2017年も年が明けて3週間。
世のなかは刻一刻と動いています。

たとえばそれはお笑いの世界。
テレビをつければ、2016年末同様ピコ太郎さんの「PPAP」を耳にする機会が多いですが、こういったお笑いの世界は毎年いれかわりが激しいことで有名です。

その証拠に、今年のお正月の特別番組の出演をきっかけにブレイクの兆しを見せている新人芸人がいたり、芸能人やSNSの口コミなどから「この芸人がおもしろい」などといわれているコンビやピン芸人がいたりします。

そこで本日は、2017年にブレイクしそうなネクストブレイク芸人5選をお送りいたします。いったい今、どの芸人さんが注目されているのでしょうか……

2017年ネクストブレイク芸人予想5選

1.ブルゾンちえみ

2017年1月1日に放送された「ぐるナイおもしろ荘2017」で優勝したピン芸人。ただし「おもしろ荘2017」に出演したときはイケメン後輩芸人2人を引き連れて「ブルゾンちえみwith B」という名前での出演でした。

例年「おもしろ荘」で話題になった芸人はその年にブレイクすることが多いですので今、一番注目の若手芸人といえます。

そんなブルゾンちえみさんはワタナベエンターテインメント所属の芸歴2年目の超若手女芸人です。生年月日は1990年8月3日。小柄でぽっちゃりとした体型がナイナイの岡村さんのガチ好みということで番組内でも出川哲郎さんにいじられていました。

彼女が「おもしろ荘2017」で披露したネタは「キャリアウーマン」。彼女が「イイ女」になりきって笑いを誘っていました。

「世界中に男は35億」

そのフレーズは一度きいたら耳から離れません。

出典 YouTube

ブルゾンちえみさんの話題のネタはこれ!

Twitterでは、さっそくフレーズをマネする人も続出しています。

2.ANZEN漫才

次に話題になっているのは「ANZEN漫才」のボケ担当みやぞんさん(写真:左)です。

彼は「規格外の天然として数々の先輩芸人に手放しで絶賛されています。たとえばタレントの伊集院光さんは「果てしないバカ」「おもしろ脳」と彼をたたえ、南海キャンディーズの山里亮太さんも「とんでもなく面白い」と絶賛しています。

またその天然キャラからは「第二のウド鈴木」と呼ばれるほどです。

みやぞんさんは浅井企画所属の芸人さんで1985年4月25日生まれ。おさななじみのあらぽんさん(写真:右)とコンビを組み歌ネタを得意としています。

コンビとしてはまだブレイクの兆しを見せていませんが、とんねるずの番組やイッテQなどでみやぞんさんの天然キャラが笑いを誘っていて、今話題の芸人のひとりという位置づけになっています。

出典 YouTube

ANZEN漫才のおふたりのネタはこんな感じで、ギターの音にのせて歌を歌うというスタイルです。

見た人は、彼の天然ぷりがツボにはいりまくっている様子。そして……

「笑い殺される」というほどまでになっています。

3.バッドナイス常田

3人目は、バッドナイス常田さん。彼はワタナベエンターテイメント所属のピン芸人で、あばれる君の後輩にあたる芸人さんです(そしてあばれる君とはめちゃくちゃ仲良しということが公式のTwitterなどを見るとわかります)。

出典 YouTube

この、ゆる~い感じにハマる人が続出しています。

生年月日は1988年4月5日で身長は178cm。しかもスタイルがよく衣装はいつも白シャツ&黒スキニーといういでたちのためオシャレに見えてしまいます。

彼が展開するひとりコントは、なんともゆる~い調子で展開されて、思わず「ふふっ」と笑ってしまうものです。このコントには関根勤さん、関根麻里さん親子が大絶賛。さらに彼はおもしろいだけでなく長身&イケメンということでも話題になっているため、かなりブレイクに近い新人芸人といえるのではないでしょうか?

Twitterの声でも「カッコイイ」という女性からの声が多いのが特徴です。そして……

もちろん、お笑いでも実力を発揮しています。

4.タイムマシーン3号

4組目はタイムマシーン3号のおふたりです。タイムマシーン3号は太田プロダクション所属の山本浩司さん(写真:左)と関太さん(写真:右)さんのコンビ(ともに1979年生まれ)です。

彼らの有名なネタは「太らせる呪文」「痩せさせる呪文」です。ネタの概要は以下のもの。

まず恰幅のよい関太さんが「なんでも太らせる呪文」を次々に披露します。形としては相方の山本浩司さんがいった言葉をすべて太らせるといった形です。たとえばそれは以下のもの。


「漫才」 → 「ぜんざい」
「お客さん」 → 「具だくさん」


これをテンポよくポンポンというため笑ってしまいます。
そしてネタはジブリ映画のタイトルも太らせるという流れになります。


「平成狸合戦ポンポコ」 → 「偶然、カルビ、ラッキーとっとこ」


こういった形です。
そしてそれに対し相方の山本浩司さんが「じつは……」と切り返します。「自分は、なんでも痩せさせる呪文をつかえるんだ」と。

そこからは関太さんがお題をだし、それに対しリズムよく山本浩司さんが返答していく形をとります。話しはやはりジブリになっていき、先ほど登場した「平成狸合戦ポンポコ」を今度は痩せさせます。


「平成狸合戦ポンポコ」 → 「強制断食合宿四泊」


「太らせる呪文」と「痩せさせる呪文」でずいぶんと違うものになりますね。やはりこれもリズムとテンポがキモです。
そして最後はやはりジブリ。ジブリで一番有名な呪文は「天空の城ラピュタ」のあれです。


「バルス」 →  「???」


これを痩せさせると……
ぜひ、こちらはタイムマシーン3号のおふたりのコントで見てみてください。

このいい変えがTwitterなどでも流行しているところから、かなりブレイクに近いネクスト芸人だといえるのではないでしょうか?

出典 YouTube

ちなみに、タイムマシーン3号のおふたりは「太らせる呪文」以外にも、こんな漫才もやっています。

「Kis-My-Ft2」を太らすと「白米ぱっと食う」になるそうです。こういった語感の良さが人気の秘密です。その人気はとどまることを知らず……

人生で初めてお笑い芸人を検索したという人まででてきています。

5.アナクロニスティック

5組目はアナクロニスティックのおふたり。人力舎所属でボケ担当の長谷川巧貴さん(写真:左)とツッコミ担当のホビーさん(写真:右)のコンビです。誕生日は長谷川巧貴さんが1991年5月31日、ホビーさんが1992年1月11日という同学年。

彼らはなんと人力舎の養成所時代に「キングオブコント2014」で準決勝に進出(アマチュアで準決勝進出は初めての快挙)したという経歴を持ち、さらにはコンビ結成6ヶ月でワンマンライブを行うほどの実力の持ちぬし。そんな彼らを数々の先輩芸人が天才だと絶賛しています。

彼らが得意と知るのは「将棋ネタ」です。よく耳にするネタは以下のもの……


合コンの帰り道、やっとふたりきりになれたね――というところから将棋盤をつかったネタが始まります。


そして「手をだしたい男」「それを阻もうとする女」の気持ちや身のまわりにある小道具を将棋の駒にして解説していきます。

ほかにはない独自のスタイルを確立したコンビで、かなりつくりこまれたコントがおもしろいと話題になっている、ブレイク間近のコンビです。

Twitterでは人力舎らしい静かな才能がある――と話題になっています。

そして、もうすでに大ブレイク確実だと感じている人も少なくありません。

まとめ

今年もブレイクの兆しを見せている芸人さんがたくさんいます。ここ数年、毎年、元旦に放送されている「ぐるナイ おもしろ荘」で優勝した芸人さんは、それをきっかけに、その年に大ブレイクするといったことが多々あります。

たとえば小島よしおさんやオードリーのおふたり、先ほど紹介したバッドナイス常田さんの先輩であるあばれる君も「おもしろ荘」からブレイクした芸人さんです。

また女性では日本エレキテル連合のおふたり、おかずクラブのおふたりも「おもしろ荘」出身の芸人さんたちです。

そうなると、やはり「ブルゾンちえみさん」が今年大ブレイクの第一候補という感じになるのではないでしょうか?

もちろん、ANZEN漫才のおふたり、バッドナイス常田さん、タイムマシーン3号のおふたり、アナクロニスティックのおふたりからも目が離せません。

2017年にブレイクしそうな以上のお笑い芸人。注目してみてはいかがでしょうか?
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら