記事提供:ホリエモンドットコム

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」

ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、話題のドラマ「高齢者の年齢引き上げ」について。

「高齢者=75歳以上」で、若者の仕事や暮らしが激変!?

ホリ 日本老年学会などが、現在65歳以上としている高齢者の定義を75歳以上に見直そうって提言したみたいだね。

ひろ 日本人の平均寿命は男性だと約80歳ですよね。元気なお年寄りが増えたとは思いますけど、「74歳なので高齢者じゃないです!」ってのは、さすがに無理があるような気がします。

それに、こういう動きを年金支給年齢の引き上げにつなげようとしているんでしょうけど、なんだか後回しになりそうな予感がします。

ホリ まあ、20代、30代の若者よりも高齢者のほうが人口が多いし、票を持ってるからね。

ひろ ええ。ですから今後も高齢者向けの政策や年金は手厚いままで、例えば「高齢者雇用安定法」とかを作って、高齢者を雇い続けなきゃいけない仕組みづくりをするような気もします。

ホリ なるほどね。

ひろ それに「高齢でも元気な人が増えた」という事実だけを見ればいいニュースだと思いますけど、そのニュースをどう利用するのかを考えると、高齢者じゃない世代に損な形しか思いつかないんですよね。

ホリ どういうこと?

ひろ 例えば、今、月給30万円くらいの人の社会保険料って給料の15%くらいを占めているそうなんですよ。消費税と違って税率が上がっても騒ぎになりづらいですけど、消費税なんかよりよっぽど影響がある。

実は国はいろいろな理由をつけて社会保険料を増やし、若い人たちの可処分所得を減らすことを続けているわけです。

ホリ でもそれはマスコミの責任もあるよね。ちゃんと報道してこなかったのもあるだろうから。

ひろ ってことで、週プレでお伝えしてます(笑)。それから、高齢者になる年齡を見直すってことは、年金以外にも定年にも影響を与える可能性がありますよね。

ホリ 定年が引き上げられるってことね。

ひろ でも、働ける能力があったとしても、後進に道を譲るぐらいのほうがいいと思うんですよ。

ホリ 何で?

ひろ 社会が雇用できる人数の総数って限られてますよね。なので、自分で仕事を作るタイプの人以外は、みんなで椅子取りゲームをしているようなもんです。

そうなると、毎年新人が入社してくるような一般企業で仕事をしている人は、引退するのが社会のためじゃないかと。

ホリ 自分で仕事を作るタイプってのは、個人事業主とか経営者とかになるんだろうね。

ひろ ですね。言われたことだけをやっていれば右肩上がりで収入が増え続ける単純な社会はもう終わりつつあるんです。だから、自分で仕事を作れない人は、引退すべきだと思います。

ホリ「それじゃあ食えなくなる!」って言う人が多そうだけど。

ひろ だから貯金をしておくべきですよね。贅沢しないで普通に貯めていれば、そこそこ貯まると思います。と、ここまで言っておいてなんですけど、「自分で仕事を作る」ってのも今後は難しくなると思っているオイラです。

…この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください。

権利侵害申告はこちら