販売価格2億円!世界最高価格の車として話題をさらったスーパーカー、ブガッティ「ヴェイロン」や、4輪駆動のフェラーリ「FF」など、名立たるスーパーカーを警察車両として導入、配備している…中東の大都市「ドバイ」が、今度は、先進的な消防艇を配備!これが

■この発想はなかった!
■さすがはドバイ!行動力が凄まじい!
■これ、想像以上に役立ちそうだね。

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

船舶火災や、水辺に近い建物の火災などを中心に、スピーディーに消火活動を行う為に開発されたという…この消防艇。

なお、画像では、単独で火災現場へと向かっていますが、基本、2人1チームで行動、消火活動にあたるのだそうで、現在、ドバイ民間防衛局(ドバイ消防局)には20艇が配備。すでに何度か、実際の火災現場で活躍したのだとか。

颯爽と火災現場へと向かう消防士。

現場に到着!消火活動開始!

到着すると、まず、ジェットスキーの“ジェット噴流口”に専用のホースを接続。そして、ジェットスキーに装備されている「ウォータージェットパック」を装着し、いざ、消火活動を開始!

もう、お気づきだとは思いますが…コレ!大人気マリンスポーツ「ウォータージェットパック」を改良した消火システムでして…

通常、ウォータージェットパックは、肩口のノズルから噴射する水流で、空中浮遊を楽しむのですが、これは、その浮遊する為の水流を使い消火活動を行うという…過去に例をみない斬新すぎる消火システム。

フワリと浮き、橋の下から火災現場へと向かう消防士。

その姿はあまりにも未来的!

そして、火災を目視できる位置まで来たら…

放水開始!

ちなみに「棒状放水」の場合、約5分で平均2000リットルほどの水を使用するそうなのですが、このジェットパック消火なら、水は無限!ジェットスキーの燃料が無くなるまで、消火活動を行えるとのことです。

防火水槽などのない湾岸部、また、海上の高速道路などで活躍が見込まれている…このシステム。開発はジェットパックのパイオニア、ニュージーランドのMartin Aircraft社が手掛けたそうです。

これ。水の都と称される「べネチア」や、運河の多い、オランダ「アムステルダム」などで活躍しそうですね。

初めて見た人なら、きっと度肝を抜かれる…衝撃の光景。

では、世界が注目する最新消火システム。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

ドバイ警察のプロモーション動画も合わせてどうぞ!

出典 YouTube

スゲェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

尽きる事のない水で燃え盛る火を消し、その後の処理は地上の消防士にバトンタッチ!

これは…想像以上に役立つような気がしてなりませんね。

金額は記載されていませんでしたが、消防車を買うよりも断然安いと思われる…この消防艇。運河が張り巡らされた地域、また、湾岸都市にある消防局は導入、検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら