記事提供:ガジェット通信

昨年11月に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』。手のひらサイズで、30本のソフトであそべるファミコン、大人気となり品薄が続く事態に。

当サイトでは発売後早速分解してレビューを行い、好評を博した。

参考記事:【ファミコン108台所有していたガジェ通スタッフによる】『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』分解フォトレビュー※初代『ファミリーコンピュータ』との比較あり

出典 YouTube

発売に合わせて、懐かしの『ファミコン通信』や『ファミリーコンピュータMagazine』が復活したのも、往年のファミコンファンにはうれしかったところである。

そのミニファミコン、発売から2ヶ月以上経過するも入手困難でプレミア価格、一時期の「妖怪ウォッチ」を思わせる人気っぷりであるが、先週は量販店等で「緊急入荷」があったとの情報がSNSでちらほら。

クリスマスとお正月シーズンが終わり、需要も多少は落ち着いた!?

本日1月25日の14時30分現在、『Amazon』にも在庫復活!オリジナルポストカードのついた『Amazon』限定版ではないものの、欲しかった方はチェックしてみてはいかがだろうか。

権利侵害申告はこちら