『ジップ&キャンディ~ロボットたちのクリスマス~』

絵と文 にしのあきひろ

土星の裏がわに、人とロボットがいっしょに暮らす星があります。

これは、その星のクリスマスに起きた奇跡の物語。

最新型ロボットの《ジップ》はご自慢の翼を広げ、

今日も街の空をビュンビュン飛びまわります。


ビュンビュンビュンビュン。

モミの木の丘にも、ノッポのオルゴールタワーのてっぺんにだってひとっ飛び。

「どうだい?ボクのこの翼。行けないところはないんだぜ。知らないコトはないんだぜ」

街の人たちが、「あんまりスピードを出しすぎるとケガをするよ」と声をかけても、

「ヘッチャラさ。なんたってボクは、最新型のロボットだからね」

と、おかまいなしです。

そんなジップが、最近、かならず立ちよる場所があります。

湖のむこう岸にあるサンドイッチ博士の研究所です。

いつもジップは窓にヘバリついて、研究所の中の様子をのぞきます。

おめあては、せっせと働く旧型のおてつだいロボットの女の子。

博士の横にピタリとついて、食事の準備や、掃除に洗濯、お留守番。

女の子ロボットはいつも一生懸命働いています。

サンドイッチ博士はクリスマスの準備に忙しく、

近ごろ、研究所を空ける日が多くなってきました。

ある日ジップは博士の留守をねらって、そっと研究所の窓を開けたのです。

「やあ」

ジップは勇気をふりしぼって女の子ロボットに声をかけました。

ガタガタガタガタとキャタピラーを回転させて、

お留守番中の女の子ロボットが近くによってきます。

「どちらサマ?」

「ボクの名前はジップ、最新型ロボットさ。キミは?」

「ワタシはキャンディ。この研究所のおてつだいロボット」

彼女の名前は《キャンディ》といいました。

「外へ行かない?」

ジップはキャンディを誘いだそうとしました。が、キャンディは言います。

「ダメなの。サンドイッチ博士からソトに出るコトを禁止されているの」

かわいそうなキャンディ。ということは、ヨナヨナの森のむこうのロボットタウンも、

カンパネラのオルゴールタワーのてっぺんも知らないのです。


しかし、ジップにしてみれば外へつれだすいい口実です。

ジップは自慢の翼をキャンディに見せて言いました。

「どうだい?ボクのこの翼。行けないところはないんだぜ。知らないコトはないんだぜ」

「スゴイ!スゴイ!ジップ、あなたソラをとべるの?」

「そんなのカンタンさ。ねえ、キャンディ。空からしか見えない景色がたくさんあるんだぜ。

キミはなにも知らないようだから、ボクがたくさん教えてあげるよ。さぁ、行こう」

ジップはキャンディの手を引きました。

「でも、博士から禁止されているし…」

「バレなきゃだいじょうぶ。ひとっ飛びしてすぐにもどってこよう!」

ジップは強引にキャンディの手を引き、キャンディを背中に乗せました。

「ホントにダイジョウブかなあ」

「だいじょうぶ!だいじょうぶ!ヘッチャラさ」

キャンディを背中に乗せたジップはごきげんです。

「さぁ、飛ぶよ!」

ビュンビュンビュンビュン。

ふたりは、湖を越えて、ロボットタウンの上空を飛びます。

「どうだい?キャンディ、街はこんなになっているんだよ」

「スゴい!ねぇ、ジップ。アレはナニ?」

「アレはエネルギースタンドだよ。

新型のロボットたちはみんなあそこでエネルギーを補充するんだ」

「へぇ。あ、アレはナニ?」

ずっと研究所の中にいたキャンディは知らないことばかり。

ジップは、そんなキャンディにモノを教えるのが楽しくてしかたありませんでした。

「ねぇ、ジップ。あれは?」

「あれはデパートだよ。ちょっくら行ってみようか」

ビュンビュンビュン。

ガタガタガタガタと音をたてて、デパートの中を旧型ロボットが歩きます。

近ごろはとんと見なくなった旧型ロボットに、

街の人たちや新型ロボットたちの視線が集まります。

しかしキャンディはそんな視線などまったく気になりません。

なにせ研究所を出たことがないキャンディにしてみれば、

デパートは知らないものばかりの楽しい世界。


「ねぇ、ジップ。これはナニ?」

キャンディは一冊のノートを手に取りジップにたずねました。

「これはねぇ、絵日記帳だよ」

「エニッキチョウ?」

「人間はねぇ、ボクたちのようにデータをまるまるインプットできないんだよ。

だから残しておきたい思い出をここに描くんだ」

「エニッキチョウ!エニッキチョウ!」

キャンディは絵日記帳をたいそう気に入りました。ジップはうれしくて、

デートをしてくれたお礼に絵日記帳をプレゼントしてあげることにしました。


「さぁ、そろそろ帰ろうか。博士に見つかっちゃうからね」

ビュンビュンビュンビュン。

研究所までひとっ飛び。

「また遊ぼうね」

「ありがとうジップ、楽しかったわ」

博士に見つかることもなく、無事にお別れしました。

とても楽しかった一日、大好きなキャンディとすごせた夢のような一日。

ビュンビュンビュンビュン。

ジップはうれしさをがまんしきれず空を飛びまわりました。

「明日もキャンディにあいに行こう。たくさんたくさん教えてあげよう」

ビュンビュンビュンビュン。

街に夜が降ってもまだ空を飛びまわっていました。

翌日も、その翌日も。

コン、コン。

サンドイッチ博士の留守をねらって、ジップが研究所の窓をノックします。

「キャンディ、遊びに行こう!」

「キョウはどこへつれてってくれるの?ナニをオシエテくれるの?」

「いいから、乗りな」

ジップは今日もキャンディを研究所からつれだしました。

ビュンビュンビュンビュン。

「どうだい?ボクのこの翼。行けないところはないんだぜ。知らないコトはないんだぜ」

「ホントウにすごいね、ジップのツバサは。ソラを飛べるなら、

穴ぼこに落っこちたりしないんでしょ?」


「あたりまえさ。キャンディ、キミは穴ぼこに落っこちたりするのかい?」

「ケンキュウジョのミゾに、よく落っこちちゃうわ」

「ドジだねえ。そんなときはどうするんだい?」

「穴ぼこに落っこちたときはジタバタするの」

「ジタバタ?」

「そう。そしたらその音に気がついた博士がタスケに来てくれるの」

「あははは。面倒なことをするんだねえ」

ふたりの距離は日に日に縮まっていきました。

ジップが今日、キャンディをつれてきたのは丘の上にある一本のモミの木の前。

「ジップ、これは?」

「これはクリスマスツリーさ」

「クリスマスツリー?」

「クリスマス・イブの夜にサンタクロースがトナカイと待ち合わせる場所。

ここから夢がはじまるんだぜ」

「なんだかステキなお話ね」

ジップが顔を赤らめて言います。

「ねぇ、キャンディ。クリスマス・イブの夜にいっしょにここに来ない?」

「どうして?」

「まぁ、その…ここだと、サンタクロースやトナカイも見られるし」

そんなのはもちろんウソっぱちで、ジップはキャンディとふたりで

クリスマス・イブをすごしたかったのです。

「いいよ。なんだか楽しそうね」

アッサリと返事をもらったジップは大よろこび。

「ホント?本当に?約束だよ」

「うん、ヤクソク」

ニッコリと笑うキャンディをとても愛おしく思いました。

「そろそろ、帰ろうか」

ビュンビュンビュン。

「いつもありがとう、ジップ。あなたといるとホントウに楽しいわ」

「あたりまえさ、なんてったってボクは最新型ロボットだからね。なんだってできるんだ」

「ウフフ」

「それじゃオヤスミ、キャンディ」

そう言って、ふたりは別れました。

ビュンビュンビュンビュン。

今日もうれしさをがまんできないジップは、いつまでもいつまでも飛びまわりました。

お星さまたちもこの光景には慣れっこ、ニコニコとジップを見守ってくれました。

ふたりで街を歩いていたある日のこと。

ジップは、隣のキャンディに言いました。

「それで階段をのぼるのはたいへんだろう?キャンディのキャタピラーも翼に変わればいいのにね」

キャンディは首をかしげ、ジップにたずねました。

「キャタピラー?」

なにをいまさら、とジップがことばを返します。

「キャタピラーだよ、キャタピラー」

「キャタピラーってナニ?」

キャンディの様子がいつもと少しちがいます。

「キミの足についているソレさ。どうしたのさ、キャンディ?」

「へぇ~、コレはキャタピラーっていうんだ。やっぱりジップはなんでも知ってるね」

「生まれたときからついてただろ?ねぇ、キャンディ?」

キャンディは自分のキャタピラーをめずらしそうにずっと見ています。

キャンディの様子が少しおかしい、と心配になったジップは、

今日は彼女をはやくに研究所へ帰すことにしました。

つぎの日も、そしてそのつぎの日も、彼女の様子が少しずつおかしくなりました。

「オテツダイってナニ?」「オソウジってナニ?」

キャンディのもの忘れは、日に日にひどくなっていきます。

キャンディは旧型ロボット。もしかしたら故障してしまったのかもしれません。

そしてその責任が自分にあるかもしれない。

不安になったジップは言いました。

「キャンディ、研究所へ帰ろう」

ジップは、すべての事情をサンドイッチ博士に話すことに決めたのです。

無断でキャンディを外へつれだしてしまったこと、そしてキャンディの様子が

最近少しおかしいことを、すべて正直にサンドイッチ博士に話しました。

「なんてことをしてくれたんじゃ」

おさえた声の中にサンドイッチ博士の憤りがたしかに感じられました。

これにはジップも言い返します。

「博士だって、こんなせまい研究所にキャンディをとじこめてかわいそうじゃないか!

ボクはキャンディに外の世界を教えてあげたかっただけなんだよ!」

サンドイッチ博士はジップの目をじっと見て、そして静かに言いました。

「だからキャンディの記憶が消えたんじゃよ」

サンドイッチ博士は話をつづけます。

「キミとちがって、キャンディは旧型ロボット。メモリーに記憶できる容量が少ないんじゃ。

新しいデータを入れすぎてしまうと、古いデータから順に消えていってしまうんじゃよ」

ジップはなにも言い返せなくなりました。

博士がキャンディに外出を禁止した理由は、新しいデータを入れることで

古いデータを消してしまわないためだったのです。

ジップはそうとは知らずにキャンディを外へつれだし、たくさん教えてしまいました。

そして、そのせいで、キャンディの昔の記憶を消してしまったのです。

ジップは大好きなキャンディの思い出をうばってしまったのです。

「悪いが、もうキャンディとはあわんでくれ」

サンドイッチ博士もこんなことは言いたくなかったのですが、

これもキャンディの思い出を守るためにはしかたありません。


そのことばにジップは静かにうなずきました。

「ドウシテ?ドウシテ?」

研究所を後にするジップの背中に、キャンディの声が響きます。

帰り道はトボトボと歩きました。

夜空のお星さまたちが心配そうにジップを見ています。

キャンディにたくさんのことを教えてしまったせいで、彼女の古い思い出を消してしまった。

ジップの頭の中では、そのことがずっとグルグルとまわっていました。

やがて冬がやってきて、街に雪が降りはじめました。

キャンディとあわなくなってずいぶん経ちましたが、あの日以来、

ジップは空を飛んでいません。飛ぶ気になれなかったのです。


なにもできないまま、ジップは、キャンディとすごした日のことを

ただボンヤリと思い返していました。

ボクは、キャンディの思い出をうばってしまった。できることなら、

消えてしまったキャンディの思い出をとりもどしたい。だけど、どうすりゃいいんだ。


ボクにはなにができるっていうんだ。ボクは深い穴に落ちてしまったよ。

そのときです。

――穴ぼこに落っこちたときはジタビタするの――

あの日、キャンディが言ったことばがふとよみがえります。

「ひとりで抜けだせないときはジタビタと物音をたてて助けを呼ぶのよ」と

キャンディは言いました。

消えてしまったキャンディの思い出をとりもどす方法が、

今のボクにはなにひとつ思いつかない。


だけど、止まっていちゃはじまらない。なんだっていい。とにかく動かなきゃ。

ジタバタしなきゃ。

ジップはふたたび研究所に行きました。

研究所から出てきたサンドイッチ博士に、ジップはつめよります。

「ごめんなさい、博士。また来ちゃった。ねぇ、博士。消えてしまったキャンディの記憶は、

もうどうやってももどらないのかい?」


ジップは博士にせいいっぱいうったえかけますが、博士は静かにだまったまんまです。

博士もジップの気持ちがじゅうぶんすぎるほどわかっていたのです。

「このままじゃいやだよ!ボクのせいでキャンディの思い出が消えてしまったんだ。

なんとかしたいといっぱい考えたけど、ボクはバカだからなにも思いつかないんだ。

ねぇ、博士!博士なら知ってるんだろ?キャンディの思い出をとりもどす方法を。

教えてくれよ。お願いだよ」

ジップの心は今にもこわれてしまいそうでした。

「ひとつだけあるんじゃが」

サンドイッチ博士の重い口がついにひらきました。

「ボクはなんだってする。だから教えておくれよ!」

ジップはすべてをなげうつ覚悟をしていました。

博士は苦い表情を浮かべ、とても言いづらそうに話しはじめました。

「メモリーの容量がちょうどいっぱいになったときに、キャンディのメモリーはディスクに

コピーして別に保管してある。そいつを移しかえればもとにはもどる」

ジップの頭にひとつの疑問が浮かびます。

「博士、ちょっとまっておくれよ。キャンディのメモリーはいつからいっぱいだったんだよ?」

「…私が外出を禁止したとき。つまり、キミがキャンディと出あう前じゃ」

ジップはことばを失いました。

話をつづける博士もつらそうでした。

「キミと出あった瞬間から、キミの名前を覚えた瞬間から、キャンディの古い記憶は

押しだされるようにして順に失われていったんじゃ。


もう一度古い記憶をすべてとりもどすには、コピーしてあるディスクを入れて再起動すればいい。

だが、それをするとキャンディはキミのことを忘れてしまうぞ。それでもいいのかい?」

それはジップにとって、とてもツライ宣告でした。

大好きなキャンディに思い出をとりもどさせてあげたい。

だけどそれは同時に自分のことを忘れさせてしまうことになる。

しかしジップは迷いませんでした。

「お願いします」

ジップはキャンディの思い出をとりもどすことを選びました。

その夜。

電源を落とされたキャンディに、

もとの記憶がつまっているコピーディスクが入れられました。


もう二度と新しい記憶が入らないように、博士はデータにロックをかけました。

これでキャンディはなにも新しく覚えることのできないからだになってしまいました。

おてつだいロボットなので、用事をこなすための二、三時間程度の記憶はできるのですが、

その記憶を翌日まで残しておくようなことはできません。


博士にとっても、愛するキャンディのインプットを止めてしまうこの行為は

とてもツライものでした。しかし、そのやさしさがあだとなり、

今回の事態をひきおこしてしまったので、博士は気持ちをおしころし、

キャンディにロックをかけました。


ふたたび電源が入れられたキャンディはそれまでのように研究所内を動きまわります。

「こんにちは、ハジメマシテ。ワタシはキャンディ」

もうジップのことは覚えていません。

「や、やあ。ボクはジップだよ」

「ジップ?あら、ステキな名前ね」

この会話も明日になれば忘れてしまいます。

「博士、ありがとう。そして、さようなら。キャンディ」

ジップは研究所を去りました。

サンドイッチ博士はジップの背中が見えなくなるまで、ずっと見送っていました。

「ジップや。生きることは、背負うことだよ。どうにもならないことがこの世の中にはある。

だけど大切なのは、それを受けとめて、その中でキミがどう生きるかだ」

こうしてジップはひとりになりました。

何度もキャンディのことを忘れようとしましたが、ジップは最新型ロボット。

どれだけ新しいデータをインプットしても、

メモリーの容量がいっぱいになることはありません。


古い記憶から順に消していくことなどできなかったのです。

キャンディとの思い出を忘れることはできませんでした。

街には恋人たちがたくさん。

クリスマス・イブがやってきました。

クリスマス・イブの夜、ジップは丘へのぼりました。

そこには一本のモミの木。いつかキャンディと約束したクリスマスツリーの前です。

目の前では、サンタクロースとトナカイが、ソリにプレゼントをつみこんでいます。

本当なら今ごろは、そこでキャンディとふたりきりになれていたはずでした。

ジップは星空を眺めながらキャンディとすごした日々を思い返します。

だけどこれでよかったんだ。

すべてがもとどおり。最初の状態にもどっただけなんだから。

ジップはそっと目を閉じました。

そのときでした。

ガタガタガタガタ。

丘の下から、キャタピラーの音がこちらへ近づいてきます

目を開けると、丘へあがってくる音の正体はキャンディでした。

どうして、ジップとの思い出を失ったハズのキャンディがここへ来たのでしょう?

ジップの目の前まで来ると、キャンディは言いました。

「おそくなってゴメンなさい、ジップ」

キャンディは確かにジップの名を言いました。

記憶をなくしたハズじゃないか。

そう思ったジップは、キャンディの手もとにあるモノを見つけました。

絵日記帳でした。

「どうしたの?ソレ」

「けさ、博士が研究所を出るときに、おおきなニモツの中からひとつだけ

落としていっちゃったの」

絵日記帳にはジップとすごした日々がことこまかに書かれていました。

ふたりで飛んだ空のこと、いつか交わしたクリスマス・イブの約束のことも。

「ワタシはあなたのコトを知らない。だけどどうやらワタシはあなたのコトがスキみたい。

ワタシは今以上の情報をインプットできないカラダだから、

アシタになればあなたのコトはワスレテいるけど、このエニッキチョウを開けば、

またあなたのコトがスキだとわかる」


ロボットのジップの目から、涙が流れました。

「キョウはクリスマス・イブ。ジップ、あなたとヤクソクをした日」

サンタクロースの声がジップの背中を押します。

「ジップ。今度はキミがプレゼントをする番じゃよ」

ジップはふり返って、サンタクロースにたずねました。

「サンタさん、目から水がもれてきたよ。これは故障かい?」

「いいや、それは成長じゃ。キミはもう、なにをしなきゃいけないかわかっているだろう?」

明日になればキャンディは今日のことを忘れてしまいます。

だけど今日のことを絵日記帳に書けば、また思い出すことができます。

明日、キャンディが絵日記帳を開いたときに笑えるように、最高の今日にしなくちゃ。

「サンタさん。ボク、わかっているよ。生きることは、背負うことでしょ」

「ジップ。いい子だ」

サンタクロースがニコリと笑みをこぼしました。

ジップは力強くうなずいたあと、キャンディの方へ顔をもどし、大きな大きな声で言いました。

「どうだい?ボクのこの翼。行けないところはないんだぜ。知らないコトはないんだぜ」

「つれてって、ジップ」

「うん。さぁ、飛ぶよ!」

こうして、ジップとキャンディはクリスマス・イブの夜空に舞ったのでした。

「メリークリスマス!」

おしまい

【あとがき】

毎度お騒がせしておりますキングコング西野です。

僕が幼稚園の頃、弟が生まれ、母は弟に付きっきりでした。

幼稚園の送り迎えをしてくれたのは、僕の婆ちゃん。

帰り道は毎日手を繋いで、時々、母には内緒で駄菓子を買ってくれました。

僕は婆ちゃんのことが大好きでした。ホントに。

婆ちゃんは晩年、アルツハイマー気味になり、病室を訪ねた僕と病院の先生の区別がつかないこともありました。

以前より小さくなった婆ちゃんを見て、「もう長くないかもな」と思いました。

もしかしたら忘れてしまうかもしれないけれど、残された日は楽しく過ごしたくて、婆ちゃんをいろんなところに連れ出しました。

妻夫木聡君とインパルス堤下君と、僕の婆ちゃんとで合コンもしました。

アルツハイマー気味だったのですが、そんなのおかまいなしで、妻夫木君とのコンパは死ぬまで覚えていました。

堤下君のことは翌日には忘れていました。

婆ちゃんはイケメンが好きなのです。

『Zip&Candy~ロボットたちのクリスマス~』には、そんな婆ちゃんとの最後の思い出を描きました。

個人的な作品で申し訳ないですが、それでも皆様の心に届くと嬉しいです。

最後に。

今回、Web上に無料公開しましたが、紙の絵本は形やサイズ、印刷も本当にこだわって作りました。

いつか気が向いた時に手にとってもらえると嬉しいです。

家族や恋人を大切にしてあげてください。

にしのあきひろ

権利侵害申告はこちら