シャルケの日本代表DF内田篤人は、現地時間8日にアウェイで行われたヨーロッパリーグ(EL)ザルツブルク戦で21ヶ月ぶりの公式戦復帰を果たした。

出典 https://www.footballchannel.jp

ドイツのブンデスリーガ1部・シャルケで活躍する日本代表DFの内田篤人選手が、去年の12月8日に行われた試合で約21ヶ月ぶりに復帰を果たしました。

右膝膝蓋腱(しつがいけん)という大きなケガをした内田選手がテレビ番組でお笑い芸人・又吉直樹さんとの対談で当時の心境を語り、その対談である女性お笑い芸人に勇気づけられたことを明かしました。

週5でご飯を一緒に食べていた!?その芸人さんとは…

内田選手は長いリハビリ生活を多くの人に支えられてきたと語り、21ヶ月もの時間がかかってしまったことは「僕の中では最短でやってきたつもりだけど、これだけかかってしまった」と振り返りました。

そんな辛い状況で支えのひとつになった人物が

「言っていいのか分からないけど…ハリセンボンの近藤春菜さん。しょっちゅう僕週5くらいでご飯食べてましたね。リハビリで日本にいる間」

「ご飯だけ食べて、笑わかしてくれて帰る…みたいな(笑)」

出典2017.1.29放送『追跡LIVE!%20Sports%20ウォッチャー』

なんとお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜さんだったそうです。これには又吉さんも驚きの様子で、内田選手が日本にいる間は週5でご飯を一緒に食べていたそうです。

また、その食事内容は「笑わせてくれて、帰る」と語られ、又吉さんからは「やってることお母さんじゃないですか!」とツッコミも。

ハリセンボンの近藤春菜さんといえば、アイドルやアーティストなど数多くの芸能人と仲がいいことは知られていますよね。ですが内田選手ともそんな仲だったとは驚きました。

「祈ることしか出来ない」ハリセンボン近藤春菜の内田篤人への気遣い

「早く良くなってピッチに立ってほしいっていう気持ちはもちろんあって、でも祈る事しかできないので…だったら一瞬でも忘れられるような…ただただ楽しいご飯会とか、そういうのをしたいなと思ってみんなでワイワイしてました」

「初めて会う人に『膝どうなんですか?』とか聞かれるときに、本人は普通にしゃべるんですけど、なんかこっちが辛いって場面もあったりして…本人はあんまり出さないようにしてましたけどね」

出典2017.1.29放送『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』

近藤春菜さんは番組内でその内田選手との食事について語り、自分には何も出来ないけどケガの事を忘れられるようにご飯会をしていたといいます。

内田選手がケガのことを普通に話す一方で、周りがツラくなってしまうことも明かした春菜さんですが、そういった内田選手の気遣いや春菜さんの優しさも垣間見えますね。

大怪我で辛いリハビリを乗り越えた内田選手。更なる活躍に期待したい

「だんだん靱帯が骨化って言って骨になる。動かなくなってくるし痛みもとれないし。試合後は階段の昇り降りも大変でしたし、どんどんギューって硬くなって骨がバンバン広がっていくのが分かる」

出典 http://news.livedoor.com

内田選手は別番組でケガの内容についても赤裸々に語り、練習に行く時やリハビリ中もよく泣いていたことを明かしました。

スポーツ選手にとって、故障での長期離脱からパフォーマンスを取り戻すのはとても難しく、とても大変な苦労や努力がないと出来ないことだと思います。

それでも見事に復活を成し遂げた内田選手には、海外でのプレーを期待するとともに、また日本代表のユニフォームを着てもらうことを祈っています!

この記事を書いたユーザー

品川シーサイド このユーザーの他の記事を見る

何かあればコチラまで
sanya.v.litvyak10@gmail.com

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら