ドラマ「カルテット」出演中!注目の俳優、高橋一生さん

いま、注目の俳優・高橋一生さん。

現在はドラマ「カルテット」(TBS)と大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)に出演しており、女性の支持がじわじわと上昇中。「ポスト星野源」としても注目されている存在です。

そんな高橋さんが、1月20日放送予定の「A-Studio」(TBS)に出演。驚きのプライベートを告白していることが明らかになりました。

実は5人兄弟の長男!弟はロックバンドのボーカルだった!?

番組MCの笑福亭鶴瓶さんによる、ゲストの家族や友人・仕事仲間への極秘インタビュー映像をもとに繰り広げられるトークが楽しめる番組ですが、高橋さんが出演する回ではご本人の弟さんがインタビューに登場!

実は、5人兄弟の長男だという高橋さん。4人いる弟のうちの1人がロックバンドのメンバーであることが、初めて公表されました。

高橋はロックグループ「never young beach」のメンバー・安部勇磨が弟であることを告白する。安部を取材した鶴瓶は、「本当に面白いやつだった!」と語り、安部が作った曲も大絶賛! 高橋も「本当にいい曲を作るんですよ」と、べた褒めする。

出典 https://thetv.jp

5人兄弟の長男だったという高橋さん。小さい頃は弟たちのオムツを変えるなど、お世話をしていたことも番組では語っているようです。

今回、インタビュー映像にも登場する高橋さんの弟さんである安部勇磨さん、彼が率いるロックバンドnever young beach」は、実は音楽界で注目の若手バンドなんです!

「never young beach」って?

never young beach(ネバーヤングビーチ)は松島皓さん(Gt)、阿南智史さん(Gt)、安部勇磨さん(Vo&Gt)、巽啓伍さん(Ba)、鈴木健人さん(Dr)からなる5人組ロックバンド。

高橋さんの弟である安部さんと松島さんの宅録ユニットとして、2014年に活動を開始しました。楽曲をライブで行いたい、という思いからメンバーを増やして現在のバンド形態になり、2015年にはバンド「never young beach」としてインディーズデビューを果たしています。

デビューから半年で、1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』がロングセラーとなり上半期「CDショップ大賞」にノミネートされ、一気に音楽ファンからの注目が集まりました。

フェスなどの大型イベントにも多く出演しており、デビューした2015年にはすでに「FUJI ROCK FESTIVAL 2015」に登場。2016年には「SWEET LOVE SHOWER 2016」「COUNTDOWN JAPAN16/17」「RADIO CRAZY2016」に出演をしています。

ほとんどの楽曲の作詞作曲を手掛ける、ボーカル安部勇磨さん

never young beachの楽曲の作詞作曲を手掛けているボーカル・ギター担当の安部さん。そこには独特の世界観が漂っています。

全編英語詞のロックバンドも多いなかで、never young beachはどこか懐かしいような日本語詞が特徴です。「喫茶店」「定食屋」「フラミンゴ」など、なんとなく昭和を感じるようなワードが散りばめられた歌詞と、他愛もない日常を描いた世界観が、他のバンドにはない魅力となっています。

一方メロディは、昭和のノスタルジィを現代風にアレンジ・昇華されており、聴いた人の心を掴むキャッチのあるメロディになっています。そこに安部さんの心地の良い低音のボーカルがのせられることで、キラキラと輝いた楽曲に仕上がっているのです。

音楽サイトなどでは「1970年代の日本語フォークと、2000年代以降の海外のトロピカルなインディーロックの融合」と評されています。

パワープッシュされた「明るい未来」MV

出典 YouTube

日本最大の音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWERTV」で、「POWER PUSH!」にも選ばれた「明るい未来」。2ndアルバム『fam fam』に収録されています。

話題となった小松菜奈出演の「お別れの歌」MV

出典 YouTube

昨年12月に公開された「お別れの歌」MVには、女優の小松菜奈さんが出演、Youtubeの動画再生回数が100万回に届く勢いです。

縦型の画面でリラックスした小松さんが映されているため、スマホで視聴すると小松さんとデートしているような気分を味わうことが出来る!と話題になりました。肝心のnever young beachの楽曲は3分40秒頃から流れ始めます。歌詞をかみしめながら動画を見ていると、すごく切ない気持ちになることウケあいです…。

インタビューでは、ときどき登場していた「兄」の存在。

高橋さんから兄弟について語られるのは、おそらく今回の「A-studio」が初めてですが、弟である安部さんは雑誌やネットのインタビューで時々「5人兄弟であること」「兄がいること」を語っていました。

うち5人兄弟でお兄ちゃんがたくさんいて、その影響が大きいかもしれないです。

長男が36歳で、すごいGパンとかが好きで。『すげぇ楽しいよ、Gパン。毎日履いてるだけでさぁ』って楽しそうに話してる(笑)。最初はその感じが、分かんなくて。『やだよ、ダッセーな』みたいなこと言ってたんですけど。でもきっと、そういうことなんでしょうね、人が似合う、似合わないって。お兄ちゃんはそれが、すごく似合ってた(笑)。

出典 http://www.tunecore.co.jp

36歳の長男…まさに高橋さんのことですね!

他にもこのインタビューでは、音楽についても高橋さん(1番目のお兄ちゃん)から教えてもらった「エレファントカシマシ」「ミッシェルガンエレファント」が影響を与えていたことを語っています。

また、雑誌のインタビューでも高橋さんとは連絡を取り合う仲で、相談をしていることも明かしています。

兄貴の世話にすごくなってます。彼も表現の仕事をやっているので、心得とか教えてもらって。

出典「Quick Japan vol.124」(太田出版)より

まだ高橋さんだと明かされる前だったので「表現の仕事」と濁されていますが、まさか俳優だったなんて…!驚きです。

「びっくり!」「声は似てるかも?!」ネットでは驚きの声が殺到!

今回のニュースは高橋さんのファンはもちろん、ネバヤンことnever young beachのファンからも驚きの声が上がっています。10歳も年齢差があり、ビジュアルもあまり似ていない2人だけに兄弟だと気づいていた人はいなかったようです。

今年、注目の的になること間違いなし!?

もともとインディーズバンドでありながら大型フェスにも多数出演しており、ロックファンの中では人気が上昇中だったnever young beach。今回のニュースを受けて、初めて楽曲を聴く人のなかにも、高橋さんに似た安部さんの低音ボーカルにハマる人が続出するかもしれません。

もともとネバヤン好きの筆者としては、今後never young beachの人気も高まっていくとうれしいですね。気になる方は、Youtubeの公式チャンネルやSoundCloudの音楽共有サービスで楽曲が視聴できますので、ぜひ聴いてみてください。

※掲載したツイートは、全て許可をいただいております。ご協力ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

みかん箱 このユーザーの他の記事を見る

へっぽこライターですが、文化的雪かきを目指して精進しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら