記事提供:Techinsight

漫画家でタレントの蛭子能収が、テレビ番組の企画で一般人と麻雀勝負しながら「名古屋から“麻雀をしながら”東京を目指す」という一人旅に挑戦。自身のツイッターで参加者を募ったところ、有吉弘行がリツイートしてくれたおかげで広く拡散された。

ただ、たくさん人が集まりすぎたのか蛭子がてんてこ舞いしているようだ。

最近の蛭子能収は心機一転、ツイッターやブログを定期的に更新している。それまでブログは5年間放置、ツイッターは年に1回しか更新していなかったため、フォロワー以外でのぞきに来てくれる人が少ないことが悩みだという。

そんな彼のツイッターをフォローしている有吉弘行は昨年の春、1年ぶりにつぶやいた蛭子に「久々にエビちゃんがツイート!!」と反応していた。

この時は自身のサイン会の告知であったが、17時半から始まるサイン会のお知らせを当日の14時近くにツイートするという唐突さであった。そのためフォロワー数600万人超の有吉がリツイートしても、告知が行き渡らなかったようだ。

今回はテレビ番組の企画のために26日、「俺と麻雀してくれる方を募集しています。1月28日午前9時に名古屋駅近くの太閤通口交差点に集まってください」と蛭子がつぶやいたところ、有吉がすぐにリツートしたので瞬く間に拡散された。

いつも蛭子のつぶやきは平均2桁、多くても300件ほどのリツイート数なのだが、有吉効果で7000件を超えたのである。

この企画の詳細は放送前なので明かせないようだが、参加者が集まらないとお蔵入りの可能性もあったらしい。

だが28日のオフィシャルブログ『えびすにっき』に投稿された写真を見ると多くの人が集まっており、蛭子のマネージャーから「たくさんお集まりいただきありがとうございます!」と感謝の言葉が述べられている。

また“麻雀”企画ということで、『蛭子能収(ebisu_jp)ツイッター』には「レート教えてください!」「お金かけたらダメですよ。笑」というコメントも入っており、「かけないですよ」と蛭子本人が丁寧に否定していた。

権利侵害申告はこちら