記事提供:日刊大衆

1月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、芸能リポーターの駒井千佳子氏(51)が出演。

お笑いタレントである狩野英孝(34)と交際していたモデルの加藤紗里(26)との因縁について明かし、ダウンタウンの松本人志(53)、お笑いタレントの東野幸治(49)、HKT48の指原莉乃(24)らを爆笑させた。

この日、番組では狩野と女子高生との未成年交際疑惑を紹介し、トークが繰り広げられた。

この件でコメントを求められた指原は「この間の(6股騒動)は、全体的に登場人物が面白かったじゃないですか。特に加藤紗里さんとかってすごい面白い。最終的に周りから見たら“なんかウケる”みたいな」と、6股騒動は深刻な感じはなかったとコメント。

続けて「今回のは笑えないというか、たとえばこれから先、(狩野が)戻ってきたときに、他の芸人さんが面白くしたとしても、テレビで見ている人はちょっと笑えないというか」と、自身の考えを明かした。

ここで東野が、今回の狩野の元交際相手である加藤も取材を受けていたことについて触れ、駒井氏に「加藤紗里さんとちょっと因縁みたいなのがあって?」と話を振ると、駒井氏は「この話していいんですか?」と、確認を取ってから、その詳細について語り始めた。

駒井氏はかつて加藤がついた嘘をテレビ番組で暴露したのだが、その場で議論になった結果、駒井氏がいじめた感じになってしまい、加藤は号泣したという。

しかし、収録後に楽屋にやってきて“いろいろごめんなさい”と謝ったため、駒井氏は加藤を慰めたのだが、その直後、ブログに“駒井のババアにだけは負けない”と投稿されたのだという。

この加藤の仕打ちにスタジオは爆笑に包まれ、松本も「最高やな!鮮やかやわ~」と大笑いしていた。

「駒井氏とのエピソードは昨年11月に放送された『お笑いワイドショーマルコポロリ!』(関西テレビ)での出来事ですね。加藤はこの日のことをブログに書いているのですが、後になって“駒井のババア”という文言を外しています。天然なように見えて、実は計算高い加藤の一面がうかがえますね」(芸能誌記者)――加藤のほうが一枚上手だった!?

権利侵害申告はこちら