記事提供:Conobie

子どもが増える度に、育児に積極的になっていった夫。現在、父歴9年目。そんな彼の、『育児力』が高いな~と思う時は…。

第一子が誕生した頃は育児は完全に、母親であるわたし主体だった我が家ですが、二人目、三人目、と増えるにつれて夫もどんどん育児に関わってくれるようになりました。

すると当然、夫の『育児力』も上がっていき…例えばどんなところが『育児力』高めかというと、夫は、オムツを脱がす前には「うんちチェック」を欠かしません。

それはもう、ナチュラルに、くいっと、うんちチェックをしています。

このチェックを怠ると、大惨事につながる可能性もある…。

それを、これまでの経験上、身をもって学んでいるからこそできる夫のこの行動。すてきよ!

それから、理不尽な怒りを爆発させている娘に対して、わたしが手を焼いて、イライラしていると、

「これは、眠たいんだな」と、爽やかに言いきって、

イライラなわたしの元から、かっさらい落ち着かせてくれたりとかも、してくれます。

例え、娘は本当は眠くなかったとしても母娘でヒートアップしている所に現れて、わたしたちを引き離してくれるだけでも、すごーーーく助かります。

すてきだ!

そんな夫はこの冬休み中、子どもたちに普段以上に関わってくれていました。

そのため、休み明けには…、

わたし以上に、子どもたちのことをよく知っていました。

すてきすぎる!

以前は、週末になると育児+家事の負担が増える…と憂鬱になっていたものですが最近は、夫の『育児力』向上のおかげで、週末どんとこい!…かなり気持ちが楽になりました。

権利侵害申告はこちら