出典maroke/Shutterstock.com

同棲カレシと別れ…美麗な先輩と1週間ルームシェア!

「他に好きな人ができたんだ。だから、俺たち、別れよう」

同棲していたカレシから、突然こんなメールが届いたのは、うららかな日曜の昼下がり。

「あ~あ、今日からカレシなしかぁ…ん…あれ…てか、私、今日から家ナシ!?

青ざめる私に、一緒にランチしていた美麗先輩が「やれやれだわ」と呟いた後、天使な一言。

「1週間ぐらいならウチに泊めてあげるよ」

美麗先輩〜〜〜!♪さすが28歳にして我が社の商品開発部のエースでありながら、モデル級の美形フェイスと身長170cmのスレンダーボディを両立させて、空前絶後的にセクシーに愛された女だけはありますなっ!!

――こうして美麗先輩と私の、1週間のルームシェア生活が始まったのでした。

「では、しばらく泊めていただくせめてものお礼として、私が毎日、食事作りますねっ!」

…という昨夜の宣言を華麗にスルーして爆睡してる私を、「ほらっ、朝ごはんできたよ」と優しく起こしてくれる美麗先輩。

【月曜】凝ってるけど実は簡単、おしゃ見えレシピ

焼き鳥サラダ丼

出典 http://lo.ameba.jp

「はい、『焼き鳥サラダ丼』召し上がれ♪」

「(パクッ)美味しいぃぃ。てか、早起きして作ってくれたんですか!?」

こんなの10分もかからないで作れるよ。缶詰を使ってるから味付けも簡単だしね。毎日朝ごはんは10分以内でぱぱっと作ってる!」

「簡単メニューに見えないですよ。美麗先輩っ、このフォトジェニックな朝ごはん、写真撮ってもいいですか?インスタにあげるんで♪(パシャリ)…そういえば、私、朝からコメるなんて久しぶりだなぁ」

「なに?コメるって?」

「あ、“お米を食べる”って意味っす!…けど、美麗先輩ってダイエットしないでその体型をキープしてるんですか?」

「ダイエットしてるよ、マイペースにね。そもそも、お米は太る食べ物ではないよ。粒のまま食べることでゆっくり消化・吸収されるから、食後の血糖値の上がり方も穏やかでインスリンの分泌も少ないの。インスリンを過剰分泌してしまうと体脂肪になりやすいからね

なるほど~。金言ですな!

【火曜】女子だって朝からガッツリ行きたい日もあるレシピ

ごはんサンドイッチ

出典 http://lo.ameba.jp

「おはよー。今日は朝からガッツリ食べたい気分だったから、『ごはんサンドイッチ』作ってみたよ」

不覚にも、またしても美麗先輩のエンジェルヴォイスで目覚めた私。

「美麗先輩って毎朝、ちゃんとごはん食べるタイプなんですね」

「あ、もしかしてあなた、ダイエットで朝ごはん抜こうとしてる?」

「はい…。私も美麗先輩みたいに痩せて、私をフッたゲスカレシのこと見返したいし…!」

「逆、逆!朝ごはんをちゃんと食べないと、体がエネルギー不足を感じ取って、昼とか夜に摂取するエネルギーを体に脂肪として蓄えようとしちゃうものなんだよ。朝ごはんをきちんと食べることは、太らないようにすることにもつながるんだよね。特に朝ごはんを抜いた分、同じエネルギーを夜に摂取すると活動エネルギーに使われないから体重が増えていっちゃうんだって。

それに朝ごはんを食べると、寝ている間に下がった体温を上げて、体と脳を目覚めさせてくれるみたい」

美麗先輩の“美”に関する博学っぷり、ハンパなし…おそろしい子!

【水曜】前夜に飲み過ぎて二日酔いの日の胃にやさしいレシピ

水菜とじゃこのぶっかけごはん

出典 http://lo.ameba.jp

ガーン、ガーン、ガーン…。あ、頭痛い…。

「完全に“二日酔いです”って顔してるじゃない(笑)。昨日の会社の飲み会で相当飲んでたもんね。とゆーことで、今日は荒れた胃にやさしい『水菜とじゃこのぶっかけごはん』にしてみたよ♪」

「あ…大変ありがたいのですが、今日の二日酔いやばいんで朝ごはんいらないです…しかもお米はちょっと…すみません」

「もー、そういう時こそちゃんと食べた方がいいよ。お米から摂取できる糖質は、心身をベストな状態で維持するために必要な栄養素なの。だから糖質を全てカットしちゃうと、体がダルくなったり疲れが抜けなくなったりするリスクもあるんだよ」

「えぇ、それは二日酔いに追い打ちをかけて仕事にも支障出ますね」

「そうそう。それに脳のエネルギーになるのはブドウ糖なんだけど、お米などの糖質食品をきちんと食べることでブドウ糖が脳に補給されて、集中力や記憶力をアップさせてくれるから午前中ボーッとすることもないよ」

「お米最高じゃないですか。美麗先輩は生粋のコメッターですね♪」

「なに?コメッターって?」

「あ、お米を食べている人のことですよ!」

【木曜】“マンネリ朝食”回避のための洋風アレンジレシピ

ナポリタン風卵かけごはん

出典 http://lo.ameba.jp

朝、目覚めるとイタリア~ンな香りが鼻孔をくすぐります。

「美麗先輩!この匂いはナポリタン!?今日の朝食はお米じゃなくてパスタですね♪」

「いや、ゴメン、違う。今日もコメります♪ちょっと今日は気分変えたくて」

そう言って差し出してくれたのは『ナポリタン風卵かけごはん』

「わ、変化球ですね!でもこのお味、太りそ…糖質も高そうだし(失礼)」

「糖質=太るって思ってるの?そういう子多いよね。糖質を制限して体重が落ちるっていう確かなデータなんてどこにもないみたいよ!単純に摂取するエネルギー量が減るから体重も落ちるだけじゃない?私は、糖質は関係ないと思ってるけど。それに、糖質を制限すると、体が消費するエネルギー量を抑えて体重を維持しようとするから、かえって太りやすい体質になっちゃう可能性もあるみたいよ」

「えええ、太りやすい体質なんて…」

「食事で摂取するエネルギーが体で消費されるエネルギーを上回ると、余ったエネルギーは脂肪として蓄えられちゃうからね。食事はきちんととって、過剰にならないよう運動などで消費。エネルギーの収支をコントロールしていくのが正解ね」

【金曜】「寝坊した!」という日のための超速1分レシピ

焼肉味の卵かけごはん

出典 http://lo.ameba.jp

「ゴメン!寝坊した!今日はコレで我慢してね!!」

ほぼ初めて見た、慌て顔の美麗先輩が作ってくれたのは『焼肉味の卵かけごはん

「今日のは撮らないで~!!」と懇願する美麗先輩を笑顔で無視してパシャリと撮影、即インスタアップ。

「なんでこんなときだけ仕事早いのよ、あなたは〜(泣)!」

そうプク~ッと頬を膨らませながらごはんを食べる先輩…か、かわええ。

「…にしても、毎朝これだけ満腹感に包まれると太っていないか心配です」

「お米のある食事って、結構“食べた!”っていう満足感があるけど、太る感覚と食事の満足感は別物だよ。太りたくないとお米の量を控えたり食べなかったりする人もいるけど、それだと結局お腹が空いちゃってオヤツとかで間食しちゃうパターンが多いんだって。間食が一番太る原因だから、1日3食しっかり食べて間食しないようにするほうが、よっぽどエネルギーのとりすぎの防止になるんだよ。お米って結構腹持ちいいからね」

…オフィスのデスクの引き出しに入れてある置き菓子、もうやめよう。私、これからは美麗先輩のようにお米と共に生きてゆきたい所存です。

【土曜】カレシがお泊りした翌朝の“男子も大満足”レシピ

さばのカレーマヨ丼

出典 http://lo.ameba.jp

昨晩は美麗先輩のカレシがおうちに泊まっていました。

「はい、『さばのカレーマヨ丼』できたよ」

「うまっ、うまうまっ。にしてもミレイ、こんな美味い丼ぶり飯ばっか食わせて、俺のこと肥えさせようとしてるだろ!」

「あなたを肥満体にさせて、私に何のメリットがあると(笑)?」

モリモリと本当に美味しそうに丼を食べるカレシさんと、そのカレシさんを、目を細めてニコニコしながら見つめる美麗先輩。平和だな~。

「すみません、カップルの食事タイムに私なんかが居て…。今日の朝ごはんは結構ヘビーな感じなので私はお米、やめときます!上の具だけ、いただきまーす」

「ちょっと待った。お米をまったく食べないっていう極端な糖質制限をすると脂肪をとる量が増えて、健康を保つのにいろいろな弊害が起こるから、かえって肥満や生活習慣病のリスクを増やしかねないよ。だからお米もちゃんとお食べ!」

“がっつりメニューの時はお米抜き”ってよくやってたけど体には悪いことをしていたのかぁ…!

【日曜】明日からの仕事に備える癒し系レシピ

きのこみそ粥

出典 http://lo.ameba.jp

「はい、『きのこみそ粥』できたよ。胃にやさしいメニューで、一週間の疲れを癒して明日からまた仕事頑張ろうね」

「おぉ…、一週間の締めまでフォトジェニック(パシャリ)。」

いつものように美麗先輩が作ってくれた朝ごはんを写真に撮り、インスタにアップする。…のも今日で最後です。

「美麗先輩…1週間、ありがとうございました。私、このご恩を一生忘れません…」

「あんたバカぁ?明日からも嫌ってほど毎日会社で顔合わせるでしょうに」

「そ、そりゃそうなんですけど~。もう先輩の作ってくれた美味しい朝ごはんでコメることができないかと思うと…切なくて、切なくて、震えます…!」

「アナタも朝ごはんでコメッター、続けてよね♪」

“濃い味”な男は飽きるけど“お米系”朝ごはんは毎日でも飽きない

出典Melpomene/Shutterstock.com

数か月後。

あれから私も10分レシピで朝ごはんをしっかり食べるコメッターとして覚醒して、イイ感じに痩せられてます♪

――そんなある日、取引先との打ち合わせの帰り道、私が国道246号から骨董通りを抜けて表参道方面に歩いていると、反対側から来た一組のカップルとすれ違いました。

男のほうが二度見した後、「なぁ、久しぶり!」と声を掛けて来ましたが、私は振り返ることなく華麗にスルー。

あのイタリア人ばりの濃い顔と濃いキャラには覚えがあるけど…(笑)、まぁ、今の私は“過去”を振り返る必要はありませんから。

お米は毎朝食べても飽きないけど、ああいう“濃い味”ってやっぱり毎日だと飽きちゃうんだよなぁ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら