記事提供:messy

ハリセンボン 公式ホームページより。

1月29日に放送されたスポーツ番組『SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)に、ドイツ・ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人がVTRで出演。

ケガのリハビリ中にハリセンボン・近藤春菜の支えがあったことを明かした。このことで、視聴者の間では彼女の交友関係とコミュ力が半端ないと話題になっている。

内田はサッカー選手ならば引退を考えるほどのケガである右膝の膝蓋腱炎となった。2015年6月には手術を受けたのだが、それから実践復帰するまで約1年9カ月という長い歳月を要している。

内田曰く“サッカー選手のピークである27~28歳”を、リハビリに専念して過ごさなくてはいけなかった事実は、どれだけ悔しいことだったか、想像に難くない。

内田はリハビリ中には「よく泣いたし、サボったこともある」と明かした。しかしそれでもリハビリを続けられたのは、周りの人の支えがあったからだという。多くの人に支えられただろうが、内田が個人名をあげたのが春菜だった。

なんと週5ペースでご飯を一緒に食べにいっていたというのだ。春菜はご飯を食べ、内田を笑わせてくれて帰るという、なんともカッコイイ振る舞いをしていたとか。

春菜はこの時を振り返り、「祈ることしかできないので、一瞬でも膝のケガを忘れられるような楽しいご飯会とかそういうのしたいなって思ってみんなでワイワイしてた」と語った。

朝の帯番組にも出演し、毎年発表されるテレビ出演本数で女性トップを死守する超売れっ子芸人の春菜。多忙であるにもかかわらず、「友人を励ましたい」と週5も食事に付き合うのだからすごい。

春菜の交友関係は広く、しかも深い。彼女と親交のあるタレントたちは、その人柄に賛辞を送る。昨年、不倫騒動により芸能活動を自粛していたベッキーは、その間親友の春菜が心の支えになっていたようだ。

世間から強く非難され、ベッキーを擁護した芸能人までセットで叩かれてしまう時期でも、春菜がベッキーのことをテレビで「友達」と言ってくれることが、ベッキーは嬉しかったという。

さらにPerfumeのあ~ちゃんとは2人で旅行に行くほどの仲、吉高由里子や安室奈美恵、森カンナ、城田優とは飲み仲間だという。吉高とは週3で会うと報道されたこともあり、そのどれもが表面だけの薄い付き合いでないこともわかる。

それにしても、自他共に認める人見知りで、芸能人との交流がほぼ無く私生活がベールに包まれている安室奈美恵とも「飲み仲間」とは…。

『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で木下優樹菜とFUJIWARAの藤本敏史夫妻にドッキリを仕掛けられたときのリアクションも、彼女の人柄を表している。浮気疑惑が原因で目の前で2人が大揉めし、離婚話をし出したときに春菜は号泣。

その優しさに仕掛け人である木下・藤本夫妻も釣られて泣いてしまい、藤本は「やっぱり愛されるべき後輩ですよ」と絶賛していたのだった。

春菜は高校時代から明るくクラスの人気者だったそうだが、2016年2月放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)では、周囲と馴染めず寂しい日々を送る時期があったことも告白。

その時、ある同級生が励ましの手紙を書いてくれたという。自分自身が孤独で辛い日々を経験し、友達の大切さをわかっているからこそ、春菜は「人にやさしく」を貫くのかもしれない。

権利侵害申告はこちら