今月、あるコミックスが23年ぶりに新刊を発売しました!

集英社から、ある少女マンガの新刊コミックが出版されて話題になっています。

大人の女性たちが「本屋に行かなきゃ!」と走り出したくなる、かつて小学生女子から圧倒的に支持された少女マンガの23年ぶりの新刊でした。

「姫ちゃんのリボン(短編集)」が新発売!

そのコミックとは、「姫ちゃんのリボン(短編集)」(水沢めぐみ作)なんです!

実はここ数年、「姫ちゃんのリボン」は雑誌りぼんや女性向けファッション誌などに読切作品がいくつか掲載されていました。このたび、その短編作品をまとめてコミック化となったようです。

「トリオ☆トラブル」(初出:りぼん2015年8月号)
「素直な心で」(初出:BAILA2015年9月号別冊付録)
「イブの贈り物」(初出:2016年冬の大増刊号りぼんスペシャル)
「もうひとりの有坂くん」(初出:2016年夏の大増刊号りぼんスペシャル ミント)
「春色の風」(初出:2017年冬の大増刊号りぼんスペシャル)
「おまけ▼のぺえじ」(描き下ろし)※▼はハートマーク

出典 http://natalie.mu

アニメ化もした大ヒット少女マンガ

「姫ちゃんのリボン」は、小中学生向けの少女マンガ雑誌「りぼん」で1990年~1994年に連載されていた少女マンガです。

野々原姫子は元気でボーイッシュな中学生。ある日、魔法の国の王女・エリカから、魔法のリボンを渡され、他人に変身する力をもつ。

ケンカ友だちの小林大地とともに、さまざまな事件を乗り越えて…!?

出典 http://www.s-manga.net

「魔法のリボン」で変身して事件を解決する、という魔法少女のストーリーは当時の読者に大ヒット。変身のときの呪文パラレル パラレル ○○になーれ」「ルレラパ ルレラパ 元の姿になーれ」や、決めセリフ「いけいけゴーゴー、ジャンプ!」など印象的な言葉が多くありました。

1992年にアニメ化されると、当時デビュー間もないSMAPが主題歌を担当し、姫ちゃんの憧れの先輩・支倉浩一の声を草彅剛さんが担当していたことを覚えている方もいるのではないでしょうか。

当時の絵柄、デザインをそのまま再現!

ここ数年に連載された作品ですが、この新刊の表紙を見てわかるように、当時の姫ちゃんそのままの絵柄!

作者の水沢めぐみさん自身が、当時の作品を横に置きながら執筆するなど、かつての作風を完全に再現しようと努力されたことをコミック巻末の裏話で語っています。

かつてのりぼんコミックと同じ「枠のある表紙デザイン」

出典 http://page15.auctions.yahoo.co.jp

同じく、表紙デザインについても作者・水沢めぐみさんの希望で、1990年代に出版されていたコミックと同じものに仕上がっています。

現在発行されている通常のりぼんコミックは「表紙が枠のないデザイン」ですが、このコミックは1990年代当時のデザインそのままの「四角い枠がついた」デザインになっています。

21世紀の新刊です!と言われないと、当時の古いコミックかな?と勘違いしてしまいそうなくらいに、まさに”あの当時のままの「姫ちゃんのリボン」”が楽しめるのです。

「この年になって新刊が読めるなんて…!」ネットでは喜びの声

すでに書店では売り切れてしまっているところもあるようですが、実際に購入した方たちからは「当時のそのまま!」と喜びの声が上がっています。

いつものメンバーが、いつも通り!

姫ちゃんと大地の2人も…

絵も話も、前の雰囲気のまま!

他にもあった!実は新刊が出版されている90年代の名作漫画

新刊が出版されているのは「姫ちゃんのリボン」だけではありません。実はここ数年、1990年代に「りぼん」で大ヒットした少女マンガの新刊が出版されているのです。

▼「ママレード・ボーイ little」吉住渉

1992年~1995年に「りぼん」で連載され、1994年にはテレビアニメ化もされた吉住渉さんの人気少女マンガ「ママレード・ボーイ」。こちらも、2013年より月刊マンガ誌「Cocohana(ココハナ)」で続編「ママレード・ボーイ little」として連載されており、すでに5巻まで出版されています。

内容は「ママレード・ボーイ」最終回から13年後が舞台で、光希と遊の弟・朔と妹・立夏が主人公の物語です。懐かしいかつての登場人物たちも大人になって登場しています。

▼「めだかの学校 2限目!」森ゆきえ

1996年から2005年まで「りぼん」や「りぼんオリジナル」で連載されていた森ゆきえさんの「めだかの学校」。奇人変人ぞろいの中学校へ転校してきた少女・めだかを描いた伝説のギャグ漫画が、約10年ぶりに新刊を出版しています。

こちらは前作の続きではなく、めだかが中学校に転校してくる場面から、改めて描かれています。

▼「ときめきトゥナイト」池野恋

1982~1994年まで「りぼん」で連載され、アニメ化もされた池野恋による人気少女マンガ「ときめきトゥナイト」。江藤蘭世、市橋なるみ、真壁愛良の3人が主人公となる3部構成の壮大なストーリーが魅力の伝説的コミックです。

現在発行中の雑誌「Cookie(クッキー)」3月号(集英社)には完全新作エピソードが掲載され、話題となっています。

これまでにも番外編がコミック化

出典 https://www.amazon.co.jp

これまでにも、2002年にはキャラクターの名前と設定を大幅変更したリメイク作品「ときめきミッドナイト」が連載されていたり、「ときめきトゥナイト」としては2013年に「ときめきトゥナイト 真壁俊の事情」、2015年に「ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち」など、全編描き下ろしの新作コミックが出版されていました。

あの頃のドキドキが蘇える!?オトナ女子におすすめ

「姫ちゃんのリボン」「ママレード・ボーイ」「ときめきトゥナイト」など、かつて小さな女の子だった読者を狙い撃ちするような、名作の新刊たち!

手に取ると、かつてのドキドキがよみがえること間違いなしです。そして、当時のコミックを読み返したくなってしまうかもしれません。

気になる方は、ぜひ書店でチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら