記事提供:favclip

2017年1月8日にアメリカのカリフォルニア州ビバリーヒルズで行われた、第74回ゴールデングローブ賞の授賞式。

会場では多くの映画スターやセレブたちが華やかな衣装に身を包み輝きを放つなか、日本でも人気の海外ドラマ『ゴシップガール』でセリーナ・ヴァンダーウッドセン役を演じたことでも知られる女優ブレイク・ライヴリーがひときわ大きな注目を集めていました。

彼女は昨年9月に出産を終えたばかりでしたが、授賞式当日は妊娠前と変わらない見事なプロポーションを披露。

さらに彼女は、授賞式後にこのとき着用していたドレスにまつわる“ある写真”を自身のInstagramに投稿し、多くの人々がそれを賞賛しているのです。

裏方の人々にも感謝の気持ちを忘れない彼女へ人々から賞賛の声

その投稿は、こちらです。

同投稿では、彼女が授賞式の際に着ていたドレスの首から脇にかけての部分や、ポケットの部分にあしらわれているゴールドの装飾パーツの製作を全て手作業で行っているドレス工房の写真をアップ。

この装飾を作ってくれた職人の人々へ対して敬意を表すために、「女性(作業員)のみなさんありがとう。そして私は、このことをとても誇りに思います」というコメントも添えられていました。

この、自身の晴れの舞台を彩ってくれた工房の女性たちの丁寧な手作業へ敬意を捧げる投稿に、37万件以上の「いいね!」が集まります。

コメントでは、「これは、いい投稿だ!」「この投稿は、彼女が最も素敵で優美なセレブだと思う理由ね」「彼女は、まわりの誰に対しても同じように感謝するところが素晴らしいわ!」といった声が見られ、彼女が数多くの人々から賞賛を受けていることがわかります。

普段あまりスポットライトが当たることがない「影の功労者たち」へ感謝の気持ちを伝えるこの投稿から、ブレイク・ライヴリーの人柄の良さが感じられますね。

権利侵害申告はこちら