記事提供:Conobie

『愛妻の日』とは、一体どんな日なんでしょうか?

初めて知った「愛妻の日」

ある日、コノビーさんよりおっさんに1通のメールがきました。

コノビー編集部「1月31日は愛妻の日なのはご存知ですか?」

コノビー編集部「奥様にお花を贈って“ありがとう”と、感謝を伝える日なんです。ぜひ、でっかいおっさんさんも、伝えてみませんか?」

おっさん「ドラマみたいなリアクションは期待できないですよ?冷めた夫婦なので!」

※ちなみに、妻のホリカンもコノビーで連載をしています。

おっさん「恥ずかしいですけど、まぁ普段そんな機会ないので承りましょう」

こんな流れでおっさんは、妻のホリカンにお花を贈ることにしました。

いざ、花屋へ!

普段、花屋になんて行かないおっさんは緊張しながら近所の花屋さんへと向かいました。

すると話しかけてくるキレイなお姉さん…。

(もちろん、キレイなお姉さんのいる花屋を選びました)

『贈り物ですか?』

「そうなんですけど…花なんて買ったことないので、妥当な値段が分からなくて…」

『もらい慣れてない方でしたら、花瓶もないかもしれませんし、こちらのお花なんてどうでしょうか?』

店員さんにすすめられるがままに、かご付きのお花を購入したおっさんは、意気揚々と引き上げ、夜渡すまでは車に隠しておきました。

車に隠していると

子どもたちを迎えに行った時に、長男が、一早く車の花に気がつき、

長男「これどうしたん?」

おっさん「お母ちゃんにプレゼントしようと思って」

長男「え?プロポーズするの?」

おっさん「いやプロポーズはしないよ。結婚してるんだから」

長男「え?じゃあ誰にプロポーズするの?」

おっさん「いやお母ちゃんに“いつもありがとう!”って言って、プレゼントしようと思ってさ」

おっさん「渡すまでは内緒ね」

長男「OK~」

なんて会話を繰り広げながら、夜を待ちました。

子どもたちの見ている前で、いざ!!

お花をあげる機会なんてそうないので、子どもたちにも見てもらおうと、

子どもたちも起きている時間に…、

緊張して照れながら渡すと妻のホリカンは、

「え!これ何なん?何の日なん?」と驚いている様子でしたが…、

普段お花をもらう機会もあまりない彼女は、

それなりに喜んでいる様子でした。

子どもたちも、父親が母親に感謝を伝えている姿なんて、見たことがなかったと思うので、とてもいい時間が持てました。

これはもしかしたら

「もしかしてこれは…久しぶりに」

「こんな可能性もあるかも…」と、晩酌をしながら考えていましたが…、

そんなこともなく、その日は終わりました。

普段こうして言葉や形にして妻に伝えることは、なかなかないので、

喜んでくれて良かった。

普段しないことでもこうして、やってみると良いもんだなぁと思いました。

権利侵害申告はこちら