出典 https://twitter.com

度々、話題になる公共交通機関でのマナー。バスに電車に飛行機。我慢するのはストレス、注意すると逆ギレする人がいるのも事実。かと言って見て見ぬ振りもできない…多くの人に迷惑をかけていると自覚のない人がちらほらと…マナーの悪さに辟易する人が不満をTwitterでつぶやいているのを見かけます。

そんな中、電車内でのマナーについて「感覚に訴える」という漫画が今、Twitterで大きな注目を集めています。

漫画や文章を発信しているTwitterユーザーの小林ギリ子さん。感覚重視のマナーが啓発されるならこれもアリなのでは?との投稿が多くの共感の声を読んでいます。その"感覚に訴える"絵がこちら。

他人の温度は気持ちが悪い

出典 https://twitter.com

公共交通機関でお隣に座るは見知らぬ人。座る前に座っていた人も見知らぬ人。そんな人々の温もり…

他の人の迷惑にならないよう、足を閉じて乗車しましょう

出典 https://twitter.com

足を開いて座っていると、いくらこちらが閉じていても触れ場合もあります。本当に微かに伝わってくる見知らぬ人のぬくもり。いくら寒くて人肌寂しい季節とは言っても、見知らぬ人のぬくもりは求めていません。

微かに触れる膝小僧、伝わってくるじんわりとしたぬくもり…知らない人だと一瞬、心がザワッとすることも。しかし、閉じてくださいとも言い難いことも確か。そこまで、神経質になることもないんじゃないか?と思われる人もいるかもしれませんが、小林さんの投稿には共感の声が続出しています。

・めっちゃわかります!あと今の時期ダウンを着るので、隣の人の肩とか腕が当たるのも凄く嫌です。男性とか意識して引っ込めてほしい。そんなポスターもお願いします( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

・すごいよく分かる!特に夏は肌露出してることがあるのでほんと気持ち悪いのでどんなに暑くても長袖着てますもん!

・顔横にされるのが一番きつい

・マナーよりも一番感じていた事は間違いなくこれです!!!!!!代弁して下さりありがとうございます!!!!!!

出典 https://twitter.com

公共の場のマナーって本当に難しい。マナーとは個人の思いやりによって成り立つもので、他人に不快感を与えない物であるそうです。明確な定義があるようでない「マナー」そんな中、感覚的な物って特に難しいですよね。悪気がある訳ではない、それは確かにわかります。

明確な定義がない分、個人的な価値観の元で培われてしまったマナーが、悪気なく人に迷惑をかけることがあります。今、一度、「公共のマナー」を考えなおしてみるのも良いかもしれません。
※権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら