記事提供:日刊大衆

1月19日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、オアシズの大久保佳代子(45)が出演。年末年始にいとうあさこ(46)と出かけた海外でのエピソードを明かし、ダウンタウンの松本人志(53)らを笑わせる場面が見られた。

この日、「スターのお正月2017」というコーナーで、大久保はいとうとフィリピンのセブ島近くにあるカオハガン島への旅行した際の様子を、VTRで紹介。天気は曇っていたが、大久保といとうが水着姿ではしゃぐ様子が映し出された。

紹介が終わり、松本から「なんやどよ~んとしていたけど…」と話を振られた大久保は、カオハガン島へは千原せいじ(46)の勧めで行ったとし、現地の女性スタッフから、島の男性は女性に対する欲求が強いため、「女の子を見ると絶対に声をかけてくるから気をつけて」と忠告されたことを明かした。

それでも大久保はそのアドバイスを気にせず、いとうと二人でビキニ姿で歩いていたという。

しかし、誰からも声をかけられることはなく、「(自分たちと)違う方向にどんどん皆さん(男性)が行っちゃうんですよ。“あれ?今日なんなの?”っていったら、たまたまその島で結婚式があって、豚の丸焼きをやってたらしく、全員豚の丸焼きのほうに行きました」と、豚の丸焼きに負けたことを告白し、松本らを笑わせていた。

「かつてはお持ち帰り報道もされた肉食系の大久保ですが、最近は犬を飼いはじめるなど、しだいに枯れてきている印象です。年齢相応ともいえるので、それはそれで女性の共感を呼んでいるようですね」(芸能誌記者)

――“アラフォー独身キャラ”はまだまだ安泰!?

権利侵害申告はこちら