Licensed by gettyimages ®

世界の巨匠にまで昇りつめた「ビートたけし」さん。地位も名誉も手に入れ、またお歳もお召しになり、その性格も丸くなる?と思いきや、北野節は今も健在。

2017年1月14日放送の情報番組『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)にて何かと話題になる「キラキラネーム」に痛烈な皮肉を放ち話題になっています。

Licensed by gettyimages ®

親になり初めて子どもにしてあげられること。それは「名前」の贈り物。一生物の贈り物。皆さん姓名判断したり、画数を調べたり、名付け本を読みあさったり、名前の響、生まれ月、イメージと様々なことを一生懸命考えて名前をプレゼントしますよね。

しかし、度が行き過ぎるのかキラキラネームなるものが生まれ定着してしまった現代。とにかく奇抜!目立ち、一度聞いたら忘れない。何より当て字が多く読めない!個性豊かすぎるキラキラネーム。

『情報7days ニュースキャスター』でも2016年、人気のあったキラキラネームの紹介がありました。

1位 唯愛(いちか、ゆめ)

2位 碧空(みらん、あとむ)

3位 優杏(ゆず)

出典情報7days ニュースキャスター(2017年1月14日放送より)

読めましたか?確かにどれも可愛らしい!ただ、初見では読むことがかなり厳しいと思われる名前が多いですね。

・黄熊 (ぷう…など)

・奏夢 (りずむ、めろでぃ…など)

・一心 (ぴゅあ…など)

・輝星 (べが、だいあ…など)

・茉莉花 (じゃすみん…など)

出典情報7days ニュースキャスター(2017年1月14日放送より)

黄熊くんの親御さんはクマのプーさんファンだと思われます。どれも個性豊かな名前、ただ、読んでもらえないという悲しい現実があることも確か。幼い頃は"可愛い名前"で終わらせることが出来るのですが、思春期を迎え成人し、大人になるにつれ、この名前が足枷にならなければいいけれど…

そして、このキラキラネームに対し、ビートたけしさんらしい独特の言い回しで持論を展開しました。

みんなあの…夢はネイルサロンのあれになりたいとかいって、男にだまされて捨てられるタイプの名前だよな

出典情報7days ニュースキャスター(2017年1月14日放送より)

この発言に慌てたのが同じく番組のMC安住紳一郎アナウンサー。『そんなことないですよ!』とフォローするも

事件の被害者ってみんなこんな名前だよ

出典情報7days ニュースキャスター(2017年1月14日放送より)

どこ吹く風のように被せてきたビートたけしさん。一刀両断とはこのことなのでしょうが、ちょっと毒ありすぎとは思うのですが…(笑)まさに苦笑いせずにいられないこの発言は大きな話題になっています。

ビートたけしさんの発言には"言い過ぎ"とは言いながら、皆さん「一理ある」と納得の様子。多くの人がキラキラネームに対し違和感を持っているようです。

他に…「たけし軍団に散々な芸名つけたのに!」との声もありましたが…(笑)

Licensed by gettyimages ®

誕生した我が子「真っ直ぐすくすくと健康的に育ってほしい」と思わない親御さんはいないと思われます。他ただ、マタニティー・ハイ、産後ハイになり周囲の制止を振り切り、キラキラネームをつけてしまって後悔している親御さんが続出していることも確か。

子どもの一生を左右する名前、キラキラネームというだけで偏見を持たれることも…個性や響きなども大切だと思うのですが、読みやすい、読み間違いが少ない、呼びやすいなども考慮し、誰もが「素敵だね」と言ってくれる名前を贈りたいものです。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら