鉄道オタクのなかには「撮り鉄」といわれている人たちがいる。

彼らは列車や駅舎などを撮影することにこだわっている鉄道オタクで、あまりにも興奮しすぎて過剰な撮影スタイルを実行し、駅員や乗客に迷惑をかける人もいる。

・ついに我慢の限界!

京王線は、そんな撮り鉄に対して「我慢の限界」が訪れたようだ。あまりにも危険行為やマナー違反が目立つため、撮り鉄に対して「注意事項」の掲示を開始したのである。

その内容は以下のとおり。

・京王線からのお願い

駅構内やホーム上での列車撮影時には、以下の事柄を禁止とさせていただきます。列車運行とお客様の安全のために、皆様のご理解とご協力をお願い致します。駅長

フラッシュ使用禁止

三脚禁止

脚立 足場禁止

黄色線から出る事を禁止

・ただ単に「自業自得」と言えない

列車(運転手)や乗客に対してフラッシュの使用は極めて危険だし、三脚や脚立が転倒などの事故に繋がることもある。

また、黄色線からはみ出ての撮影は、ホームドアがない場合に人身事故の危険性も生まれる。

事故が発生したとき、ただ単に「自業自得」と言えないのが鉄道事故である。多くの人が迷惑に感じ、そして怒りに震えていることを念頭に置いて行動したい。

権利侵害申告はこちら