記事提供:スゴいい保育

一言に保育と言っても保育も色々、関わり方も人それぞれ。読者の方の保育にまつわるエピソードをご紹介する「保育とわたし」。今回は、5歳の娘さんと1歳の息子さんを育てる、30代共働き女性のエピソードです。

「どうしても保育園に行きたくない」と泣き叫ぶ娘さんと、後ろ髪を引かれる想いで仕事に行くお母さん。その様子を見ていたベテランの先生は、その日、迎えに来たお母さんに声をかけます。その内容とは…。

幼児クラスになり、「お兄さん・お姉さん」の生活にプレッシャーを感じている娘。

毎日がんばって登園していたけれど、ある日「どうしても保育園に行きたくない」と泣いて泣いて。

本当は休ませてあげたかった。でも、仕事も休めない日で無理やり園に連れて行きました。

泣き叫ぶ娘を置いて、自分も涙をこらえながら仕事に向かいました。

その日、ドキドキしながらお迎えに行ったら、やっぱり娘は集団行動には入れなかったそうです。でも、先生がプライベートな自転車に娘を乗せて、系列園に遊びに連れ出してくれたことを知りました。

「明日も先生と2人で遊んでもいいし、別の園に行きたかったらまた先生とお出かけしてもいいから、おいで」って言ってくれました。

そしたら娘、すごく気が楽になったみたいで、翌日からは集団生活に入れるようになりました!

お迎えのときに、そのベテランの先生が心配して面談してくださったんですけど、早くお迎えに行けなかったり、習い事を他の子と同じようにできないことを相談したら、「集団生活は他の子と同じことができるようになることじゃない。他の子と自分は違うんだ。お父さんがいない子、兄弟がいる子といない子、色んな子がいることを学ぶことなんです」と言ってくださって。

とにかく「働いている自分にはできないこと」にばかり目がいっていた私は、なんだか目からウロコが落ちて、すごく楽になりました。

先生がいなかったら、きっと私は仕事を辞める決断をしていたと思います。

先生、あのときは本当にありがとうございました!お陰で今はお友達とも楽しく遊べています!

出典 http://sugoii.florence.or.jp

※登場する場所・名前・所属などは編集部により架空のものに差し替えています。

毎日忙しく働くお父さん・お母さんは、時に子供に向き合う時間が足りないのではないかと、自分を責めたくなることもあるのではないでしょうか。

そんな時、子どもの成長を支えるだけでなく、親の気持ちにも寄り添ってくれる保育園の先生の存在は、本当にありがたいですよね。

子どもだけでなく、親もまた、保育者とのやり取りを通して学んだり、気づきを得たりする。それがよくわかるエピソードだと思います。

権利侵害申告はこちら