記事提供:日刊大衆

ナインティナインの岡村隆史(46)が、1月19日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、女性ファンの写真マナーについて苦言を呈した。

「芸能人を街で見かけたら、つい2ショット写真をお願いする人は多いと思いますが、芸能人の中には快く思わない人もいるみたいです。ジャスティン・ビーバー(22)は、自分が“動物園の動物”になったみたいに感じてしまうという理由で、ファンとの写真撮影をNGにしてます。今回ナイナイの岡村さんは、ファンからのお願いにちゃんと応じたものの、なかなか変わった写真の撮られ方をしたことに驚いたようですね。スタジオのスタッフも笑ってました」(お笑いライター)

この日の番組で岡村は、正月明けに喉を手術したことからまとめて休みを取り、友人とグアム旅行に出かけた話を披露。

南国でのプライベートをリスナーに語ったが、空港で写真を頼まれた際に、相手の女性が写真アプリ『SNOW』を使って自分の顔だけ加工させて写真を撮ってきたのだという。

岡村はこの行為に驚いたようで、「なんですかねあれ、自分だけSNOWにしてさ、ペロ~ンって。俺だけ普通の顔で…」と状況を説明。「ありがとうございますって撮るのよ、なんやと思う?」「あんなん(SNSなどに)上げれたらめっちゃ恥ずかしいやん…アホみたいでしょ」と力なくコメントしていた。

権利侵害申告はこちら