記事提供:UNIQLO

普段は耳慣れない“リップル”というキーワード。この凸凹感が特徴の張りのある素材は、カジュアルなアイテムでもきちんと顔に仕上がるのが最大の魅力です。

インナーを重ねれば今からでも、そして春先まで長く活用できるリップルセーター。さらりとした着心地もアピールポイント!シーンを選ばず今年らしい着こなしが楽しめる春ニットです。

体型カバーもお手のもの すっきり顔のVネックチュニック

【アイテム】

リップルVネックチュニック

腰にかかるくらいのチュニック丈、少し深めのVネックで、着やせ効果も抜群のVネックチュニックセーター。

もたつかず、すっきりとした印象にまとめてくれるリップル素材のチュニックはきちんと感を演出しつつ、ストレッチも効いているので楽ちんなのも嬉しいポイント。ヒートテックをインナーにすれば今からでも着まわせます。

鎖骨まわりを美しく見せてくれるきれいなVネックとスッキリ見える袖のラインで、カジュアルになり過ぎず女性らしく着られるニット。袖口&襟ぐりのミニマルでシンプルなあしらいも、クリーンな印象を引き立ててくれます。

【アイテム】

リップルVネックチュニック

リップルペンシルスカート

MEN スクエアサングラス

※その他スタイリスト私物

Vネックチュニックは同素材のペンシルスカートを合わせてセットアップとして着こなすのがおすすめ。

ネイビー合わせでトレンドのワントーンコーディネートに。足もとはオールホワイトのスニーカーで大人のヌケ感を演出。ゴールド小物でさりげないリッチ感も忘れずに。

カットソー感覚で着こなしたい 春のクルーネックセーター

【アイテム】

リップルボーダークルーネックセーター(7分袖)

リップルクルーネックセーター(7分袖)

女性らしい首もとに仕上がる横広がりのクルーネック、軽やかに着こなせる7分袖、合わせるボトムを選ばないボックスシルエットで、簡単に今っぽいコーディネートが仕上がります。シンプルな無地2色、マリンテイストが今年らしいボーダー柄の2色が登場。

カジュアルなアイテムも少し広めの首開きで女性らしさを忘れずに。

ゆったりとしたサイズ感、少し太めの袖幅、ドロップショルダーのデザインも特徴的。ボックスシルエット&長過ぎない着丈は、スカートと合わせても、パンツと合わせても今年らしいシルエットを叶えてくれます。

【アイテム】

リップルボーダークルーネックセーター(7分袖)

スマートスタイルアンクルパンツ

シルキースカーフ(ストライプ)

キャンバスミニバッグ

※その他スタイリスト私物

1枚でマリン気分を演出してくれるボーダーニットに定番のスマートスタイルアンクルパンツをコーディネート。

首もとのスカーフでボーダーonボーダーの柄合わせにトライ!スカーフの色味とリンクしたイエローのバレエシューズで春らしいアクセントをプラス。

着心地抜群のペンシルスカートでレディな曲線シルエットを

【アイテム】

リップルペンシルスカート

凸凹感が特徴的なリップル素材のペンシルスカートは、膝下丈が上品な印象。

適度な厚みのある生地感が、身体のラインを拾い過ぎず、美しいシルエットを作ってくれます。同素材のトップスとセットアップで着こなせば、今年らしくリラックス感のあるレディなコーディネートが完成。

膝裏あたりの位置まで入ったバックスリットで、フィット感のあるペンシルスカートも動きやすさを重視。着用時に楽ちんなゴムベルトのウエストは、インでもアウトでも着こなしやすいフラットなあしらいがポイントです。

【アイテム】

リップルクルーネックセーター(7分袖)

リップルペンシルスカート

シルキースカーフ(ストライプ)

ハイヒールパンプス(エナメル)※3月中旬販売予定

今すぐ購入できるパンプスはこちらから。

※その他スタイリスト私物

清潔感のあるホワイトのリップルクルーネックセーターを合わせれば、きれいめオフィスルックの出来上がり。

ホワイト~ベージュの大人カラーで全身をまとめて、シルバー小物でスパイシーな味付けを。美脚効果の高い7cmヒールのエナメルパンプスをプラスして、さらにスタイルアップ。

春の訪れを盛り上げてくれる2017年春の新作リップルセーター。リラックスムード漂う春ニットは、素材感できちんと感をアピール。

ユルさ&きちんと感をバランス良く取り入れたシルエット、着まわしのきくシンプルなデザインは、日々のコーディネートの強い味方!スタイルアップ効果も高い新作アイテムで、一足早めの春スタイルを取り入れて。

セットアップの特集ページはこちら

【Staff credit】

Photo:Takashi Nishizawa(DOUBLE ONE management)

Text:Sakiko Fukuhara

Edit&Direction:Mitsutoshi Nirengi(+81),Yusuke Ohtake(+81)

権利侵害申告はこちら