ギーとはバターを煮詰めて作る、カレーにつけ合わされるナンなどで使われるオイル。

中でもこの『アハラ ラーサ オーガニックギー』のように牧草飼育された牛由来のグラスフェッド・バターを使ったものは最高級。栄養価が高く脂肪がつきにくいことから、モデルなどハリウッドセレブなどが愛用する究極のヘルシーオイルだ。

話題の完全無欠コーヒーが作れる!ポイントは“グラスフェッド”。入手困難な最高品質のオーガニックバターを煮詰めて作ったオイルの宝石

本格カレー店に行ってナンを頼むと、その表面がテラテラと光っていると思うが、それがギー。

インドの宗教儀式にも欠かさず用いられるバターを煮詰めて作る高級オイルは、安価なカレー店だと節約されがちで、それがたっぷり使用されているだけでも、その店が高級店かどうかわかる代物。

バターも最近は市場に不足していて高値が付いているが、それを弱火でグツグツ煮詰めて水分やたんぱく質を除去して純粋なオイルを作り上げるのだから、より高価になるのは当然だ。

ただ今回紹介する株式会社クロンティップ(東京都豊島区)による『アハラ ラーサ オーガニックギー』(アメリカ・ポートランド産・237ml・希望小売価格 税抜2,300円・2016年12月発売)は、その原料にもこだわった、まさに最強のバターオイルである。

近年そのギーが脚光を浴びたのは、全米でベストセラーとなり日本でも『シリコンバレー式自分を変える 最強の食事』(ダイヤモンド社・刊)で取り上げられたから。その本の中に出てくるのが完全無欠コーヒーというレシピ。

1日の中で食べない時間を増やす断続的な断食が推奨されるのだが、その中心となるのがこの完全無欠コーヒー。

良質のコーヒーにMCTオイル(ココナッツオイルから抽出される中鎖脂肪酸油)とともにギーを入れることによって、空腹感を感じることなく、また大方のダイエットのようにパフォーマンスを下げることなくダイエットが可能になるというコーヒーレシピだ。

その本の中でも盛んに語られているのが、グラスフェッド(牧草飼育)の大切さ。

通常は穀物飼育(グレインフェッド)が主流の牛だが、牧草で育つとミルクやバターにビタミンAやカロチン、ミネラル、オメガ3などのヘルシーな栄養素が豊富になるという。

そんなグラスフェッドの乳牛のバターから作られたのがこの『アハラ ラーサ オーガニックギー』なので、まさに完全無欠コーヒーに適したギーなのである。

そこまでいかなくても健康と美容に良いオイルとしてギーは各方面で注目されている。

人気モデル/タレントのローラも自著料理本「Rola's Kitchen」でギーの作り方を伝授しているし、インド料理が好きな人なら、自宅でナンを食べるときなどに活用したいと思っているに違いない。

ギーがうれしいのは、短鎖・中鎖脂肪酸、共益リノール酸という素早くエネルギーに変換されるが脂肪にはならないという特質を持ったオイルなこと。

さらに常温でも1年程度保存がきく上、えごま油や亜麻仁油などのヘルシーオイルに良くあるように高温調理で壊れることがないのも使い勝手が良い。

ただ香りには少々クセがある。よく言えばバター飴のような香り。バター臭が苦手な人にはきついかもしれない。ただ加熱すると香ばしい香りに変化するので、バターが合うトーストなどの料理には相性抜群だ。

和食メニューなどでは難しいが、洋風料理でバターを使うようなメニューならだいたい活用することができる。

それでは実際に試してみよう。

濃い香りのバターとして使える。中でもナンに塗ればさながらインド料理店のような絶品の味わいに!

使い方はバターと変わりなし。バターナイフなどですくってパンなどに塗ってトーストするのが一番使いやすいだろう。常温保存可能なので、冷蔵庫に入れなければ非常にすくいやすい。

食べた時の感覚は、非常にバター感の強いトーストといった趣き。パンにはたっぷりバターをつけたい派の記者としては非常に美味しく感じたが、さっぱりあっさり食べたい人には向かない。

せっかくなのでナンを購入してきて、この『アハラ ラーサ オーガニックギー』をたっぷり塗って焼いてみた。ナン自体はスーパーで普通に売っているものだが、明らかに味が高級カレー店の味わいに変身する。これは美味しい。

さらに体重に問題のある記者としては、完全無欠コーヒーも試してみることにした。

MCTオイルとは聞き慣れなかったが、Amazonで普通に入手できた。『アハラ ラーサ オーガニックギー』を大さじ1~2杯とMCTオイルを大さじ1~2杯ということで、コーヒーに混ぜてみたが…。うっ、これはキツイ。

ミルキーになると本には書いてあったが、ミルキーどころではない。ドロドロだ。しかもバター臭がきつく、飲み干すのはかなり気合がいる。

確かにこれだけこってりした油っぽい液体を流し込めば、空腹は感じないかもしれないが、コーヒーファンとしては別々にして飲んだ方がまだマシだと感じた。

ちなみにMCTオイルはほとんど無味無臭で、『アハラ ラーサ オーガニックギー』もバターなので、そのまま食べるのもそんなに苦痛ではない。

高価ではあるが健康意識の高い人にとっては非常に価値のあるオイル

普通のバターに比べると税抜2,300円は確かに破格。似たような中鎖脂肪酸摂取に適したココナッツオイルでも、最近は半額程度で入手可能だ。

しかしこの『アハラ ラーサ オーガニックギー』はオーガニック製品。しかもグラスフェッド(牧草飼育)牛由来という、自然派健康志向としてはてっぺんに位置する製品である。

実際インドの伝統的医学アーユルヴェーダの専門家が従来のギーに納得できず研究を重ねて生み出した製品なので、その高品質ぶりはハンパない。

しかも一品一品ハンドメイドで作られているそう。なので健康意識が果てしなく高い人にとっては、決して高くない買い物なのかもしれない。

権利侵害申告はこちら