阪神・淡路大震災、平成7年、午前5時46分。兵庫県の淡路島北部を震源としたマグニチュード7.3の直下型地震。平成29年1月17日を迎え今年で22年目になりました

一瞬で多くの命を、多くの人の大切なものを奪った震災。今でも人々はあの衝撃と無力感、心の傷を抱えながらも、日常を取り戻し元気に暮らしています。震災でお亡くなりになられた方を追悼するとともに、震災で培われた「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」の大切さを次世代へ語り継いでいくため、今年も慰霊祭が開催されました。

そんな中、今SNSを中心に「阪神大震災の時、ダイエーが被災者のために取った行動」が大きな話題になっています。被災者を優先し、被災者を支えたダイエーの行動を今回はご紹介させて頂きます。

Twitterユーザーのpxf03241さんが投稿した、「ダイエーの行動」が大きな話題に。乾電池が1000円など、異常な価格で販売されていた現地で漂う絶望的な雰囲気。

そんな中、ダイエーは船をチャーターし被災者への支援のため、全国から職員がトラックで集結。いつもの値段で救援物資の届きにくい奥地まで届けに行ってくれたとのこと。

この行動をなぜみんな触れないんだ?と問うpxf03241さん。

あれで被災地の空気は一変した。日本人の心に火が付いた。オレもあれでどれほど力を得たか!「頑張ろう神戸!」も、あのダイエーをきっかけに生まれたものだと思っている。

毀誉褒貶(きよほうへん)激しい中内氏とダイエーだけど、あのときの行動だけで歴史上の大きな役割果たしたと思ってる

出典 https://twitter.com

死者数6,434人、行方不明者3人、負傷者43,792人、全半壊家屋274,181棟。焼失家屋約7,500棟、避難者約35万人、停電260万戸、ガス停止86万世帯、断水約130万世帯。

当時は戦後最大級の災害と言われた阪神大震災。絶望感漂う空気を吹き飛ばしてくれたのが「ダイエーの行動」日本人の心に火をつけ、前へ進む後押しをしてくれた、「頑張ろう神戸」多くの人がこのダイエーの行動に救われたのではないでしょうか。

kagoshima_20150902155625
by inunami

美しい神戸の街並みは見る影もなく、あちこちから立ち上る火災による煙、高速道路が崩れ落ち、親御さんを探す子ども、子どもの名前を叫び続ける親、友達を、知人を…多くの人のすべてが一瞬で奪われました。

その中で、空気を一変させた企業がダイエー。現在は2015年よりイオングループと統合、イオングループはダイエーの発行済み株式の44.15%を持つ筆頭株主。他の株主との間でイオン株を割り当てる株式交換を実施、ダイエー株を全株取得し業界最大手の小売店として生まれ変わりました。

出典 https://www.amazon.co.jp

平成7年、当時の社長は、創業者でもある中内功さん。カリスマと呼ばれ日本で最初に自らを「CEO」と名乗った人です。中内さんが「ダイエーの創業者」であり「流通革命の第一人者」「強い志を持ったオーナー経営者」と言われていたことは皆さんもご存知と思います。

震災時、中内さんは東京の自宅にいたそう。テレビや入ってくる情報で事の深刻さを察知した中内さんはすぐさま行動にでました。その行動の素早さが多くの被災者を支える結果になったことは、pxf03241さんの投稿に寄せられた声を通し垣間見ることができます。

・当時通行止めになってた阪神高速の生きてた路線使って、パトカーの先導で物資満載の保冷車走らせて芦屋浜のダイエー行ったなぁ。

・こちらこそ感謝です!あの時、先の見えない社会不安に塗り潰されてた時に、どれほど力づけられたか!毎年あまり触れられて無くて残念だったのですが、やっと感謝を伝えられた感じです。

・今は、コンビニやスーパーと自治体が相互支援協定結んでいて、イオンも、熊本地震の時、凄まじい物量を準備しました。ダイエーの遺産ですね

出典 https://twitter.com

さらに、この投稿には当時のダイエーの社員さん、そのご家族からもコメントが続々届いています。

・思い出して頂きありがとうございます!そこへ出向き奥地へ行ったものの家族です。送り出す時は、まるで戦場に行くかのような気持ちでした。もうあの時のようなことは起こらないで欲しいです。

・当時ダイエー社員でした。中内会長の呼びかけで、うちからは独身の有志が応援に行きました。家族持ちは物資を調達。女性上司が女性と乳児の為の物資を提案し直ぐに本部が動いたのが印象深いです。

・パパン、当時そこの店長だった。震災直後から、家族で高速飛ばして倒れかけたビルを通って送ってったんだ。一日目から働いて帰ってこなかった。家族捨てすぎサミシスww最初、配ったよ、無断過ぎワロスww覚えててくれてありがとうな、伝えとくな。

・当時ダイエー社員だった。全国から社員が順繰りに神戸に応援に行っていた。そして、残念ながらなくなったダイエーの社員、パート、アルバイトのお名前と写真が、その後の社内雑誌に掲載された

・16日閉店時の価格のまま、17日以降も売り続けました。だから16日にセールがかかってた商品も、そのままの価格です。いつもどおりの商品が、いつもどおりの価格でいつもどおり手に入ります。だからどうか落ち着いて、というのが我々のメッセージでした

出典 https://twitter.com

「いつもの値段で」この一言に救われた被災者がどれだけいた事か。また、24時間店舗の明かりをつけ続けることを命じた中内さん。明かりがあることで、それだけで被災者の皆さんは力がでると仰ったそうです。

なぜ、無料で配布しなかったとの問いには、「無料にしたら必要のないものまで貰いに来る可能性が高い。本当に必要な人へ必要な物を届けたい」との思いから「いつもの値段で」販売に踏み切ったそうです。

22年を迎えた今でも、当時の「ダイエーへの恩は忘れない」との声は彼方此方から聞こえてきました。語り継ぐ価値のはあるダイエーの行動。震災では心ない行動、心ない言葉で人を傷つける人も多くいます。けれど、このように被災者の支えになろうと、余震が続く現地で被災者を支え続ける人々、企業がいることも確かです。

現在、ダイエーという屋号は消えてしまいましたが、中内さんの志は受け継がれ「新潟県中越沖地震」「東日本大震災」でのダイエーの行動を感謝する声も聞こえてきます。「雪の中、店内に入れてくれた。」「絶望しかない空気感の中、店員さんの笑顔に救われた。」みなさん口々に「ダイエーへの恩は一生忘れない」と言います。

そして、今、その教訓は熊本・大分地震にも活かされているとのこと。多くの人のライフラインを守りたい、看板を下ろした後でもそのダイエースピリットは確実に受け継がれ続けていると信じています。

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら