなどで形をとって、その中だけむくのも可愛いですよね。テーブルに置いてあるだけで絵になるので、食べるのがもったいないです。

■どうやって彫っているの?

Licensed by gettyimages ®

arisa7716さんにお話をお伺いしたところ、arisa7716さんはデコ弁当用の細いカッターを使用されているそうです。食べ物用の細いカッターがあるんですね。しかも林檎は時間が立つと変色するため、塩水につけながら作られているそうで…根気がいる作業です。

■食べるのがもったいない…だけど幸せな気分になる『#りんごアート』

Licensed by gettyimages ®

ちょっと手を加えるだけで、いつもの林檎がこんなにも変わるんですね。最初は慣れない時は大変かもしれませんが、慣れてきたら自分が楽しくなりそうですよね。

どうせ、皮をむいて食べるなら、りんごアートに挑戦してみませんか?インスタグラムでも『#りんごアート』で検索するとたくさん素敵な作品が出てきますよ!

※掲載しているインスタグラムは掲載許可を得ています。ご協力いただきました皆様ありがとうございます。素敵な作品、これからも楽しみにしております。

■こちらの記事もおススメです

この記事を書いたユーザー

kanon このユーザーの他の記事を見る

1児のママでネイルが大好きです!スイーツなどの甘いものを食べながらゴシップ誌やドラマを見る時が幸せ(*☻-☻*)

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • インターネット
  • 育児
  • エンタメ
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら