出典 http://www.tv-tokyo.co.jp

テレビ東京系バラエティ番組『開運!なんでも鑑定団』2016年12月20日の放送で、番組史上最高のお宝、幻の焼き物耀変天目茶碗の4点目が発見され、世の中を大いに賑わせたこと、皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか。

鑑定士の中島誠之助さんが開口一番、「番組始まって以来最大の発見」と興奮を隠せなかったお宝。

しかし、そのお宝を巡り思わぬ騒動が勃発し再度、世間をざわつかせています。

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp

視聴者参加型のバラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」。

視聴者が家に眠るお宝、代々受け継がれてきた家宝の価値を知りたいと、全国各地から素晴らしいお宝やガッカリなお宝を持ち込む人気番組です。

そんな鑑定団にある日持ち込まれた1つの茶碗。この茶碗こそ、世間をあっと驚かせた番組史上最高のお宝、世界に3点しか確認ができていなかった耀変天目茶碗」の4点目だったのです。このニュースは瞬く間に日本中に知れ渡ることになりました。

幻の天目茶碗の鑑定を依頼したのは、徳島県でラーメン屋を営む男性。

ご当地ラーメン(徳島ラーメン)の激戦区で「支那そば 巽屋」を営んでいる。お宝は、腕利きの大工にして骨董好きだった曾祖父が、明治時代に三好長慶の子孫が暮らす武家屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて購入した大量の骨董の一つ。

その殆どが昭和20年の徳島大空襲で焼失してしまったが、このお宝は三好家の家系図など雑多な物と一緒に郊外の資材置き場にしまいっぱなしになっていたため、難を逃れた。

自分なりに調べたところ、凄いお宝のようだが、本当に価値があるものなのかどうか知りたい。

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp

本人評価額は100万円。鑑定士は「良い仕事してますね〜。」でお馴染みの"中島誠之助"さん。

そして、鑑定結果は驚きの2500万円。本人評価額を大きく上回るその金額。何より、世界的大発見に驚きを隠せないスタジオ。日本中もこの発見に沸いたのですが、ここに来てある疑惑が…

出典 http://www.tv-tokyo.co.jp

鑑定で太鼓判を押された天目茶碗が「偽物」ではないかとの、異を唱える専門家が現われたのです。その専門家とは、窯業で知られる愛知県瀬戸市在住の陶芸家・九代目長江惣吉さん。

長江さんは、曜変天目の美しさに魅了され製造方法が未だ解明されていない「幻の陶器」の完全再現に親子二代にわたり、生涯をかけ挑んでいます。

2016年6月、その長江さんの活動をNHKが「曜変~陶工・魔性の輝きに挑む~」とのタイトルでドキュメンタリー番組を制作。いわば、その道のプロから物言いがついてしまったのです。

「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」

出典週刊ポスト2017年2月3日号より

2016年12月20日のなんでも鑑定団を見ていた長江さんはこのような感想を述べました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物…これは…衝撃の発言です。

長江さんが番組が発見した天目茶碗を偽物だと判断した根拠は「光彩」とのこと。天目茶碗の中でも最上級のものを「曜変天目」と呼ぶこともあり、今回、番組でも「曜変天目で間違いありません」との言葉が発せられました。

「曜変天目」の光彩は、見る角度によって虹色に光彩が輝き、「器の中に宇宙が見える」とも評されています。中国・南宋時代中国で作られた曜変天目は今、世界に現存するすべてが日本に在ります。

実は、中国では、この曜変天目は、不吉の前兆とし嫌われていたそうで、多くの茶碗が破棄されていました。どのうな経緯を辿って日本に辿り着いたのかは、未だに謎とされています。

しかし、今回、専門家の目には「まがい物」にしか見えないと言われた曜変天目。時の権力者達を魅了した輝きが、発見された茶碗にはないとのこと。

「そもそも“曜変”とは“光り輝き、変幻する”を意味します。本来、曜変天目の釉薬には天然材料が使われており、焼き方によって色合いが変化して、ブラックオパールのように鮮やかな光彩が発現します。

しかし、鑑定団で紹介された茶碗は変幻する光彩ではなく、単に赤、緑、青などの釉薬がそのまま発色したものに見える。これは東洋的な味わいに欠ける」

出典週刊ポスト2017年2月3日号

素人目にはさっぱり分からないのですが、時代からみても宋代の作品ではないとのこと。ヨーロッパで18世紀以降に開発された陶磁器釉薬用絵具の『スピネル顔料』を塗り付けて発色させたものではないかと具体的に推測しています。

外側の模様も本物なら不可解、国宝の曜変天目には見当たらない、同じような茶碗が中国の福建省で2,000円〜3,000円で売られているとまで…ことごとく否定する長江さん。

しかも、皆さんにわかりやすく解説をとYouTubeに映像を投稿してます。

偽物?なんでも鑑定団 曜変天目茶碗 長江惣吉

出典 YouTube

・「専門家から疑問視されたんだから、番組側はこの専門家に再鑑定してもらうか、専門家が言う検査方法で検査すべきだな。本物と判明する事が一番良いと思うが、偽物という結果になっても仕方ない。どんな専門家でも100%はないという事だ。中島氏は間違いを認め番組内で謝ればいい。そして番組を降りる必要もないと思う。」

・「この道の第一人者である長江氏の曜変天目に対する熱い想いが伝わりました。」

・「お土産品は偽物どころか似せようとしていない別物。これを「曜変天目」と称して売ってるんでしょうか?こんなデザインになった理由は何でしょうか?得心が行きません。」

・「本物であってほしい」

出典 https://www.youtube.com

※投稿動画に寄せられたコメントの一部です。

中国陶磁考古学・陶磁史の世界的権威な大学教授も、現物を見ていないのでとは仰ってましたが「映像を見た限りでは本物である可能性は低い」とのこと。

まさかの"まがい物騒動"大々的な「曜変天目発見!」の報道に日本全国が湧いただけに、この真意は大きな注目を集めているようです。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら