日本のスマートフォンの中で圧倒的なシェアを誇るiPhoneですが、みなさんは使われていますか?

電車や街中ではAndroidのスマホよりもiPhoneを持っている人をよく見かけますし、この記事をiPhoneで見ているという人もいると思います。

そんなiPhoneを利用している人の中には知らない間に、他人に自分の名前がバレてしまっていることがあるんです。

なんで名前がバレてしまうのか、特にiPhone設定などをしたことがないという方は改めて確認してみてください。

テザリング中に「◯◯のiPhone」と自分の名前が表示されるケース

たまに電車内やファミレスでWi-Fiに接続しようとする時にWi-Fiの名前で「◯◯のiPhone」と表示されているのを見かけたことはありませんか?筆者は何度か見かけたことがあります。

また、自分がiPhoneでテザリング機能を使っている時に名前が表示されるけど気にせず使っているよという方もいるかもしれません。

これはとても危ない状態だと考えられます。この表示になってしまうケースとして、iPhone自体の設定で、初期設定のままで使用している人に多く見られます。

そのため、自分がテザリング機能を使っている時は不特定多数の人に自分の名前を公表してしまっている状態に。

「周りに人がいっぱいいるから大丈夫でしょ」と思われるかもしれませんが、近くに数人しかいない場所でそれが表示されているとしたら、ある程度は名前で男性か女性か判断できるので、特定されてしまいますよね。

名前がバレないためにも…「設定」>「一般」>「情報」で変更を

iPhone、iPad、iPod touch の名前を変更するには、以下の手順を実行してください。
iOS デバイスで、「設定」>「一般」>「情報」の順に選択します。最初の行をタップすると、デバイスの名前が表示されます。デバイスの名前を変更してから「完了」をタップします。

出典 https://support.apple.com

特に難しい操作は必要ではなく、ホーム画面から「設定」>「一般」>「情報」をタップして自分だけが分かる名前に変更しましょう。

たったこれだけですが、中には名前がガッツリ表示されたままの人もいるので改めて確認してください。

テザリングだけじゃない…「AirDrop」でバレる可能性も

AirDrop を使うと、近くで Apple 製デバイスを使用している人と、写真、ビデオ、Web サイト、位置情報などを共有できます。

出典 https://support.apple.com

iPhoneやMacなどApple製品で周りの人とカンタンにデータや情報のやりとりをする「AirDrop」という機能ですが、公式サイトにもあるように「近くでApple製デバイスを使用している人」であれば情報を共有できるんです。

なので特に設定をしていなければ、いきなり知らない人から怪しい画像やデータも送られてくる可能性がありますし、この機能を使う時に誰に送るかを指定できるので、先ほどの名前を変更していなけば、名前もバレて、且つ変な情報も送られる羽目になります。

AirDropの公開範囲を「連絡先のみ」に変更するべし

こちらも難しい設定は必要なく、ホーム画面の下部を上にスライドし、メニューを表示されます。
そして「AirDrop」を選択すると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」が表示されるので

・AirDropなんて使う機会がないよ!という場合→「受信しない」
・友人や知人との間で使うという場合→「連絡先のみ」
・ガンガン使うし、AirDropについては問題ナシ!という場合→「すべての人」

に設定するだけでOKです。

ただAirDropは機能としてはとても便利なので、ちょっとしたデータのやり取りの際に試してみて下さい。

iPhoneは使いやすいけど最低限のセキュリティは設定しよう

筆者は以前、携帯販売の仕事をしていてiPhoneの設定などの手伝いを何度も行なってきました。

とても使いやすい端末でホームデザインも素晴らしいのですが、何も設定しないと上記のような落とし穴があります。

設定や情報の変更は数分で出来るのでこの際に覚えて安全にスマホを利用してください!

この記事を書いたユーザー

品川シーサイド このユーザーの他の記事を見る

何かあればコチラまで
sanya.v.litvyak10@gmail.com

得意ジャンル
  • インターネット
  • 暮らし
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら