なんかもう税金が高くて死にそうです。

夫婦で毎月50万円くらい払うのか…!?

うちは夫婦で会社をやっていますが、「健康保険料」「厚生年金保険料」「住民税」「所得税」を合わせると…。

おそらく「夫婦ふたりで毎月50万円」くらいの負担になります…。法人作って一期目なのでよくわかってないんですが、たぶんそのくらいにはなりそう。税額などが確定したら、記事内に追記いたします。

あと、会社の利益には「法人税」もかかります。

もろもろ考慮すると、ざっくり年間500~600万円は社保と税金に消えそう…。

500万円あれば、外注スタッフ2~3人雇えますなぁ…。支払ってる年金も、どうせもらえないんだろうしなぁ…。もう全部ビットコインとかにならないかなぁ…。遠い目。

まぁ、こればかりは文句を言っても仕方ない。

ということで、ぼくが実践している節税テクをまとめていきます。

確定拠出年金

まずは、2017年1月から対象が広がった「確定拠出年金」。ぼくは「SBI証券」で、控除上限額の「23,000円」を積み立ててます。

なかなか理解しにくいですが、「会社員が上限額を積み立てていけば、年間8~9万円くらいの節税になる」と理解しておけばいいでしょう。

注意点としては、制度上はまさに「年金」なので気軽に引き出すことはできません。「長期に渡って積み立てて増やし、あとでがっつりもらう」という感じですね。

確定拠出年金は金融商品としての性格もあるので、積極的にお金を増やしていくこともできます。

積み立てたお金でどんな金融商品を買うかは、自分の裁量で決められます。リスク取りたくないなら「定期預金」、がっつりリスク取りたいなら「新興国株」、という具合です。

ぼくはどうせ余剰資金なので、リスクを取っていく方針です。30年後に日本がどうなってるか…遠い話ですなぁ。

SBI証券で確定拠出年金を始める

小規模企業共済

あんまり耳慣れない制度だと思いますが、こちらはフリーランス、中小企業経営者向けの「自分用退職金」です。原則的に、サラリーマンは加入できません

インパクトもなかなか大きくて、最大の「月7万」を納付すると、ざっくり年間20~25万円ほどの節税効果が得られます

こちらも基本的には「長期で積み立てて、あとでがっつり回収する」というシステムです。確定拠出年金に比べれば途中解約などはシンプルです。

なんといっても効果が大きいので、「独立したら、事業がけっこう儲かって、税金つらい…」という場合にはかなり活躍する制度です。申込みが信じられないくらい面倒なんですが、妻ががんばってくれました。

小規模企業共済に申し込む

ふるさと納税

最近話題のふるさと納税も、フル活用しております。

こちらは「住民税を支払う自治体を自分で選ぶことができる(そして返礼品がもらえる)」という制度。

厳密にいえば税金が減るわけではない(直接的な「節税」ではない)のですが、返礼品がもらえるので、税金の負担感は大きく減るわけです。

返礼品のキャッシュバック率は、概ね40~50%程度。たとえば山口県山口市に30,000円寄付をすると、15,000円分の宿泊券をもらうことができます。

どうせ住民税は払わないといけないわけですから、制度を利用しないのは損ですよね。2017年もひきつづき、良くも悪くも盛り上がっていくのでしょう。

ふるさと納税を始める

事業を広げて、経費にできる幅を増やす

ブログメディアがいいのは、経費の幅が広いんですよ。

たとえば「旅行にかかった費用」なんかは合法的に経費になります。旅レポートを書くのも事業の一貫なわけですから、文句なしに正当です。これは税理士さんにも確認済み。

家電製品やガジェットを買うお金も経費にしています。ぼくは「おすすめ 家電」で上位取ってる家電ブロガーなので、これも正当に経費です!

グルメレポも書いているので、外食にかかるお金も経費にしています。これも違和感ないですよね。高知グルメネタはうちのブログの人気コンテンツです。

関連記事:イケダハヤトが高知に移住して「本気で」感動したグルメまとめ

ブログメディア事業は経費の柔軟性も魅力のひとつだと思います。

…かといって、あんまり攻めすぎると税務署から怒られそうですが。プロの税理士のアドバイスのもと、自己責任でやっていきましょう。

ちなみに顧問税理士を雇うコストは意外と安くて、毎月1~5万円程度でお願いできちゃいます。うちはフルパッケージで月5万払ってますが、その価値は大いに感じております。

税理士ドットコムで税理士を探す

法人化して節税する

会社を作ることによって、節税の選択肢は大きく広がります。「フリーランスでやってるけど、税金が高くて死にそう」という人は、ぼちぼち法人化を考えるべし。

うちの場合は、「妻とふたりで会社経営をしている」というかたちを取っています。よくある「家族を名ばかり役員にする」というやり方ではなく、普通に仕事してもらってます。うちの屋台骨ですよ!

ふたりで会社を経営することで、たとえば「年収1,000万」を「年収500万×2人」に分割することができます。所得税は累進課税なので、分割することで総額を下げることができるんですね。

他にもいろいろと、「法人ならでは」の節税テクニックがあるようです。うちの顧問税理士にインタビューして、いろいろ聞き出してみようと思います!追記をお待ちください。

「節税しすぎ」も問題だ

わが家は計算してみると、確定拠出年金と小規模企業共済だけで、年間200万円近いお金を突っ込んでいるんですよねぇ。

自分が将来受け取るお金なんで別にいいんですが、「その200万円、別のことに今すぐ使った方が楽しいことができそう」と思うのも事実です。

会社として物件や土地を買うとか、業務用の冷蔵庫を買うとか、ウェブサイトを購入するとか、ゲストに貸出すためのキャンピングカーを買うとか、スタッフを増やすとか、そっちに回した自分たちのためになりそう…。

会社として資産をバシバシ購入して、利益を減らし、役員報酬を減らす」というのが、実のところいちばん効果的な節税なのかなぁ、と法人一期目にして気が付きました。

そもそも個人としてお金を溜め込んでも、特につかいどころがないんですよね…。それならむしろ、会社でお金使った方がみんなハッピーになりそう。ぼくが死んでも会社の資産になるわけで。

とまぁ、会社経営はなかなか難しいです。

2017年4月で二期目。今年も淡々と事業を伸ばし、社会にインパクトを与えていきたいと思います!

関連記事:「地方移住」して丸2年。メリットとデメリットを語ろう。

権利侵害申告はこちら