記事提供:gooランキング

筆者「関係無いけどgooランキング編集長の名前は桃子です」

最近は世界で1つだけの名前を子供に授けたい親が多く、昔っぽい名前とか漢字はあまり使われない風潮がありますね。

そのせいかキラキラネーム問題とかも発生しているのですが、未だ議論は収束する気配を見せません。

今回は「昭和っぽいけど美しい“子”が付く名前」を調査・ランキングにしてみました。

今でも人気のある「子」の付く名前はどんなものがあるのでしょうか?

1位 桜子
2位 菜々子
3位 琴子

4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「桜子」!

日本を代表する「桜」の文字が入った「桜子」が堂々の1位に輝きました。

読みは「さくらこ」「ようこ」などが多いそうですが、最近では「ゆきこ」「ろこ」なんて読みにする人もいるんだとか。

春に生まれた子供が桜のように穏やかで綺麗でありますように、といった名付け親の願いが感じられますね。

2位は「菜々子」!

昔ながらの雰囲気ながらも、「ななこ」という可愛らしい音が特徴の「菜々子」が2位を獲得しました。

同名の芸能人に「松嶋菜々子」さんがおり、なんとなく爽やかで綺麗な女の子の印象がありますね

3位は「琴子」!

日本の伝統楽器「琴」が女の子の名前になった「琴子」が3位にランク・インしました。

幻想的で独特な音を鳴らす「琴」が名前という事もあり、きっと表情豊かな子になるような気がしますね

いかがでしたか?

筆者的には6位の「小夜子」とかがなかなかオシャレで良いなぁと思いました。

今回は「昭和っぽいけど美しい!魅力的な“子”が付く名前ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)

調査期間:2016年11月4日~2016年11月9日

権利侵害申告はこちら