記事提供:AbemaTIMES

2月1日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)にて、芸能リポーター・あべかすみ氏が、「新人のころからオーラがすごかった芸能人」を発表した。結果は以下のとおり。

3位 宮沢りえ

「小学校くらいでデビューしていると思うんですけれど、私はまだこの仕事をしていなかったの。たまたま友人と恵比寿を歩いているときに、向こうからお人形さんみたいな、半端なく脚が長くてきれいな子が歩いてきて。

友人と『なんだろう、モデルさんかな?』って話をしていたんです。そうしたら、すぐに三井のリハウスのCMに登場していて。腰の位置が高くって、スタイルがとても良くて…。

その後、リポーターになって、りえちゃんのイベントに取材に行って、間近でマイクを向けたときにもやっぱり“違う”ことを実感したよね」

2位 上戸彩

「国民的美少女コンテストで審査員賞が発表される時のこと。審査員特別賞を受賞したんですけど、リポーター間では、『あの子はないんじゃない?』っていう話をしていたんです。けど、周囲にいた雑誌の人やカメラマンさんたちは『いや、あの子だよ』と。やっぱりプロの目は見抜いていたんですね。当時から、目を見てちゃんと人と話ができて、自分の意志を伝えることができる子だったって」

1位 蒼井優

「別格ですね。透明感がすごい。12、3歳で会ったけど、とにかく周囲中が『あの子はすごい』と、評価が違っていた。自分を主張できるし、目の力がすごくて。もう最初から主役級のオーラをもっていた」

あべ氏はその他、広末涼子も「何か違っていた」と回想。ただ、やっぱり宮沢を見たときの衝撃は忘れられないらしく、改めて「本当に可愛かった。こんな美少女はいなかった」と振り返っていた。

(C)AbemaTV

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら