ジャパネットたかたを国内最大手の通販会社へと育て上げた創業者、高田明氏。しかし彼は一度も「日本一」を目指したことはなかったといいます。ではなぜジャパネットはここまで成長することができたのでしょうか。

無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』では、全てのビジネスマンにユースフルな情報や生きるヒントが満載、高田氏初の自著が紹介されています。

こんにちは、土井英司です。

本日ご紹介する1冊は、ついに出た!ジャパネットたかた創業者高田明さんによる、初の自著です。

販売テクニックを学ぶ本としては、既に『ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?』を紹介していますが、経営者としての高田明氏、そして企業としてのジャパネット成功の秘訣を学ぶなら、本書に優るものはありません。

そして何より、これは読んだ人だけの特典ですが、仕事や天職について考える、良いヒントになると思うのです。

結論から言うと、土井は本書を読んで、本当に幸せな気持ちになりました。

こんな純粋な思いを持って仕事をしている人が成功する社会って、本当に素敵だな、と。

大きな会社を作ろうとか、日本一の販売会社を作ろうとか、そんな夢を抱いたり、目標を持ったりしたことは、一度もない。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

という著者が、なぜここまで会社を大きくすることができたのか。

本書には、経営者が私心をなくして、事業に邁進するための重要なヒントが詰まっています。

一生懸命に今を生きていると、課題が見えてくる。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

一生懸命に今を生きていれば、時代が味方してくれる。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

一生懸命に生きていないと、ボトルネックは見えてこない。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

珠玉の言葉がびっしり詰まっている上、事業を伸ばすための目の付け所も学べる、素晴らしい内容です。

なぜ、日本一を目指さなかった高田明社長が成功を収められたのか

絶対「買い」の本ですが、一応ポイントをチェックしておきましょう。

カメラを売るときはですね、ただ買ってくださいってだけは言わないんですよ。商品を手に取って使い方を丁寧に説明しました。口で言ったってわからないでしょう。お年寄りはとくにそうなんですよ。

だから、フィルムを巻き戻すときは、裏のこのボタンを押しながらこうして回さないと巻き戻しができないでしょう、って説明しながら、実際にやってみせるんです。そしたら売れるんですよ。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

カメラ店にとって一番利益が出るのはフィルムの現像でした。フィルムを集めるためにもっと他にできることはないかって、また課題が見えてきます。そのとき始めたのが取次店でした。

(中略)お客さんにしてみれば、フィルムを出すのは近いところがいいに決まっていますよね。かといって、そこかしこに支店を出すわけにもいきません。

だったら、取次店を作ればいいんじゃないかと思ったんですよ。化粧品店とかお米屋さんとかタバコ屋さんとか、そういうところに、取次店の看板を出して現像するフィルムを預かってもらうことにしたんです。

(中略)200軒取次店があれば、1日1本でも200本集まるでしょ。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

ナショナルブランドにこだわったのは、アフターケアを考えてのことでした。通販を利用するお客さまが心配するのは故障です。

(中略)ソニーの商品なら安心じゃないですか。日本人だから、キヤノン、富士通、シャープって聞いただけで安心するでしょう。

だから、そこにこだわったんです。修理体制はありませんでしたから、実際に故障があったときは修理せずに新品をお送りしていました。

お客さまとラジオ局に信頼してもらえるラジオショッピングの会社として、全国に広げていくために、そうしたんです。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

やらなかった失敗はあっても、一生懸命にやった失敗はない。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

生放送は視聴者の皆さんと、その瞬間の感動を共有できます。それが、私の拘りの一つでした。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

その理由に曇りがあると、伝えたいことは上手く伝わらない。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

「ただ伝えるのではなく、伝わるようにしないといけない」といつも思っています。そのために大切なのは、やはりパッション、情熱。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

そのモノが、その人の人生をどう変えていくか、それが伝わればモノは単なるモノではなくなります。自分の生活を豊かにしてくれる「大切なもの」「欲しいもの」に変わります。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

モノを紹介するときには、こちらが思っている商品の良さと、相手にとっての価値とを一致させなければいけない。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

世阿弥は「自己更新」ということを説きました。一流であり続けようとするなら、死ぬまで自己更新していかなければなりません。

出典『伝えることから始めよう』高田明・著 東洋経済新報社

紹介し切れないくらいビジネスのヒント、生き方のヒントがあふれていて、さすが日本一の販売王と、強く感銘を受けました。

経営者としても、多くが学べる本だと思います。

ぜひ読んでみてください。

権利侵害申告はこちら