(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

2017年1月23日(月)に、2017年3月に公開を控えた映画「3月のライオン」の場面写真が公開された。

その完成度の高さにファンからは「原作の雰囲気そのままだ…凄すぎる…!!」「川本家の食卓がこんな忠実に再現されるなんて!」「これが映画全編だとしたらとんでもない完成度だぞ!」と期待の声が上がっている。

2017年3月18日(土)に前編が、4月22日(土)から後編が公開される映画「3月のライオン」は、家も家族もなく深い孤独を抱えてすがるように将棋に打ち込んでいた17歳のプロ棋士・桐山零(神木隆之介)を主人公に、彼と彼をめぐる人々の姿を描いた物語だ。

今回、そんな同作の場面写真が公開。

零の支えとなる川本3姉妹とのにぎやかな食卓シーンも公開され、「写真だけで零にとってあったかくて大切な空間になるんだな~って感じ」「この後、お腹いっぱいになった零くんがここで寝ちゃうところまで想像できた!」といった声が続出。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

さらに、零の義理の姉で、零に対し辛辣な態度をとる香子(有村架純)と、彼女とつかず離れずの関係を続ける九段の棋士・後藤正宗(伊藤英明)と対峙する緊迫のシーンでは「伊藤英明の後藤九段めっちゃ悪い顔してんな」「香子と後藤のなんとも性格の悪そうな笑い方が最高!!」という声も。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

その他にも、零が凛とした表情で真っすぐと前を向く対局中の姿をはじめ、島田開(佐々木蔵之介)と二海堂晴信(染谷将太)と研鑽を積む島田の自宅での研究会シーン、東京の街を全力で駆ける零の姿が切り取られている。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

大友啓史監督からも「どこへ向かって、どんなふうに生きていけばいいのだろうかと悩む桐山零は、誰もが自分の青春期を思い浮かべた時に自己投影できる主人公」「口に出せない想いや衝動を共有できるのではないでしょうか」というコメントが寄せられている同作。

公開がますます待ち遠しい!

映画「3月のライオン」

公開:【前編】2017年3月18日(土)【後編】4月22日(土)2部作連続・全国ロードショー
原作:羽海野チカ
監督:大友啓史
脚本:岩下悠子、渡部亮平、大友啓史
出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、前田吟、伊藤英明、豊川悦司ほか
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース
公式サイト

権利侵害申告はこちら