カナダのオンタリオ州在住のスティーブ・ジェンキンスさんとデレク・ウォルターさんは、ミニブタの”エスター”を家族の一員として迎え入れました。

その時のエスターの体重はわずか約1.8kgしかありませんでした。

彼らがエスターを購入した時、販売者は「このミニブタは最高でも約31kgまでしか成長しない。」と言いました。

しかし、エスターはその予想を裏切るかのように、どんどん成長していきました。

動画

そして、5年が経った今、エスターは驚異的な成長を遂げ、現在の体重は約294kgの重さとなっています。

なんとエスターは雌の平均的な北極シロクマサイズ以上にまで成長したのです。

彼女は毎週数十キロの果物、野菜、オート麦、ベン&ジェリーのアイスクリーム、ケーキ、その他のお菓子をペロリと平らげます。

動画

そんなエスターを飼育するのは本当に大変です。コストもとてもかかります。

しかし、スティーブさんとデレクさんは、エスターのことをとても愛しています。

「彼女(エスターは雌)がどんなに成長しても、手放すことはあり得ない!」と言います。

「エスターは自分の体重をコントロールできない。彼女が大きくなったからと言って、彼女に責任はなく、僕たちの愛情が薄れるわけではない。僕たちは彼女のことを受け入れ、そしてもっともっと愛するだけだ。」とスティーブさん。

スティーブさんは「彼女のこの笑顔を見てください。それがすべてです!」と付け加えました。

最高の笑顔です!

「彼女はいつも笑顔を見せてくれます。豚がいつもそういう表情をしているのか?あるいは彼女は特別なのか?判りませんが、たぶん、彼女は特別な豚なのだと思います。」とスティーブさん。

彼らがエスターを購入した時、エスターは生後6か月で体重1.8kgしかないと言われたそうです。そして、この豚は31kg以上にはならないとも言われたそうです。

でも、実際はあの時、エスターはまだ生後わずか6週間くらいしか経っておらず、体重も5年で300キロ弱にまで成長し、巨大な豚となってしまいました。

彼らは完全に騙されて購入したわけです。

彼らはエスターと暮らし始めてから、エスターが物凄い速度で成長していることにすぐに気がつきました。

最初、彼らはエスターがミニブタではなかったことにガッカリして、マイナスな気持ちにさせられたそうです。

すぐに、エスターの体は、彼らが持ち上げることができないくらいまで成長してしまったのですから…。

エスターはわずか4年で、平均的なメスの北極シロクマサイズ以上に成長し、1日の殆どを飼い主のベッドで寝て過ごすようになりました。

エスターは昼間はソファーやベッドで寝て過ごすことが殆どで、たまに外に出たがりますが、犬のように再び家の中に自分で戻ってくるそうです。

冬の間は、家の中でスティーブとデレクがエスターと綱引きをしたりして遊んでやっているそうです。

夏は殆どの時間を外で穴を掘ったり、スティーブやデレクさんの後をついて回ったりして過ごすそうです。

エスターはとてもフレンドリーな豚で攻撃的になったことは一度もないそうです。

エスターはフェイスブックとインスタグラムのアカントをもっており、フェイスブックで約100万人のフォロワーを持つ著名人として扱われており、インスタグラムでは約300万人のフォロワーがいる超人気者になっています。

スティーブとデレクはエスターの写真や動画をファンのために定期的に投稿しています。

動画

「エスターはもうこれ以上成長しないのですか?」という人々の質問に対して、彼らは「まだ、わかりません。」と答えています。

獣医によると、「彼女の年齢にしてはもう十分成長していると思います。でも、成熟するにつれて、もう少し太ってくるかもしれません。」ということでした。

エスターのフェイスブックも、インスタグラムもタイトルが「エスター・ザ・ワンダー・ピッグ」となっているのは、そういう意味をこめて命名されたそうです。

”エスターはまだ成長するかもしれないし、これ以上成長しないかもしれない、それが謎である”という意味なのだそうです。

エスターはよくメディアにも取り上げられています。

エスターはただの巨大豚ではなく、本当に超がつくほど有名で人気者の特別な豚なのです。彼女はスーパースターになりました。

スティーブさんとデレクさんは、上記Esther The Wonder Pigでの売上金や寄付で、動物たちの保護施設を作ろうとしています。エスターがその資金集めを手伝ってくれているようです。

出典 YouTube

フェイスブックやインスタグラムを拝見していると、彼らのエスターに対する深い愛情がよく伝わってきます。

この世の中には、自分が考えていたのとは違うからと、一旦受け入れたペットを途中で平気で捨てる人たちがたくさんいます。

彼らはミニブタだと騙さたわけですが、ここまで巨大に成長したエスターに対して

彼女が大きくなったからと言って、彼女に責任はなく、僕たちの愛情が薄れるわけではない。僕たちは彼女のことを受け入れ、そしてもっともっと愛するだけだ。”

と言いきれたお二人には、見習うべきところがたくさんありますね。

動物たちのサンクチュアリを作りたいというお二人の夢が早く叶うといいですね!

尚、この記事、および写真&動画投稿については、Esther the Wonder Pigさんの了承をいただいております。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら