記事提供:日刊大衆

タレントのベッキー(32)が、「JR博多シティ」の2017年度の広告モデルに起用されることが明らかになった。昨年1月に報じられた不倫騒動でしばらく活動休止していたベッキーだが、9月より活動を再開。

徐々に活躍の場も増えており、世間にはベッキー復帰を歓迎するムードが漂っているようだ。

今年で開業から6年目を迎える福岡市の人気施設「JR博多シティ」。2017年はさらなる新鮮なムーブメントを創出することを目標に、“新たな一歩を今一番期待される女性”として広告にベッキーを起用することになったという。

ベッキーもインスタグラムで広告モデルに起用されたことを伝えており、「JR博多シティさんのCMと広告に出させていただけることになりました」「わくわく」と新たな仕事に胸を弾ませている。

「ベッキーは、1月15日から復帰後初のレギュラー番組となる『北海道からはじ○TV』(北海道文化放送)が始まったばかりです。

最近では、『モシモノふたり』(フジテレビ系)で、妹のジェシカ・レイボーン(31)とともに1泊2日の共同生活をし、休業中の出来事を赤裸々に語って話題となりました。

昨年は厳しい意見が寄せられていたベッキーですが、誠意のある態度やありのままの素顔を見せるようになったことで、世間の印象も変わってきているのでしょう。最近では彼女の活躍に好意的な意見や応援する声も目立ってますね」(芸能誌記者)

ベッキーの広告モデル起用に、ネットでも「たくさんテレビで見られるのうれしいな~もっともっと増えろ~!」「ベッキー待ってたよ!本当おかえり!」とエールを送る人は多い。

さらに「地元博多でベッキーのCMが流れるとかうれしすぎる!」「博多!!毎日ベッキーが見られるの楽しみにしてるね!」と福岡県民も喜んでいる様子だ。

夏には映画『JKニンジャガールズ』に出演することが決まっており、女優としての活動もスタートするベッキー。

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)、『にじいろジーン』(フジテレビ系)など、かつてレギュラー出演していた番組への復帰も待たれる。

2017年はベッキーにとって新たな一歩を踏み出す年になりそうだ。

権利侵害申告はこちら