記事提供:Techinsight

昨年、世界的に人気を集めた『PPAP』で大ブレイクしたシンガーソングライター・ピコ太郎。今年も新曲を披露するなど着実に活動している彼が18日、都内で開催された記者発表会に登場、武道館公演が決定したことを明らかにした。

『Y!mobile 2017 Spring』に出席したピコ太郎は、手に小さなくす玉を持ち、自らヒモを引いて3月6日に開催する「武道館公演決定」を発表した。

「12月にアルバムを出して、3月には武道館、6月には死ぬんじゃないかという勢い」と自虐的に展開の速さを表現して笑わせた。

「囲み取材って本当に囲むんですね。圧迫感がありますね」と発表会後に初めての囲み取材に応じたピコ太郎は、リポーターから武道館公演について「曲が1分ほどなのにどうするのか」問われると「(公演の)予定尺は10分」とまずは返答、すぐに「今いろいろたくさん考えていて、たっぷりやりたい」「古坂大魔王プロデュースでいろんな方とコラボしたい」と意気込みを見せた。

ほかにはSILENT SIRENやくりぃむしちゅー上田晋也が出演するという。そして『PPAP』大ヒットにつながった恩人・ジャスティン・ビーバーの出演については「窓口がわかりません」として共演は難しそうだ。

発表会には女優・桐谷美玲も出席。ピコ太郎と2人で、ライトが光るダンサーたちを従え、新CMにちなみ『PPAP』ヤングマンバージョンを踊って盛り上げた。

ピコ太郎を「世界的スターです」と称賛した桐谷は「すごく楽しかったです」「共演できて嬉しい」と笑顔を見せた。

母親との韓国旅行の際に「ピコ太郎さんとCMに出ている方ですよね?」と声をかけられたエピソードもにこやかに明かした。それでも“男性”としては「シンプルな服装の方がいい。モノトーンが好きです」と眼中にないとした。

権利侵害申告はこちら