■宇多田ヒカルさんのつぶやきが話題です

昨年から本格的な活動を再開している、シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんがTwitterに投稿した一言が話題となっています。

▽それは、マンモグラフィ検診をした際の出来事

Licensed by gettyimages ®

乳腺・乳房専用のレントゲン撮影をにより乳がん検診を行う「マンモグラフィ検診」。

どうやら宇多田さんは久しぶりの同検診を受けたようなのですが、その際に医師に確認されたある内容を、疑問と共に投稿されたんです。

■その内容というのがこちら

▽「豊胸手術は代償がデカ過ぎる」

マンモグラフィ検診をする際に、医師から「豊胸手術の有無」に関する質問を受けた宇多田さん。どうやら、豊胸手術をしていた場合はマンモグラフィ検診は出来ないこともあるということで、そのリスクについて言及。

さらに、豊胸手術をしている方々に対して、同リスクを知っているのかという疑問を綴られました。

■この投稿には多くの反響が

▽「知らなかった!」

Licensed by gettyimages ®

・豊胸手術を考えたことなかったけど、知らなかった…それは大きな代償だと思う…
・豊胸したい思考やめた…
・豊胸の予定は微塵もないけど、へーと思った。
・そういえば問診票に豊胸手術の有無の項目あった。

など、初めて知った方からはこの様に驚きの声が。


ただ、一方ではこんな声もあり…

・いままで何度かマンモ受けたのに一度も聞かれてない私( ꒪Д꒪)
・でかい自慢だ…

などなど、胸が大きい人しか聞かれないであろう事実に自虐的なコメントを残す方も…。

■どうやら、実際に断られる事はあるようです

「日本乳がん検診精度管理中央機構」のガイドラインには、以下のような記載がありました。

検診マンモグラフィ撮影の場合は、様々な危険を回避するために、現段階では豊胸術実施者に対するマンモグラフィ検診を一般者と同様の条件で受けられることは推奨できない。従って、豊胸術実施者には原則お断りすることを、検診受診者には周知徹底する

出典 http://www.qabcs.or.jp

これを見る限り、やはり豊胸手術経験者は原則的にマンモグラフィ検診は断られてしまう可能性があるようですね。

また、美容系クリニック「THE CLINIC TOKYO」のHPには以下のように書かれており…

乳がん2大検査であるマンモグラフィーとエコーですが、豊胸をされた方、これから考えている方で注意したい点がひとつ。シリコンバッグによる豊胸だとマンモグラフィー検査を断られる場合もあるということ。

最大の理由は、胸をはさむ機器で検診するのでバッグ破損などの恐れがあるからでしょう。特に会社の健康診断や市の検診など団体で受ける場合は、決まった時間内で人数全員分の検診を終えなければならないため断られるケースが少なくないようです。

出典 https://www.theclinic.jp

THE CLINIC TOKYO ホームページより

やはり、この様にマンモグラフィ検診を受けることが出来ないリスクについて言及されています。

また、そのリスクを回避するために「脂肪注入」による豊胸手術を薦めているケースもあるんだとか。

▽同様のケースを語るこんな声も

タトゥーを入れていると、MRI検査が出来ないという事を伝える声も。
(※MRIとは、強力な電波を使って、体内にある水分に作用して断層を撮影する方法)

ちなみに、タトゥーを施してある患部に対してMRI検査をおこなう場合、刺青の色が変化したり、火傷したりするケースがあるんだとか。

ただ、これも実はケースバイケースで、MRIのステラ(磁力)の数値や、入れ墨で使用されているインクに金属成分がどれだけ入っているか次第で変わるようです。

MRI検査(磁気共鳴画像診断装置)を受ける際は、刺青(タトゥー)、アートメイクの有無を聞かれますので、必ず医療機関へ報告、指示に従ってください。

染色色素内の酸化鉄の含有量はほんの微量であり、それにより検査に支障をきたすものではありませんが、気になるようであれば施術前に検査を受ける事をお勧めいたします。

出典 http://artmake-japan.jp

日本メディカルアートメイク協会」のQ&Aよりにもこのような記載が。

出来ないというよりは、「そのようなリスクを伝えた上で、事前に検査するする必要がある場合がある」というのが正しいようです。

■何かを行うには、何かのリスクが伴う

あたりまえの事ではありますが、何か特別な事を行おうとすると、それなりのリスクも存在するのは当然といえば当然。

もちろん、多くの医師の方々は「リスクの説明」をしっかりと話して下さっている可能性が高いですが、その時の気持ちで「別にいい」と判断してしまうのは恐ろしいことですね。

何をするにしても、よく考えて行動しよう。そんな教訓を改めて教えられる宇多田さんのツイートでした。今後ご予定がある方は、ちゃんと考えて決断してくださいね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら