現代の文明の利器「ツイッター」で、やけにつぶやき続けられるこんなこと。

続々投稿される「マダムジュジュ」という単語。ツイッターを中心に、やたらと多いこの言葉。いったい何なのでしょうか?

そう、コチラの商品が「マダムジュジュ」。絵といい、自体といい、全体的にレトロな雰囲気のこの商品。

実はこれ、パックのようにつかうクリームなんです。

ジュジュ化粧品株式会社の「マダムジュジュ」という商品です。

ご覧のとおり、1950年登場のロングセラーなんです。私たちの親の世代、いや祖父母の時代?からあるものです。

この白いクリームをパックのように顔に塗ると、ハリ、ツヤ、エイジングケアなどの効果が期待できます。乳液だとか美容液だとか、アレもコレも…、なんてやる必要はいっさいなし。このクリームひとつで、翌日には憧れの肌を手に入れられるのだとか。

洗顔やお風呂後に、何もつけていない状態で顔全体に伸ばします。5~10分放置(パック)。その間にクリームが地肌にじわじわと浸透していきます。

実はこの「マダムジュジュ」というスゴいクリームは、親(祖母)世代の大ヒット商品

当時は、「25才以下はお使いになってはいけません」というキャッチフレーズがあったようです。「マダムパック」という「パック」という概念が当時からあったのも驚きですね。

昭和38年頃になると、就寝前にたっぷり厚めに塗るという「マダムパック」を提案していたのだとか。

歴史が長い商品なだけに、祖母→母→娘という三代で使用する家庭もあるそうです。

マダムジュジュって化粧品知ってる?最近若者向けの香りも出たらしいけど、かなりいいらしいよー!うちの祖母が長年愛用しているやつ(笑)

出典 https://twitter.com

これだけ長い間女性たちに愛用され続けているということは、成分などもいいのでしょう。

マダムジュジュには、3つの特徴があります。

まずは、天然補油成分「卵黄リポイド」を配合していること。

卵黄から美容成分であるリポイドの抽出に成功しました。リポイドは人間の皮膚表面の皮脂に類似した脂質類が含まれている天然補油成分で、肌なじみが良いのが特徴です。

出典 http://www.juju.co.jp

そして、熟成バニシングクリームを使用しています。

中油性クリームの代表で、高級脂肪酸であるステアリン酸が主成分です。油分が少なく、皮膚上にのばすとバニッシュ(vanish:消える・見えなくなる)することからバニシングクリームと呼ばれています。

出典 http://www.juju.co.jp

3つ目は、熟成製法と独特のパール感も素晴らしい!

製造直後には、マダムジュジュ特有の真珠のようなパール光沢は、実はありません。20~25℃でクリームを長期間(21日間)熟成させることにより、パール光沢と独特の使用感を生み出します。

出典 http://www.juju.co.jp

それぞれの詳細は、ホームページ「マダムジュジュ3つの特徴」でご確認ください。

皮膚の保護として、化粧下地として、さらには髭剃り後などにも効果的だというのだから、男女問わず使えそうですね。しっかりと皮膚を守ってくれます。クリームを塗ると、薄い膜になり、通気性をそこないません。そして水分と栄養を与えていってくれるのです。

SNSでも「マダムジュジュ」の投稿は後を絶ちませんが、その効果は驚くほどだとか。

あまり知られていなかった「マダムジュジュ」は、実は超長い間、ずっと人気商品だったのですね。昔ならではのシンプル成分で、女性たちの肌を守り続けてくれていたようです。イマイチしっくり来るクリームやパックに出会えないなんていう人は、一度試してみる価値があるかもしれませんね。

※「マダムジュジュ」は多くの人に効果がでているようですが、肌は個人によって敏感肌だったり肌トラブルになる場合もありますので、使用する際は、個人の責任でお願い致します。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら