ドロドロ+胸キュンが話題のドラマ「奪い愛、冬」

現在、放送中のドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日)。

4人の男女が「奪いあう」恋愛ドラマとなっており、そのスピード感あふれる展開と昼ドラを思わせるようなドロ沼愛憎劇が話題になっています。金曜23時台という深夜ドラマでありながら、ディープな物語にハマる人が続出しているようです。

脚本を手掛けているのは、人気放送作家の鈴木おさむさん

濃いキャラクター達が怒涛の展開をくりひろげるこのドラマの脚本を手掛けたのは、放送作家の鈴木おさむさんです。

鈴木おさむさんと言えば、放送作家として「SMAP×SMAP」「めちゃ×2イケてるッ!」「いきなり!黄金伝説。」など数々の人気バラエティ番組を手掛けてきたことでも有名な作家さん。

そんな鈴木さんが、テレビ朝日から「ドロドロした恋愛ものドラマの脚本を」というオファーを受けて、完全オリジナル脚本で執筆したのが今回のドラマ「奪い愛、冬」なんです。インタビューでも、オリジナルゆえの魅力を語っていました。

当たり前のことだけど、原作ものと違って中身や展開がわからないのがオリジナルの魅力。

今回の『奪い愛、冬』も完全オリジナルだから、「これ、自分で全部決めて書いてるんだよなぁ」と思ったら、なんだかおかしくなってきちゃって。書きながら自分で笑ってるときがあるんですよね(笑)。

出典 https://pablo.click

怖いなかにも笑える部分があるのは、鈴木さん自身がバラエティ番組出身の作家さんだからかもしれません。まさか、書いてる本人も笑っていたとは!

また、金曜の深夜にドロドロの恋愛ストーリーを放送する意義についても、こう話していました。

仕事から遅く帰ってきた女性や、子供を寝かせた後の主婦が、週末を迎える前のお楽しみとしてこういうドロドロ恋愛を見てドキドキすることに意味があるのかなと。

見た人にはきっと驚いてもらえると思うし、“奪う”愛に正義はあるのか、ぜひ考えながら見てほしいですね。

出典 https://pablo.click

ブログにも、恋愛・結婚に関するエピソードが満載!

ドラマだけでなく、鈴木おさむさんのブログでも番組の話題や、ドラマにちなんだアンケートをブログ読者に投げかけて答えるという形式がとられていたりします。

そこでは、鈴木さん自身の恋愛観・結婚観も語られており、中には心に書き留めておきたくなるようなものも!

別れ話で「お前には俺よりいいやつがいると思う」はNG

1月のブログでは、ブログ読者から「恋人との別れ話」を募集。ブログには、様々なエピソードが寄せられていました。その中で、鈴木さん自身の「恋人との別れ」に対するこだわりが語られています。

お前には俺よりいいやつがいると思う
という別れ言葉。
書いてた人がいましたけど。

それだけは絶対言っちゃダメなやつだと僕は思うんですが。
別れ言葉に美化はダメだと思うんです。

出典 http://ameblo.jp

別れを美化しちゃいけない!という鈴木さん。別れを切り出すタイミングについても…

誕生日、クリスマスに別れを切り出す人もいるんですね。
誕生日って!!
誕生日に切り出すなら、せめてもうちょっと前に。
そうしたらクリスマスに残念会出来るし。

出典 http://ameblo.jp

確かに誕生日やクリスマスの別れは辛いものです。事前に別れてくれれば、当日は切り替えるステップにすることが出来ますよね。

焦って行動しても、上手くいかない

ドラマの2話では、恋人が元カレと再会したことに焦って、婚約者・康太は焦ってしまいます。結婚式を早くやろうとしたり、こういった「焦ってとる行動」については脚本を書いている鈴木さん自身にも経験があることだそうです。

焦る気持ちって経験あるんですよね。
20代の時に付き合っていた女性がいて。
あれ?もしかしたらこの人、好きな人が他にいるんじゃないかな?とか。
他の男性に言い寄られているんじゃないかな?って気がして。

そういう勘って大体当たるんです。
だから急に、旅行に行こうとか言いだすんですけど
向こうがちょっと乗り気じゃないのがわかる。

そんで、旅行行くんだけど、
なんか楽しめない。
楽しくない。
その空気に気づいて、また行かなきゃ良かった…って思う。
焦りから出る行動って本当に良かったことがないんですよね。

出典 http://ameblo.jp

交際0日のスピード結婚!鈴木おさむさんの結婚観とは?

プライベートでは、お笑い芸人の大島美幸(森三中)と結婚、いまでは1児の父です。鈴木さんが30歳、大島さんが22歳のときに「交際0日」で結婚するという超スピード結婚が当時話題になりました。

大島さんと出会うまで、「自分は絶対結婚しないと思っていたし、向いてないと思っていた」という鈴木さん。自分の結婚生活をシミュレーションしてみても、2年くらいで浮気してしまう未来が予想できてしまっていたそうです。

しかし、2人は現在結婚15年目。ブログでは、今でもラブラブな様子がうかがえます。

決して結婚しないと思っていた鈴木さんが、結婚を決めた理由。ブログでは、こう書いていました。

結婚する理由。
お金持ってるから

付き合って長いから

とにかく好きだから

色んな理由があると思いますが…

僕は人生で一番大事にしている部分の価値観が一緒だから

というのが大きいと思ってます。

出典 http://ameblo.jp

大島さんと付き合う前は、美人でモデルの彼女がいたという鈴木さん。しかし、結婚を決めたのは「価値観が同じ」という芸人の大島さんでした。

結婚前の「同棲は反対」派

「交際0日」で結婚という驚きのエピソードを持っている鈴木さんですが、結婚前の「同棲」については反対だそうです。その理由は…

一緒に暮らすってすごいことで、どんなに長く付き合っていても、

それまで見えなかったところが一緒に暮らすことで見えてくるんですよね。

だから、同棲することを勧める人もいますが、

僕は同棲反対派。

だって、すごく好きで同棲して、意外な面が見えたところで、伝えにくかったりするから、逆に結婚してしまったほうが諦めがつく…と思ってる派。

出典 http://ameblo.jp

すごく好きな人だったのに、一緒に生活することで驚きの一面に気づくことってありますよね。「結婚してしまうと諦めがつく」というのは、既婚者ならではの意見かもしれません。

結婚のスイッチは女性が押しちゃってもいい!

結婚のタイミングは人それぞれではありますが、「男性はだらだらしがち」というのが鈴木さんの意見です。

男性って、だらだらしますからね。女性から強めに行くくらいのほうがいいです。
男性って、ひとつは30歳ってタイミングあるんですよ。30歳になったらと。

だけど、そこを逃すと、自分でタイミングが探せなくなる。
仕事でね、「○○がうまくいったら!」とか目標作る人いるけど、それがうまくいくと、仕事って地続きだから、結局「次の○○がうまくいくまで」とか伸ばされたりして。

そんな人が僕の周りには沢山います(笑)

だから、スイッチを女性から押してあげるのもいいと思います!!

出典 http://ameblo.jp

そんな鈴木おさむさんが脚本を務める「奪い愛、冬」の展開から目が離せない!

鈴木さんのブログではドラマの放送を受けてのコメントや、ドラマ脚本を執筆しているときには「参考にさせてほしい」とブログ読者自身の恋愛エピソードのアンケートを取っていたりします。あなたのコメントが、脚本の内容に影響してしまうかも!?気になる方はぜひ、鈴木さんのブログもチェックしてみてくださいね。

そして、バラエティ出身の鈴木さんならではのインパクト絶大なドラマ「奪い愛、冬」。2人は無事に結婚を迎えることができるのか?今後の展開も気になって仕方ありません!

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら