記事提供:ORICON NEWS

映画やドラマなど数多くの作品で主演を努めてきた天海祐希。2016年は、4年半ぶりのドラマ主演(フジテレビ系『Chef~三ツ星の給食~』)で主題歌をユーミンとデュエットしたことでも話題に。

そんな今のエンタテインメントシーンを牽引する女優である天海に、新たな年への想いを聞いた。2017年最初の主演作『恋妻家 宮本(こいさいか みやもと)』についても語ってくれた。

年齢を重ねると連ドラ主演が難しくなる現状

――『恋妻家 宮本』はいろいろな世代の人物が登場するので、幅広い年齢層の方が楽しめる作品だと思いました。そのなかで50歳同士の夫婦を中心に物語が展開されていきますが、夫の陽平を演じた阿部寛さんとは久々の共演ですよね?

天海祐希 
ジムが一緒なので偶然お会いすることもあれば、テレビCMでもご一緒していたのでわりとお目にかかる機会はあったんです。親戚のお兄ちゃんみたいに思っていて(笑)。

1996年に放送されたドラマ『橋の雨』(フジテレビ系)が、私にとって初めての民放ドラマ出演作で、許嫁役が阿部さんだったのですが、「20年経って夫婦役でご一緒できるなんて思わなかった」と今作の現場ではふたりで話したりしました。

阿部寛と久々の共演で夫婦役を演じた天海祐希。

――当時を思うと感慨深いものがありますよね。

天海祐希 
年齢を重ねていくと連ドラの主演がどんどん難しくなっていきますが、阿部さんは連ドラ主演を何年も続けていらっしゃいます。

私もありがたいことに主演をいくつかやらせていただくなかで、阿部さんががんばっているから私もがんばろうと思える部分もあるんですよね。

そんな話も阿部さんと今作の現場でたくさんしました。人としても役者としても阿部さんは心から信頼できる先輩です。

――阿部さんが演じた陽平さんは良い人だけど優柔不断で少しイラっとする面がありますよね(笑)。

天海祐希 
イラっとしますよね(笑)。優しくて良い人ですけど、私が演じた妻の美代子にとってはいろいろ思うところも。

ただ、今作には愛おしい人たちがたくさん出てくるので、自分の周りがこういう人たちばかりならいいのにと思うんです。もがきながら人生を一生懸命生きている人ばかりでみんな素敵ですから。

若い頃は白黒ハッキリつけたがることも多かった

――美代子さんを演じるにあたり気をつけた部分はありますか?

天海祐希 
よくそういった質問をいただくのですが、具体的に答えたことでそこを中心に観られてしまうのが苦手なんです。

ですので、気をつけた部分というよりは、阿部さんが大きな体で小さな心を持った宮本陽平を愛おしく演じてくださったおかげで、自然と側に寄り添う気持ちで演じることができたんじゃないかなと思います。

脚本を書いてくださった遊川和彦監督からも的確な指示をいただいたので、とても演じやすかったです。「とにかく疲れた感じで」と現場で遊川さんがおっしゃって、「私、疲れているんだけどな…」なんて思ったり(笑)。

背が高くて目立ってしまう私と阿部さんは、冴えない中年男と平凡な主婦に見えるように徹底して役作りしていたように思います。

――遊川監督とはドラマ『女王の教室』『演歌の女王』(日本テレビ系)など何度もお仕事されていますね。

天海祐希 
遊川さんは、人生のちょっとした出来事のクスッと笑ってしまう瞬間や、人間ならではの切なさや愛しさなんかを大事にしていて、そういったことを盛り込んで脚本を書いてくださるんです。

今作は重松清さんの小説『ファミレス』から宮本陽平と美代子のお話をピックアップしていて、優しいことや正しいことなど、こうであって欲しいという遊川さんの想いが脚本から伝わってきました。

大事なことは全て台本に書かれているし、読めば読むほど理解できます。顔見知りのスタッフさんも多かったので、とても楽しい現場でした。

平凡な主婦役を演じた『恋妻家 宮本』。

撮影現場メイキングの様子。

――陽平さんの台詞にある“正しさより優しさ”という言葉には考えさせられるものがありました。

天海祐希 
そうですね。私も若い頃は白黒ハッキリつけたがることも多かったのですが、年を重ねるにつれてグレーであることや曖昧であることは決して悪いことじゃないんだと思えるようになりました。

優しいことは優柔不断に見られたり中途半端に思われることもありますが、それでも優しさが必要なときが絶対にあります。

白か黒かでコテンパンに誰かを叩くのではなく、グレーにしておいてあげて、いつかそのグレーが自分にとっては白だった、黒だったと気がつけばいいことだと思っていて。

正しいことだけが正解じゃなく、優しいことも大事なんだと観てくださる方が感じてくださったら嬉しいです。

自分で選んだから、世間から何と言われようと悪くは思わない

――新たな1年が始まりましたが、昨年を振り返ってみていかがですか?

天海祐希 
撮ってから半年後や1年後に公開される作品も多いので、「これいつ撮ったかな?」と思い出しつつ完成した作品を観るんです。すると当然ながら過去の自分が映っているので、過去の自分よりは成長していたいなと毎回思います。

いろいろな現場でいろいろな人たちと力を合わせてひとつの作品を作るのですが、そこにはものすごいエネルギーが集まって、良いものが生まれていくんですよね。

そういう経験をたくさんさせていただけることは財産になりますし、今年も昨年に負けないぐらい良い経験ができたらいいなと思います。昨年は『恋妻家 宮本』の撮影にはじまり『恋妻家 宮本』の取材で終わるという1年でした(笑)。

――映画、ドラマとさまざまな作品、役柄でご活躍ですが、出演作をどのような基準で決めていらっしゃいますか?

天海祐希 
それが、実はお話をいただいた順で決めてるようなところがありまして(笑)。昔は台本を読んで決めたいなんて窮屈な考えもありましたが、連ドラや舞台は台本が完成していないものも多いんです。

なので監督や共演者の方、役どころなどを大まかに聞いて直感でお受けするようにしています。自分で選んだからには、例え世間から「あの役は良くなかった」と思われたとしても自分では良くなかったと思わないようにしていて。

お受けしたからには良いことも悪いことも、打たれることも調子に乗ることも(笑)、全部含めて私にとって必ず何か意味があったんだと思うようにしています。

――演じる役のバランスを考えることは?

天海祐希 
お話をいただいたものに関しては、念のためマネージャーとすべて確認するようにしています。すべての作品のなかから、お互いの希望を話し合ってお話をいただいた順に決めていくことが多いです。

自分ですべて選んでしまうと似たような役ばかりになってしまうと思うので、客観的に選んでもらったほうがバランスがとれていいのではないかなと。

何パーセントか新しい経験ができるような1年になればいいな

――今年は『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』と映画が続きますね。

天海祐希 
『奥田民生~』は1日だけの撮影でしたけどすごく楽しかったです。

共演した松尾スズキさんは以前舞台でご一緒させていただいていますし、妻夫木聡さんは今回初めてご一緒しましたが、NODA・MAP(劇作家・野田秀樹が主宰する演劇集団)つながりで何度かお会いする機会もあったので良い雰囲気のなかで撮影できました。

とてもおもしろい現場ではあったのですが「大丈夫かな?」と不安に思う要素も少しあったり…(苦笑)。

――どの辺を不安に思われたのですか?

天海祐希 
とにかく私は“ゲロッパ”なんです(笑)。それはご覧いただくまでのお楽しみで。

大根仁監督とは昔、とあるコントドラマでご一緒しました。すごく変わった内容である方が「これおもしろいの?」とおっしゃったのですが、私が「すっごくおもしろいじゃないですか」と言ったらしいんです。

大根さんはその言葉に救われたとおっしゃったのですが、私はそんなことすっかり忘れていたので驚きました(笑)。そのコントドラマでは不条理な内容で風変わりな役を演じさせていただいたので、撮影が楽しかったことを覚えています。

――最後に、今年はどんな年にしたいですか?

天海祐希 
2016年の何パーセントかキープして、2016年を超えるものが何パーセントかあって、何パーセントかは新しい経験ができるような良い1年になればいいなと思っています。

恋妻家 宮本(こいさいか みやもと)

ひとり息子の正(入江甚儀)が結婚したことで、2人きりとなった陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)の宮本夫婦。ある日、陽平は美代子が隠していた離婚届を見つけてしまう。

監督:遊川和彦
出演:阿部寛 天海祐希 菅野美穂 相武紗季 工藤阿須加
2017年1月28日(土)公開
(C)2017『恋妻家宮本』製作委員会
【公式サイト】(外部サイト)

プロフィール

天海祐希

天海祐希(アマミ ユウキ)女優。1967年8月8日生まれ、東京都出身。O型。宝塚歌劇団第73期生。入団後、史上最短の7年、史上最年少の25歳で月組トップスターに就任。1995年に退団。翌1996年から女優として本…

プロフィールをもっと見る

権利侵害申告はこちら