昨日は都内で結婚式の司会。

ケーキ入刀の時に集まりにばらつきがあったので、アドリブで「ケーキ入刀の儀式の由来」について話をしたら「へ~そうなんだ~」との声が。

そうか、考えてみたら僕たちのように司会をする人間以外はそこまで意識しないかもしれないですね。

結婚式での定番となっているケーキ入刀は起源については諸説あります。

いつ始めたのか、その理由が何なのかは物的証拠とともに正確なデータが残っているわけではありません。しかし、私たち司会者が一般的に聞いている内容としては以下の通りです。

昔、ヨーロッパである「食物には困らない家庭」があって、花嫁が腕を振るって何段にも連なった大きなケーキを作った。

そのケーキにナイフを入れるときに花婿が「一緒にやろう」と言い始めた。

「僕たちはお互いに忙しく、今まで結婚しても『二人で何かをした』ということがなかった。これは二人での初めての『共同作業』だ」と。

ケーキにナイフを入れ、二つになったケーキを見て、花婿が言った。

「ごらん、ケーキは二つになった。これからは二人で、こうやって幸せを2倍にしていこう。そして、ケーキはそれぞれ半分の大きさになった。これからは二人で悲しみを半分にしていこう」

それらは列席していた観客の同意を得て、この儀式は結婚式にとても大切な意味合いを教えてくれるのではないか?と世界中に広まっていった。

とても分かりやすいいい話なんですけれど、じゃあ日本ではなんで「入刀」と言ってナイフを数センチ入れるだけでやめてしまうのかって話。

真っ二つに切ってこそ意味があるんですけれど、これは結婚式をはじめ催事の決まり事である『忌み語』を避けるためだと言われています。

「切る」「分かれる」「出る」といった言葉はそれぞれに「不吉だ」「縁起が悪い」というクレームが日本では常に入り、最終的に「切るのではなくナイフを数センチ入れる」という儀式になったのだとか。

これって、とても私はよく分かる気がするのですね。と、言うか日本人の気質をとてもよく表している。

所詮同じケーキなわけです。

所詮ナイフを入れる行為です。

一緒なんです。どっちでも。

でも「4」を『死ぬ』と言いたがる日本人なんです。

「4」は『幸せ』とは言わない日本人。

なので、せっかくのこのケーキ入刀の儀式の大切な意味合いが失われているんです。

この儀式のミソは、「全く同じ状況なのに、考え方によってはいい方向にも悪い方向にも見えるよね、だからいい方向に考えていこう」が答えなわけです。

だって、ケーキ切っただけなんだから。

それを新郎は、

「見方によっては二つに増えた=幸せ二倍」

「見方によっては半分の大きさになった=不幸半分」

って言ったわけです。

ポジティブなものの捉え方がいいよって教えですね。

でも日本人は、まず「縁起」とか「伝統」を大切にして「ケーキを二つに分ける」という行為をやめてしまった。なので、日本ではこの儀式は「ただのシャッターチャンス」になっちゃったよ、という話。

伝統を大切にすることを私も否定はしません。

しかし、前向きに受け取る、同じ事象をとにかくネガティブに受け取る性質は、結局は非難と批判しか生まない気がします。

ちょっとお説教臭いコラムでした。

アナウンサー豆知識ですね。

ま、アナウンサーの仕事してないけどね。

権利侵害申告はこちら