記事提供:おたぽる

アニメ『サザエさん』公式サイトより。

1月22日に放送されたTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。今週もネット上からいろんなタイプのツッコミやら何やらが上がっていたので、気になる内容をネットの声ととともに紹介。

この日最初に放送されたのは、作品No.7573の「カツオ入浴勉強法」。ある日、カツオが急にお風呂場で勉強をしだすようになる。カツオが主体的に勉強すること自体驚きだが、その場所もまた驚き。

カツオいわく、お風呂場は一番落ち着くし、広さと静かさが勉強向きなのだとか。

ついにはお風呂場に電気スタンドを持ち込んでまで勉強を始める。ただこれには「感電するぞ」「子どもが真似したらどうするんだ」「さすがのカツオさんでもこれはないわ」と視聴者からはもっともな苦言が。

ともあれ、カツオは勉強の甲斐があってか国語のテストで66点をとる。別にいい点数ではないのだが、波平はカツオにしては上出来だと満足げ。

しかし後日、実はそのテストがただ簡単なだけであって、クラスの最低点がカツオの66点だったと知った波平は、お風呂場での勉強を禁止するのだった。しかもどうやらカツオはお風呂場で勉強をするのではなく、マンガを読んでいた模様。

次は作品No.7579の「今年こそスキーへ」。どうしてもスキーに行きたいサザエとカツオは、あまり乗り気でない家族をなんとか説得し、最終決定権を持つ波平にスキー旅行を持ちかける。

孫のタラオのおねだりもあって波平はスキー旅行を承認するのだが、旅行前にマスオが足を怪我して旅行が中止になってしまったのだった。

「スキーはまた来年だな」となる磯野家だが、ネットでは「永遠に来ない来年か」「来年はいつくるのでしょう」との声が。

そしてこの日最後に放送されたのが作品No.7570の「サザエの美容術」。ある日、カツオと親子に間違われたサザエはひどく落ち込む。周りの綺麗な奥様方は人知れず美容に気をつかって努力をしていると知り、サザエも密かに気をつかうように。

そんな折、フネとデパートに行きいろいろと買い物をするサザエ。一方磯野家では、男性陣がキレイになって帰ってくるだろうサザエを褒める練習をワカメにさせられていた。

帰ってきたサザエに波平は「なんだか肌も綺麗になって5歳は若く見えるな」とさっそく練習の成果をみせ、これに対しサザエは「やだぁそれじゃ10代になっちゃう」と返すのだった――。

するとこの何気ない会話がネットで大きな話題に。

「えっ!サザエさんって20代前半だったの!?」「いったいいくつなんだよ」「私より年下ってこと!?ちょっとショック!」「いつの間にかサザエさんよりも年上になっていて震えてる」と、サザエが設定年齢よりもっと上だと思っていた人が多いようす。

何を今さらとも思うが、若いファンたちは意外と『サザエさん』各キャラたちの年齢を知らなかったようだ。念のため説明しておくと、サザエはアニメ公式サイトでは24歳と明記されている。

その他、波平は54歳、フネは50ン歳(ぼかされている)、マスオは28歳、カツオは11歳、ワカメは9歳、タラオは3歳だ。カツオと13コも離れていると姉弟というより、親子と見られても特に落ち込むことでもないような気がするが…。

以前もマスオの年齢が作中で語られ話題になっていたが(参照記事)、今の日本社会と比べると、全体的にキャラが大人びて見えるのかもしれない。

よくネタにされたり、オチで使われているのでご存知の方も多いだろうが、ちなみにアナゴさんは27歳である。

権利侵害申告はこちら