雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」

ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、話題のドラマ「東芝不正会計疑惑」について。

東芝不正会計疑惑、“空気を読む”検察は動くのか?

ひろ 2015年に発覚した東芝の不正会計問題(09年から14年の間に合計2248億円の利益を水増ししていた問題。後に歴代3社長が引責辞任)に進展があったみたいですね。

今度は「14年3月期までの3年間で約400億円規模の粉飾をした疑いがある」という調査結果を証券取引等監視委員会がまとめて、検察に報告するという報道がありました。

ホリ 売り上げよりも利益が上回っている状態もあったっていうんでしょ?

ひろ パソコン部門の営業利益のグラフも興味深くて、決算が行われる四半期末の月にいつも利益が大きくなっている。まるで心電図みたいな波形なんです。

ホリ こうなると、さすがに幹部は「知らなかった」では済まされないよ。逮捕者が出るかもね。

ひろ 僕的には誰も逮捕されない気がしますけどね。だって、この事実を知ってて放置していた経営陣をみんな逮捕したら、すごい人数になってしまいますから。

ホリ そういう場合は、トップに近い幹部から捕まえるんだよ。ライブドア事件だってそうだったじゃん。

ひろ ライブドアの場合は、捜査する側に「堀江憎し」っていうバイアスがあったからだと思うんですけど。

ホリ それでもトップに責任を取らせるのが日本では「正義」なわけだから。

ひろ 刑事裁判のシステムが目指すのって、「悪いことをした人を逮捕して悪人を減らし、社会を良くすること」だと思うんですよ。

でも、日本ってみんなで悪いことをしていて、それがバレたらとりあえず誰か生贄を差し出して、今まで通り悪いことを続けるというヘンな伝統がある気がします。

ホリ あと刑事裁判っていうことだと、粉飾決算を問えるかどうかっていう問題があるよね。

例えば、四半期末に不自然に上がっている利益も、取引先が「これまで世話になったから」という理由で営業マンのために発注してあげることはありえるわけじゃん。それ自体は悪いことじゃない。

ひろ たしかに現場の営業マンのレベルでは貸し借り的な付き合いはありますよね。あと、取引先と話をして売り上げと納品のタイミングをボーナス査定の時期にずらしてもらうとか。

ホリ それで、例えば社長から「今期は売り上げが目標を達成していないからなんとかしろ」と言われて、誰かが魔が差して取引先と共謀して架空売り上げを立てる。んで、いつからか不正でしか売り上げをつくれなくなるとかありえるわけでしょ。

ひろ ええ。それに不正をするやつがひとりだけって場合と、大多数がやっている場合とではだいぶ状況が違いますからね。大多数がやっていると不正のハードルは低くなります。

ホリ そんな感じで不正会計が蔓延していた。そして、経営陣はそれを見て見ぬふりをしていたという可能性はあるよね。

…この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください。

権利侵害申告はこちら