断乳しなくちゃと思いながらなかなか思い切れず、子どもや私自身の体調不良なども重なり伸ばし伸ばしになっていた末っ子三男の断乳でしたが、いよいよ日を設定し、親子の試練『断乳』を決行しました。その時のエピソードと、それにまつわる次男のこぼれ話です。

三男の断乳

上の子達の断乳と同じく、桶谷式の先生に教えていただいた方法で断乳しました。

カレンダーの断乳の日に○を付け、《1日に1回だけ》『この日になったらおっぱいとバイバイするからね。それまではいっぱい飲もうね』と言う方法。日に何度も言うとかわいそうなので、1日に1回というのがポイント。

具体的には『今日は11月1日、火曜日です。』と言って○を付け、『2日、3日、4日、5日…』と断乳までの日付を読み上げて『20日。この日になったら、おっぱいとバイバイします。それまではいっぱい飲もうね!』という具合に、毎日1回だけ言い聞かせていました。

出典 http://ameblo.jp

やはりなんとなくは分かっている様子。断乳の日が近づくにつれてカレンダーの前に行くと『ハー…ハー…』と荒く呼吸して神妙な面持ちになっていました。『いよいよ…だな…。』と理解している感じでした。

カレンダーが終わるといつもの笑顔に戻り普通に遊びだし、普通におっぱいを飲むのですが、このカレンダーの前に行くときだけ『そういえばそうだった!』と思い出すのかいつもと違った様子でした。

三男の断乳2

出典 http://ameblo.jp

次男の時と同じ顔しました。

当日、『最後のおっぱいだからね!』と言うと、イヤイヤと首を横に振って、なかなか離れようとしなかった三男。次男の『けいちゃん!おやつあるで!』の呼びかけでパッと離れました(笑)こうして最後の授乳が終了。

そして油性ペンでおっぱいに絵を描きました。相変わらずシュールでした。お昼寝のタイミングでいつものようにおっぱいを要求してきたので、『けいちゃん、おっぱいお顔になったからね。もうおっぱいバイバイね。』と言っておっぱいを見せた途端、見てはいけないものを見たような、すごく恐ろしいものを見たようなものすごくビックリした顔で後にズザザザ!!と後ずさりしたあと、『……二へ…。』っと引きつった顔で笑いました。もう完全に次男と同じ顔していました。

そして昼寝の添い寝中、何度も寝ぼけて胸元に手を入れてくるのですが、お顔が見えた途端目を見開いてガバッと跳ね起き、逃げていました。よほど怖かった?みたいです。

結局その日の昼寝は夫に抱かれながら寝ました。

次男のこぼれ話

ちょっとこぼれ話ですが、おっぱいにお顔を描くことに興味津々だった次男。この日。近所のお友達(小学生)が遊びに来たのですが、その子達に得意げに、

出典筆者描き下ろし

『みたいやろ?特別に見せたるわ!!母ちゃん!!みんなにおっぱい見せたって!!』

って大声で言ってました(笑)しかも外で(笑)それだけでは飽き足らず、道行くご近所の方々にも『なあなあ!!母ちゃんのおっぱいにお顔描いてるねんで!!』と言いふらしていました。聞かされたご近所の方、困惑(苦笑)よっぽど印象的だったんだと思いますが、あんまり興奮して言いふらすのでかなり困りました(苦笑)

三男の断乳3

断乳当日、いよいよ夜になりました。今までのパターンでいうと

長男、長女、次男。3人とも断乳当日の夜は大暴れしながら大大大号泣!!抱っこしたりおんぶしたり外に散歩に連れて行ったり、一晩中泣き叫び続けたので、今回もそうなるだろうと身構えておりました。

就寝の時間。いつものように一緒に布団に入り、眠い目をこすりながらおっぱいを求めてきたのですが…。

出典 http://ameblo.jp

なんとそのまま寝ました!!もう驚きと動揺を隠しきれない私。なんと、泣きもせず、グズつきもせず、一瞬切ない顔をしたあとそのままの体勢でスーっと眠ったのです。

もうビックリしたのなんの。昼と違い、夜はおっぱいの絵も見えないし、眠たいのもあって絶対号泣するだろうと思っていたので、『ああ…こんなに小さいのに…おっぱいバイバイを受け入れたのか…』とか考えるとものすごく泣けてきました。スヤスヤと眠る三男の寝顔を見ながら、『頑張ったね。偉かったね。また一つ、お兄ちゃんになったね。ありがとう。おやすみ。』とつぶやいて、私も眠りにつきました。


そして、その2時間後…。

出典 http://ameblo.jp

三男覚醒(笑)

思わず、『ですよね~。』と実際に口に出して言ってしまいました(笑)でもね、抱っこしてあやしながら20分ぐらいするとスーッと寝てくれました。兄達のような怒りながら暴れるということはなく、号泣はするものの抱っこでスーッと寝て、2時間後また泣いて起き、抱っこで寝る。→2時間後泣いて起きる。を朝まで繰り返しました。一晩中泣き続けることがなかった、というだけでも今までと比べて本当に楽に断乳できた印象でした。

翌日は夜に2回ほど泣いて起きましたが、『ハイハイヨシヨシ』と声をかけながらトントンするとそのまま寝てくれました。

以上、三男の断乳話でした。そしてこの断乳直後に家族全員ノロで全滅に
なるのですが…。(なぜこのタイミング…。)ノロの間も回復してからもおっぱいを求めるということは全くなく、(逆にしっかりとOS1(補水液)を飲んでくれたのでよかったです。)今も求めてくることはありません。

逆に…(笑)次男が未だに、『あれ??母ちゃんおっぱいのお顔は???』と言ってのぞきに来ます(笑)

この記事を書いたユーザー

ホリカン このユーザーの他の記事を見る

年中空回っている4児の母ちゃんです☆自身のブログ記事を中心にアップしております。
どうぞよろしくお願いいたします!!
ブログ『空回り母ちゃんの日々』http://ameblo.jp/egaogakawaii88

権利侵害申告はこちら