記事提供:日刊サイゾー

初回視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で以降は、第2話9.6%、第3話7.8%と低迷しているものの、熱烈なファンに支持されているドラマ『カルテット』(TBS系)。

中でも、理屈っぽく風変わりなヴィオラ奏者・家森諭高(いえもり・ゆたか)を演じる高橋一生に熱狂する女性は多く、高橋に関する記事が連日、あちこちの媒体に登場している。

これについては、ネットの掲示板などで「高橋一生のage記事、多すぎ」という指摘があり、中には「ゴリ押し」という声すらあるようだ。

だが、これに演劇関係のライターは憤る。

「高橋さんは子役時代からのキャリアがあって、舞台も多数こなしていますし、演劇好き・映画好きなどの間では昔から人気がありました。ドラマにも多数出演されていますしね。ようやく注目され始めたのか、と思うくらいです。何度もインタビュー取材をしましたが、とにかくクレバーな人で、話も面白い。『民王』(2015年/テレビ朝日系)でのブレークから、一過性のブームのように言われてしまうのは心外ですね」

また、エンタメ系の雑誌ライターも言う。

「いま、企画会議やネタ出しでは、高橋さんを取り上げようという声がかなりあちこちで出ています。女性だけでなく、男性も含めた編集者、ライターからは絶大な人気がありますね。

記事が多数出ているのは、単純に注目度が高いから。さらに、昔と違って、ほかの媒体で記事が出ると、それを見た競合媒体が二番煎じ、三番煎じの記事を後追いで出すというのが最近の流れなんです。

堂々と競合誌の名前を挙げて『〇〇の記事を見たんですが、あんな感じで~』という依頼もあります。同じような記事が増えるわけですよ。それなのに、露出が増えただけで、世間からバカの一つ覚えのように『ゴリ押し』と言われるのは気の毒」

また、映画関係のライターも言う。

「高橋さんは演技力もありますし、声の良さも大きな魅力のひとつ。名バイプレーヤーには、長いキャリアの中で声優仕事やナレーションなど、声の仕事をしてきている人が多く、顔で売れた俳優さんと違って、重宝されます」

今の注目度・人気度は、やや過熱状態にはなっているが、長年培った実力・キャリアのある高橋の活躍は、息の長いものになりそうだ。

権利侵害申告はこちら